K-board

TXTや(G)I-DLEも!『THE FIRST TAKE』に出演したK-POPアーティストまとめ★至極の歌声を動画で堪能しよう

TXTや(G)I-DLEも!『THE FIRST TAKE』に出演したK-POPアーティストまとめ★至極の歌声を動画で堪能しよう

『THE FIRST TAKE』とは?

『THE FIRST TAKE(ザファーストテイク)』は、2019年11月5日から運営がスタートしたYouTubeチャンネル。
「一発撮りで、音楽と向き合う。」というコンセプトのもと撮影が行われ、アーティストの“生歌”を楽しめるコンテンツとして人気です。
まるでライブに足を運んでいるかのような感覚になれる『THE FIRST TAKE』ですが、そのスゴさは、“音”だけではありません。
フォトグラファー・長山一樹氏が撮る映像(4K映像)により、さらにアーティストの良さが引き立てられています。

さて、ここからが本題です。
この『THE FIRST TAKE』は、日本のコンテンツですが……最近では、K-POPのアーティストも多数出演しているのをご存じでしょうか?
そこで今回は、『THE FIRST TAKE』に出演した彼らの勇姿をご紹介!
もちろん、実際に歌唱している動画も併せてご紹介しますので、何度も動画を見たいという方は見直すときのためにブックマークすると良いかもしれません!

BTS V

2023年9月8日、BTS(防弾少年団)最後となるソロデビューを飾った、V(ブイ)。
「自身を表現するため」に、自身の魅力や感性を表現したアルバムを制作できるプロデューサーを自ら探し、人気ガールズグループ NewJeans(ニュージーンズ)を手がける敏腕プロデューサー、ミン・ヒジン氏に声をかけ一緒に制作していったといいます。

そんなVが2023年9月18日に『THE FIRST TAKE』に初登場。
ソロデビューアルバムのタイトル曲である『Slow Dancing』を、ここだけのオリジナルバージョンとして、ピアノのアレンジで披露しました。

Jun.K(2PM)

2021年3月19日、『THE FIRST TAKE』に登場した2PMのリーダーを務める Jun.K。
彼が手がけた楽曲であり、2PMを代表する楽曲である『My House』をアコースティックバージョンで披露しました。
BARで演奏を聴いているような、おしゃれで深みのある仕上がりに。

2021年3月31日にはもう1曲、除隊後に初めてリリースした楽曲『THIS IS NOT A SONG, 1929』の動画が公開されました。
「イメージの裏切り」(1929年・ルネ・マグリットの絵画)からインスピレーションを受け制作した楽曲ということで、歌詞に深みがあり、その内容を解釈しながら聞くと、この楽曲の持つ世界観を楽しめるのでおすすめです。

「涙が枯れるほど泣いた…」号泣“めちゃくちゃ泣ける”韓国史劇8選
次のページ : K-POP第4世代を代表するボーイズグループ2組

こんな記事も読まれています

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

コメントがまだありません。推し俳優や推し作品について語りましょう!!

この記事の画像  1枚

Writer info

Neon

K-POPが好きです。1番最初に好きになったのは、CNBLUE。 推しているK-POPグループは...

more

Recommend関連記事

この記事について報告する

Popular人気記事&コンテンツ

Weekly Vote今週の対決

投票する

Pollアンケート

あなたの好きな恋愛ドラマは?

あなたの好きな恋愛ドラマは?
星から来たあなた
コーヒープリンス1号店
よくおごってくれる綺麗なお姉さん
太陽の末裔
美男ですね
マイ・プリンセス
青い海の伝説
ドクターズ~恋する気持ち
麗~花萌ゆる8人の皇子たち
ヒーラー〜最高の恋人〜
私の名前はキム・サムスン
運命のように君を愛してる
宮 −クン− 〜Love in Palace〜
キルミー・ヒールミー
相続者たち
ピノキオ
彼女はキレイだった
シークレット・ガーデン
トッケビ~君がくれた愛しい日々~
アンケートに答える

Official SNS公式SNS

PR Storyいま読みたい記事

Presentプレゼント

ご応募はこちら
BS無料放送ならBS12 トゥエルビ

Popular Tags人気のタグ

韓国ドラマ 韓流 ラブロマンス 女優 おすすめ 俳優 K-POP 中国ドラマ Netflix 視聴率

Pick Upピックアップ