K-board
人気

“スンドゥブ俳優”赤楚衛二の訪韓に期待。10月に韓国で初のファンミーティング開催へ

“スンドゥブ俳優”赤楚衛二の訪韓に期待。10月に韓国で初のファンミーティング開催へ

■ 帰韓に近い“スンドゥブ俳優”の魅力

 赤楚衛二が韓国でファンミーティング? なぜこのタイミングでと思うかもしれない。でもそれは愚問でしかない。何せ彼は、“スンドゥブ俳優”なのだから。そう、スンドゥブチゲのことだ。ファンミーティングのサブタイトルに「〜My very first time in Korea ! FYI, I like soondubu〜」とある通り、韓国を代表する名物料理スンドゥブになぞらえることで赤楚を紐解くとこんな感じだ。柔らかいスン(純)豆腐(ドゥブ)や魚介、肉、野菜を辛いスープで煮込む。赤色スープの中でグツグツ煮込まれた豆腐は角が取れまろやかそうだが、一口運ぶときには、表面にまとった辛味と中身の激アツに注意しなくてはならない。

 こうしたスンドゥブの特徴こそ、まさに赤楚そのものではないだろうか。一見、ほんわかおっとり系に見えて、どっこい芯の強い内面に裏打ちされている。『SUPER RICH』(フジテレビ、2021年)の春野優役や『ペンディングトレイン-8時23分、明日 君と-』(TBS、2023年)の白浜優斗役が顕著であったように、赤楚は常に弱さと強さ、善と偽善、清濁など二項対立する要素をあわせ持つ役柄を演じ、それを見事に表出する俳優である。そして辛味と熱さがちょうどまろやかになるスンドゥブの最終的な口当たりのように、複雑な感情をまぜこぜにしながらもちゃんと回収する名演を抽出する。

 なので事実、日本が世界に誇る国宝級の俳優に違いはないのだが、いやここはあえて俳優としての特性上、もはや訪韓ではなく、帰韓に近い感覚で捉えるべきではないだろうか。しかもわざわざ名物料理の名前をサブタイトルに忍ばせているし、今回の訪韓にはそうした意味合いが込められているのだとぼくは勝手に考えている。

「涙が枯れるほど泣いた…」号泣“めちゃくちゃ泣ける”韓国史劇8選
次のページ : 国境を越える愛のカタチ

こんな記事も読まれています

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

コメントがまだありません。推し俳優や推し作品について語りましょう!!

この記事の画像  1枚

Writer info

加賀谷健

コラムニスト・音楽企画プロデューサー。クラシック音楽を専門とするプロダクションで...

more

Recommend関連記事

この記事について報告する

Popular人気記事&コンテンツ

Weekly Vote今週の対決

投票する

Pollアンケート

あなたの好きな恋愛ドラマは?

あなたの好きな恋愛ドラマは?
星から来たあなた
コーヒープリンス1号店
よくおごってくれる綺麗なお姉さん
太陽の末裔
美男ですね
マイ・プリンセス
青い海の伝説
ドクターズ~恋する気持ち
麗~花萌ゆる8人の皇子たち
ヒーラー〜最高の恋人〜
私の名前はキム・サムスン
運命のように君を愛してる
宮 −クン− 〜Love in Palace〜
キルミー・ヒールミー
相続者たち
ピノキオ
彼女はキレイだった
シークレット・ガーデン
トッケビ~君がくれた愛しい日々~
アンケートに答える

Official SNS公式SNS

PR Storyいま読みたい記事

BS無料放送ならBS12 トゥエルビ

Popular Tags人気のタグ

ラブロマンス 韓国ドラマ 韓流 俳優 おすすめ 中国ドラマ K-POP Netflix 女優 韓国映画

Pick Upピックアップ