K-board

釜山国際出席のチョウ・ユンファから「ジョン・ウィック」真田広之まで。心動かすアクションスター

釜山国際出席のチョウ・ユンファから「ジョン・ウィック」真田広之まで。心動かすアクションスター

■ チョウ・ユンファの個人史

 韓国の釜山国際映画祭が10月4日に開幕した。今年の大目玉は何と言ってもチョウ・ユンファだろう。“亜州影帝”(アジア映画の帝王)の異名を取る彼が「今年のアジア映画人賞」受賞のために出席する。同賞を昨年受賞したトニー・レオンに続き、今年も香港映画俳優が栄誉を受けることになる。

 2014年の政府デモ「雨傘革命」以来、香港は未だ混迷の時期にある。香港映画界が強いられている動乱を思えば、こうした栄誉がどれほど価値あるものか。でも香港映画とはそんなにヤワなものでもない。むしろ苦境のときにこそ映画史に残る名作を世に問うてきた歴史の必然性がある。ここでチョウ・ユンファの個人史にも目を向けると、特にここ10年は度肝を抜く話題をいくつか提供している。

 例えば2013年。質素な生活を送る彼らしく、10億香港ドルを超える総資産を遺産として全額寄付することが報じられたかと思えば、2017年にはいきなり死亡説のフェイクニュースが流れる。さらに今年7月には新型コロナウイルスに感染し、新作コメディ映画『ワン・モア・チャンス』のプロモーションを一時離脱したこともあった。現在68歳。同世代の俳優たちがすでに引退状態で鳴りを潜めていることを考えると、世界的な知名度を40年以上保つ帝王の威光は、やはり未だに計り知れない。

2024年3月に日本初配信の韓国ドラマ&映画/キム・スヒョン×キム・ジウォン『涙の女王』ほか最新作を紹介
次のページ : ドニーかトニーか

こんな記事も読まれています

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

コメントがまだありません。推し俳優や推し作品について語りましょう!!

この記事の画像  3枚

Writer info

加賀谷健

クラシック音楽を専門にする音楽プロダクションで企画プロデュースの傍ら、大学時代か...

more

Recommend関連記事

この記事について報告する

Popular人気記事&コンテンツ

Weekly Vote今週の対決

投票する

Pollアンケート

あなたの好きな恋愛ドラマは?

あなたの好きな恋愛ドラマは?
星から来たあなた
コーヒープリンス1号店
よくおごってくれる綺麗なお姉さん
太陽の末裔
美男ですね
マイ・プリンセス
青い海の伝説
ドクターズ~恋する気持ち
麗~花萌ゆる8人の皇子たち
ヒーラー〜最高の恋人〜
私の名前はキム・サムスン
運命のように君を愛してる
宮 −クン− 〜Love in Palace〜
キルミー・ヒールミー
相続者たち
ピノキオ
彼女はキレイだった
シークレット・ガーデン
トッケビ~君がくれた愛しい日々~
アンケートに答える

Official SNS公式SNS

PR Storyいま読みたい記事

BS無料放送ならBS12 トゥエルビ

Popular Tags人気のタグ

韓国ドラマ 韓流 俳優 ラブロマンス おすすめ 女優 かっこいい 中国ドラマ K-POP Netflix

Pick Upピックアップ