K-board
急上昇 人気

BTSテテ「FRI(END)S」は2倍も3倍も楽しめる“お得な” ニューシングルだ!

BTSテテ「FRI(END)S」は2倍も3倍も楽しめる“お得な” ニューシングルだ!

チャートアクションを気にしない“テテらしさ”

 世界中が熱狂した『梨泰院クラス』(2020年)で話題になった「Sweet Night」を聴いてぼくは思った。テテことVの低音ボイスは、この先さらに豊かで深い味わいになるのではないかと。テテが同曲をプロデュースしたことも呼び水になっただろう。2023年9月15日、満を持してリリースされた『Layover』はそれを見事に証明してくれたソロ初アルバムだった。全6曲、テテが響かせる低音が、トラックの一つひとつに行き渡り、丁寧にじわりと浸透していた。同作で彼が志向するチェット・ベイカーなどのジャズ的要素、あるいはエリック・ベネイの影響を受けたネオソウル感がレトロな雰囲気を漂わせ、テテの低音世界の中でこそ粒立つ“テテらしさ”があった。

 ここ最近のレトロR&Bブームにうまく溶け込みながら、でもブームに完全に乗ってやろうなんてしたたかさは微塵も感じさせない。むしろ、これは自分がやりたいことをやりたいように表現した作品だから、好きな人は好きに聴いてね(!)くらいのラフで優しげなテテの囁やきすら聞こえてこないか。おそらく今後のR&Bシーンでも繰り返し取り上げられ、レファレンスになるだろう歴史的名盤でもあった同作だが、テテ本人は全然気張らずリラックスしている。全米チャートでのチャートアクションなんて関係ない。自分なりの歩調でゆるやかに表現することが大切。タイトルトラック「Slow Dancing」(全米シングルチャート51位)なんて聴いてると、低温でじっくり火が入るようなテンダーボイスにただただ身を委ねていたくなる。

 IU「Love wins all」のミュージックビデオ共演やネオソウルの新鋭UMI「wherever u r(feat.V of BTS)」などの魅力的なデュエットでもテテらしさは顕在で、好きな相手と好きなように声を共有するという、客演作品でもそのらしさは揺るぎない。3月15日にドロップされたデジタルシングル「FRI(END)S」もテンションは同じ。やっぱりここでもテテらしくスウィートな音像が広がる。チャートアクションとしては全米シングルチャート65位を記録したが、なんのその。テテのペースは常に一定を保つ。

極限のリアリティーにハマる!豪華俳優陣が挑む新感覚ノンストップ・サスペンス『支配種』
次のページ : リズムとテンポの違いで2倍も3倍も楽しめるシングル

こんな記事も読まれています

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

コメントがまだありません。推し俳優や推し作品について語りましょう!!

この記事の画像  1枚

Writer info

加賀谷健

コラムニスト・音楽企画プロデューサー。クラシック音楽を専門とするプロダクションで...

more

Recommend関連記事

この記事について報告する

Popular人気記事&コンテンツ

Weekly Vote今週の対決

投票する

Pollアンケート

あなたの好きな恋愛ドラマは?

あなたの好きな恋愛ドラマは?
星から来たあなた
コーヒープリンス1号店
よくおごってくれる綺麗なお姉さん
太陽の末裔
美男ですね
マイ・プリンセス
青い海の伝説
ドクターズ~恋する気持ち
麗~花萌ゆる8人の皇子たち
ヒーラー〜最高の恋人〜
私の名前はキム・サムスン
運命のように君を愛してる
宮 −クン− 〜Love in Palace〜
キルミー・ヒールミー
相続者たち
ピノキオ
彼女はキレイだった
シークレット・ガーデン
トッケビ~君がくれた愛しい日々~
アンケートに答える

Official SNS公式SNS

PR Storyいま読みたい記事

BS無料放送ならBS12 トゥエルビ

Popular Tags人気のタグ

韓国ドラマ 韓流 ラブロマンス おすすめ 2020 俳優 K-POP かっこいい 視聴率 女優

Pick Upピックアップ