K-board

イケメンのバグる距離感にドキドキ! 人気上昇中の韓国BLドラマをチェック!

新作続々配信中の韓国BLドラマをチェック!

日本ではもちろん、最近はタイや中国でもBL(ボーイズラブ)のドラマは大人気。特にタイのドラマは日本でもファンミーティングが開催されるほどの人気ぶり。そんなBL旋風にドラマ大国韓国も進出。
現在のところ、ほとんどの作品が配信のみのWebドラマですが、今後の展開に注目したい新ジャンル。
今回は現在配信されている作品をご紹介します。

© 2020 Moving Pictures Company &E-MOTION STUDIO All rights reserved

財閥2世×ボディーガード『君の視線が止まる先に』

自他ともに認める最高に恵まれた財閥2世テジュ。そしてその傍を影のようにいつも離れずにいるボディーガード・グク。二人は古くからの友達ではあるが、主従関係でもある。テジュにとってグクは気が安らぐ親友のような存在。そしてグクは与えられた任務に背くことなく、黙々とテジュの警護に付いてきた。ある日、二人の前に明るい転校生・ヘミが現れる。ヘミは一目ぼれしたグクに積極的にアプローチ。一方、ピルヒョンの彼女を立て続けに奪ったテジュは、魔性の魅力でピルヒョンさえも親友にしてしまう。いつしか心の奥で密かにテジュのことを想うようになったグクは、ピルヒョンという存在がうっとうしい。そしてヘミを通して自分の気持ちから目をそらそうとする。そんなグクの気持ちは知るよしもないテジュは、恋愛コーチ役を買って出る。テジュは片時も離れることなく、いつも自分を守る影のような存在だったグクの微妙な変化を感じ取る。表向きはグクの恋愛を積極的に応援するが、自分よりヘミを大事にするようで苛立ちも覚える。次第に膨らんでいくグクへの想いをどうすることもできないテジュ。互いのことが気になるテジュとグク。しかし、自分たちの気持ちに正直になることができない…。

出典元:https://tv.rakuten.co.jp/content/341987/

主人公の財閥2世、テジュを演じるのは人気オーディション番組『PRODUCE X 101』に出演して注目を集めたハン・ギチャン。そして彼のボディーガードでもあるグクはモデルで俳優のチャン・ウィス。韓国BLとしては初めての作品といえるもので、世界200か国に配信されて話題を集めました。
また映画版に再編集されて、日本では2020年10月に劇場公開され、BSでも放送される人気ぶり。
主従関係+友情、そして恋に目覚めていく2人の様子は胸キュン必至!

マラソンランナー×ペースメーカー 『Mr.ハート』

裕福だが威圧的な父のもとで育ったジン・ウォン(チョン・スンホ)はマラソン界の有望株。彼に想いを寄せる後輩サンハ(イ・セジン)は、親の借金のせいで牛乳配達をしながら学業に励む苦学生。

高校マラソン大会新記録保持者でもあるジン・ウォンだが、大学に入って突然スランプに陥ってしまう。そんな彼を助けるべく、決まった時間で決まった距離を走り切ることに優れた能力を発揮するサンハがペースメーカーとして起用される。

出典元:https://tv.rakuten.co.jp/special/mrheart/

ペースメーカーのサンハを『PRODUCE X 101』ファイナリストのイ・セジン、マラソンランナーのジン・ウォンを俳優ユニット<THE MAN BLK>のチョン・スンホが演じています。
初めから一途なサンハに対し、ツンデレなスンホ。お互い心に傷を負い、戸惑いながらも近づいていく2人の様子にいつの間にかハマってしまうドラマ。最後には「もっと2人の物語を見たい!」と思わせてくれます。
またジェジュンの楽曲『呼びかけても(原題)』がOSTとして採用されていることでも話題に。

金貸し×新進ダンサー 『You make me Dance~紅縁<ホンヨン>』

今日はソン・シオンの22歳の誕生日。バースデープレゼントにしては、ド派手なものがやってきた。闇金業者チン・ホンソクの登場!2年前、母の結婚式のために借りた1千万ウォンがいつの間にか2倍に膨れ上がり、2千万ウォンの借金を背負うことになったのだ。

返済を迫られたシオンは、1か月後に行われるオーディションに合格して借金を返すと宣言。「僕のダンスの可能性にかけて、1か月だけ待ってください」と、ホンソクの前でいきなり踊り出す。

『踊りたいなら勝手に踊れ。俺はダンスのダの字も知らない』とホンソクは思ったが、なぜか涙が出てしまう。そしてシオンの提案通りに、オーディションまで待つ羽目になってしまうのだが…。

出典元:https://tv.rakuten.co.jp/content/375518/

シオンを演じるチュ・ヨンウ、ホンソクを演じるウォン・ヨンフン共に多くの芸能人を輩出する韓国初の4年制国立芸術大学<韓国芸術総合学校>の在学生であり、そんな2人のケミストリーも話題に。またウォン・ヨンフンは名門の成均館大学を退学し、役者を目指して芸術総合学校に入学しなおしたという異色株。
ダンサーと金貸しという普通なら交わることのなさそうな2人が出会ってお互いを知っていく様子に心惹かれるドラマ。
またこれまではハイティーンの物語だった韓国BLに「大人の男」の風を吹き込んだ期待作。

次のページ : 日本で人気のKpopアイドルも・・・

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

投稿がありません。

この記事の画像  2枚

Writer info

Yuki.A

最初にハマった韓ドラはカン・ドンウォンの『1%の奇跡』。それから細く長く韓ドラフ...

more

Recommend関連記事

この記事について報告する

Peechik掲示板へのコメント

もっと見る

Comment記事へのコメント

Popular人気記事&コンテンツ

Weekly Vote今週の対決

投票する

Pollアンケート

好きな韓国芸能事務所は?

好きな韓国芸能事務所は?
JYPエンターテインメント
SMエンターテインメント
YGエンターテインメント
HYBE(旧Bighit Entertainment)
Pledisエンターテインメント
FNCエンターテインメント
CUBEエンターテインメント
KakaoM(旧LEONエンターテインメント)
Woollimエンターテインメント
Dream Tエンターテインメント
RBW
C-JeS エンタテイメント
WMエンターテインメント
Jellyfishエンターテインメント
TOP MEDIA
OUIエンターテインメント
DSPメディア
BRANDNEW MUSIC
Play Mエンターテインメント
Fantagio
STARSHIPエンターテインメント
アンケートに答える

Official SNS公式SNS

PR Storyいま読みたい記事

Presentプレゼント

ご応募はこちら

Popular Tags人気のタグ

韓国ドラマ 韓流 俳優 ラブロマンス 時代劇 おすすめ 視聴率 女優 2021 韓国映画

Pick Upピックアップ