K-board
人気

すべての女性の心に響く映画『82年生まれ、キム・ジヨン』

すべての女性の心に響く映画『82年生まれ、キム・ジヨン』

原作小説『82年生まれ、キム・ジヨン』(チョ・ナムジュ著 斎藤真理子訳/筑摩書房)は、韓国で130万分を突破し大話題となり、K-POPアイドルたちの心にも響いた作品です。『少女時代』のスヨンは「読んだ後、何でもないと思っていたことが思い浮かんだ。女性という理由で受けてきた不平等なことが思い出され、急襲を受けた気分だった」
『BTS』のRMは「示唆するところが格別で、印象深かった」と発言しています。

日本でも翻訳本が2018年12月に刊行されました。当初、出版社は1万部の売り上げを予想していましたが、作品に共鳴する輪が広がり、なんと発売から2年足らずで20万部という驚異の数字を叩き出しているのです。

そんな社会現象となった女性作家の原作をベースに女性監督が映画化。
「韓国の1982年生まれの女性で最も多い名前」である“ジヨン”という名を持つ女性の、少女時代から結婚、出産に至るまでの人生を通し、韓国のジェンダー意識や社会問題を織り交ぜながら、女性が負う重圧と生きづらさを浮き彫りにしている作品なのです。

◇ストーリー

結婚・出産を機に仕事を辞め、育児と家事に追われるジヨン。
常に誰かの母であり妻である彼女は、時に閉じ込められているような感覚に陥ることがあった。
そんな彼女を夫のデヒョンは心配するが、本人は「ちょっと疲れているだけ」と深刻には受け止めない。
しかしデヒョンの悩みは深刻だった。妻は、最近まるで他人が乗り移ったような言動をとるのだ。
ある日は夫の実家で自身の母親になり文句を言う。「正月くらいジヨンを私の元に帰してくださいよ」。
ある日はすでに亡くなっている夫と共通の友人になり、夫にアドバイスをする。
「体が楽になっても気持ちが焦る時期よ。お疲れ様って言ってあげて」。
ある日は祖母になり母親に語りかける。「ジヨンは大丈夫。お前が強い娘に育てただろう」
――その時の記憶はすっぽりと抜け落ちている妻に、デヒョンは傷つけるのが怖くて真実を告げられず、ひとり精神科医に相談に行くが・・・
(オフィシャルサイトより)

「涙が枯れるほど泣いた…」号泣“めちゃくちゃ泣ける”韓国史劇8選
次のページ : 原作のここは押さえておきたい

こんな記事も読まれています

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

コメントがまだありません。推し俳優や推し作品について語りましょう!!

この記事の画像  9枚

Writer info

村上淳子 Atsuko Murakami

海外ドラマ評論家/映画ジャーナリスト  「ニュースよりドラマを観るほうがその国が...

more

Recommend関連記事

この記事について報告する

Popular人気記事&コンテンツ

Weekly Vote今週の対決

投票する

Pollアンケート

あなたの好きな恋愛ドラマは?

あなたの好きな恋愛ドラマは?
星から来たあなた
コーヒープリンス1号店
よくおごってくれる綺麗なお姉さん
太陽の末裔
美男ですね
マイ・プリンセス
青い海の伝説
ドクターズ~恋する気持ち
麗~花萌ゆる8人の皇子たち
ヒーラー〜最高の恋人〜
私の名前はキム・サムスン
運命のように君を愛してる
宮 −クン− 〜Love in Palace〜
キルミー・ヒールミー
相続者たち
ピノキオ
彼女はキレイだった
シークレット・ガーデン
トッケビ~君がくれた愛しい日々~
アンケートに答える

Official SNS公式SNS

PR Storyいま読みたい記事

Presentプレゼント

ご応募はこちら
BS無料放送ならBS12 トゥエルビ

Popular Tags人気のタグ

韓国ドラマ ラブロマンス 韓流 K-POP 俳優 女優 中国ドラマ Netflix おすすめ 韓国映画

Pick Upピックアップ