K-board
人気

“黄金マンネ”ジョングクが最優先するもの…。『GOLDEN』を経て12月入隊から自動計算されるBTS再集結

雲の上のスーパースター

 K-POPファンには、釈迦に説法だが、2023年はBTSのメンバーそれぞれがオリジナルなソロ展開を繰り広げた。JIMINの「Like Crazy」(3月24日)が先陣を切り、グクの「Seven(feat.Latto)」が続くかたちで、全米シングルチャート「HOT 100」で初登場首位という歴史的なチャートアクションが世界を驚かせた。あるいは、テテことVも音楽的なルーツであり、より所とするR&Bを探求し、深化させた名盤『Layover』を9月15日にリリース。

 Vが敬愛するエリック・ベネイの背中を追って、新たなR&Bシーンの伝道師だとするなら、『GOLDEN』のグクは唯一無二のポップスターだろう。BTSが再始動する日は待ち遠しいが、一方で最年少メンバーである“黄金のマンネ”大躍進は、ソロでなければ達成できない必然性に支えられているのだろうか。

 全世界のファンにとっては、まるで愛息の急成長を受け止めるかのようだ。全米チャートを席巻するひとりのアーティストとして、さらにはショービジネスを極めるエンターテイナーとしてのグクが、アメリカを代表するトーク番組『ザ・トゥナイト・ショー・スターリング・ジミー・ファロン』に出演(現地時間で11月6日)したことはセレブリティの証だった。

今年のグラミー賞(第65回)で『Harry’s House』(アルバムタイトルは、細野晴臣が1973年にリリースした『HOSONO HOUSE』から取られている)がアルバム・オブ・ザ・イヤーの栄冠を得たハリー・スタイルズに対抗できるスターがいるとするなら、ぼくは今、グクの名を置いてほかには考えられない。ポップアイコンとしての頂点を極めたハリーがデヴィッド・ボウイとの類似性を指摘される向きもあるようだが、グクの場合はクリティカルな視点から見ても非の打ち所がない。

極限のリアリティーにハマる!豪華俳優陣が挑む新感覚ノンストップ・サスペンス『支配種』
次のページ : グクが思い描く真のアーティスト像

こんな記事も読まれています

BTS

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

コメントがまだありません。推し俳優や推し作品について語りましょう!!

この記事の画像  1枚

Writer info

加賀谷健

コラムニスト・音楽企画プロデューサー。クラシック音楽を専門とするプロダクションで...

more

Recommend関連記事

この記事について報告する

Popular人気記事&コンテンツ

Weekly Vote今週の対決

投票する

Pollアンケート

あなたの好きな恋愛ドラマは?

あなたの好きな恋愛ドラマは?
星から来たあなた
コーヒープリンス1号店
よくおごってくれる綺麗なお姉さん
太陽の末裔
美男ですね
マイ・プリンセス
青い海の伝説
ドクターズ~恋する気持ち
麗~花萌ゆる8人の皇子たち
ヒーラー〜最高の恋人〜
私の名前はキム・サムスン
運命のように君を愛してる
宮 −クン− 〜Love in Palace〜
キルミー・ヒールミー
相続者たち
ピノキオ
彼女はキレイだった
シークレット・ガーデン
トッケビ~君がくれた愛しい日々~
アンケートに答える

Official SNS公式SNS

PR Storyいま読みたい記事

Presentプレゼント

ご応募はこちら
BS無料放送ならBS12 トゥエルビ

Popular Tags人気のタグ

韓国ドラマ ラブロマンス 韓流 K-POP 俳優 女優 中国ドラマ Netflix おすすめ 韓国映画

Pick Upピックアップ