K-board

【連載コラム③】韓流・華流ブームがもたらしたライター道の転機「華流との出会い」

↑ の画像は今回紹介する華流(台流)スターの一人、ピーター・ホーさんがチャン・ツィイーさん、ソ・ジソブさんと共演した映画『ソフィーの復讐』の時のものです。
 

この連載コラムの①②はこちらです ↓

 
 

台湾スターが大勢来日

 
2004~2005年頃に台湾で放送された青春ドラマ「PING PONG ピンポン」。
大学卓球部の選手やコーチ、プロ卓球選手といったキャラクターが登場するドラマですが、ピーター・ホーさんをはじめ、ピーター・ペンさん、スタンレー・ワンさん、ロイ・チウさん、タミー・チェンさんら、台湾の人気俳優が集結し、当時話題を呼びました。
 
 

「PING PONG ピンポン」概要

台湾のトップスターたちが繰り広げる卓球恋愛ドラマ。卓球の名門・連合大学で、卓球部に入れない2人の3年生が同好会を復活させるが、入会したのは新入生のリン・シャオとリン・ハンだけ。しかし、リン・シャオは卓球の達人リン・ユンの弟だった。たった4人からスタートしたピンポン同好会が、強豪卓球部を相手に大奮闘する。


「PING PONG ピンポン」の出演者が一挙に来日を果たし、インタビューすることになりました。それが私の華流(台流)との出会いでした。
 

出演者の一人であるロイ・チウさんは、最近は映画『君が最後の初恋』に主演しています。
 

取材では、若手キャストたちには大体二人一組でインタビューし、フレッシュな魅力が眩しく、初々しい受け答えがほほ笑ましかったのを覚えています。

その日は8~10人くらいインタビューしたと思いますが、楽しい取材日だったので、疲れは感じなかったと思います。

みなさん、志が高く、今後の目標などをキラキラした目で語ってくれたのが印象的でした。
また、日本に来られたことが嬉しいというお話や、日本で行きたい場所、買いたいものについてなど、笑顔で教えてくれました!
 
 

【恋愛細胞を刺激!】キスシーンが最高にキュンとする!おすすめの最旬韓国ドラマ10選
次のページ : 素敵すぎるピーター・ホーさん

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

投稿がありません。

この記事の画像  1枚

Writer info

清水久美子 Kumiko Shimizu

メーカーOL、洋楽誌アシスタント、パソコン誌編集を経てフリーライターに。様々な雑誌...

more

Recommend関連記事

この記事について報告する

Peechik掲示板へのコメント

もっと見る

Comment記事へのコメント

Popular人気記事&コンテンツ

Weekly Vote今週の対決

投票する

Pollアンケート

好きな韓国芸能事務所は?

好きな韓国芸能事務所は?
JYPエンターテインメント
SMエンターテインメント
YGエンターテインメント
HYBE(旧Bighit Entertainment)
Pledisエンターテインメント
FNCエンターテインメント
CUBEエンターテインメント
KakaoM(旧LEONエンターテインメント)
Woollimエンターテインメント
Dream Tエンターテインメント
RBW
C-JeS エンタテイメント
WMエンターテインメント
Jellyfishエンターテインメント
TOP MEDIA
OUIエンターテインメント
DSPメディア
BRANDNEW MUSIC
Play Mエンターテインメント
Fantagio
STARSHIPエンターテインメント
アンケートに答える

Official SNS公式SNS

PR Storyいま読みたい記事

Popular Tags人気のタグ

韓国ドラマ 韓流 おすすめ ラブロマンス 俳優 かっこいい 女優 時代劇 2021 視聴率

Pick Upピックアップ