K-board
人気

リスナーを揺さぶる「BTS」ジョングクの勢いは止まらない。全米チャート首位は必然だったのか!?

リスナーを揺さぶる「BTS」ジョングクの勢いは止まらない。全米チャート首位は必然だったのか!?

■ 大衆性と芸術性を過不足なく兼ね備えた「Seven(feat.Latto)」

 今年リリースされたベストソングはすでに決まっている。でもベスト1で決め打ちにするのはちょっと心もとない気持ちもするから、ベスト2にさせてもらおう。ひとつはイギリスの男性4人組ボーカルグループNo GuidnceのデビューEPからタイトルトラック「Is It A Crime?」。この先UKを代表する男性ボーカルグループの大型新人が、90sの雰囲気を復活させる快作だ。

 もうひとつが本題。BTSのメインボーカルであるジョングクのソロシングル「Seven(feat.Latto)」である。同曲が7月14日にリリースされてからというもの、とにかく街中のあらゆる場所でサビのフレーズを耳にする機会が多い。「Monday Tuesday Wednesday…」と歌われ、一週間毎日グクが愛を囁く。現実生活でも一週間毎日この曲を聴いてもいっこうに飽きない。むしろ、どんどんヘビロテしてしまう。まるでグクによって日常がジャックされたような感覚ではないか。

 これが同曲最大の中毒性なのであり、そのストレートなメッセージをキャッチし続けた結果、グク色とも呼べる愛の色合いに地球規模で染まる。リリックやメロディがこれだけキャッチーでありながら、同時に楽曲としてのクオリティがものすごく高いことも大きな魅力。こうした大衆性と芸術性を過不足なく兼ね備えた曲が、グクのようなK-POPアイコンでもあるスーパースターからドロップされることが音楽業界を活気づけるのだ。

【4月に日本初配信の韓国ドラマ】新神マクチャンドラマ『復讐の渦~因縁の父娘(おやこ)~』ほか最新作
次のページ : R&Bを深化させる必然

こんな記事も読まれています

BTS

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

コメントがまだありません。推し俳優や推し作品について語りましょう!!

この記事の画像  1枚

Writer info

加賀谷健

コラムニスト・音楽企画プロデューサー。クラシック音楽を専門とするプロダクションで...

more

Recommend関連記事

この記事について報告する

Popular人気記事&コンテンツ

Weekly Vote今週の対決

投票する

Pollアンケート

あなたの好きな恋愛ドラマは?

あなたの好きな恋愛ドラマは?
星から来たあなた
コーヒープリンス1号店
よくおごってくれる綺麗なお姉さん
太陽の末裔
美男ですね
マイ・プリンセス
青い海の伝説
ドクターズ~恋する気持ち
麗~花萌ゆる8人の皇子たち
ヒーラー〜最高の恋人〜
私の名前はキム・サムスン
運命のように君を愛してる
宮 −クン− 〜Love in Palace〜
キルミー・ヒールミー
相続者たち
ピノキオ
彼女はキレイだった
シークレット・ガーデン
トッケビ~君がくれた愛しい日々~
アンケートに答える

Official SNS公式SNS

PR Storyいま読みたい記事

BS無料放送ならBS12 トゥエルビ

Popular Tags人気のタグ

ラブロマンス 韓国ドラマ 韓流 俳優 おすすめ 中国ドラマ K-POP Netflix 女優 韓国映画

Pick Upピックアップ