K-board

イ・ソジン主演!時代劇『階伯<ケベク>』のあらすじ、キャスト、視聴方法まとめ

『階伯<ケベク>』ってどんなドラマ?

本作は、百済を強い国として建て直した名将ケベクの人生と、百済の全盛期から滅亡までの歴史を描いた時代劇です。

最高視聴率40%以上を記録したドラマ『善徳女王』の次の時代が描かれていて、『善徳女王』の続編として話題を呼びました。
また、『朱蒙(チュモン)』の脚本家と演出家が再びタッグを組み制作したことでも注目を集めました。

主人公ケベク役には、『チュオクの剣』や『イ・サン』で主演を務めたイ・ソジンが抜擢。
迫力のある演技で、主人公役を見事に演じ切りました。

『日本書紀』や『三国史記』を基に制作された本作。
当時、日本と最も交流が深かったと言われる百済の歴史に興味をそそられる一作となっています。

『階伯<ケベク>』のあらすじ

時は660年。
ケベク率いる百済の決死隊は、黄山伐で5万人の大軍を持つ新羅と4度目の戦いを繰り広げていました。
「必ず生きて帰れ……家族の元へ。」と決死隊に語りかけるケベク。
その想いが通じたのか、百済は見事に勝利します。

時は遡り612年。
百済の武王の第1王妃であるソンファ王妃と、息子のウィジャ王が刺客に襲われる事件が起きます。

ソンファ王妃とウィジャ王の護衛将軍として仕えていたムジンは、必死に刺客と闘います。
倒した刺客の腕には、暗殺集団であるウィジェ団の刻印が彫られていました。

ムジンの助けによりソンファ親子は無事でしたが、2人を溺愛していた武王は激怒。

実は武王の第1王妃であるソンファ王妃は、敵国である新羅の姫だったのです。
この事件は、敵国である新羅の血が入った王子が百済の王になることを許さない者の仕業だったのです。

次のページ : 『階伯<ケベク>』の主要キャストをご紹介!

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

投稿がありません。

この記事の画像  3枚

Writer info

Recommend関連記事

この記事について報告する

Peechik掲示板へのコメント

もっと見る

Comment記事へのコメント

Popular人気記事&コンテンツ

Weekly Vote今週の対決

投票する

Pollアンケート

好きな韓国芸能事務所は?

好きな韓国芸能事務所は?
JYPエンターテインメント
SMエンターテインメント
YGエンターテインメント
HYBE(旧Bighit Entertainment)
Pledisエンターテインメント
FNCエンターテインメント
CUBEエンターテインメント
KakaoM(旧LEONエンターテインメント)
Woollimエンターテインメント
Dream Tエンターテインメント
RBW
C-JeS エンタテイメント
WMエンターテインメント
Jellyfishエンターテインメント
TOP MEDIA
OUIエンターテインメント
DSPメディア
BRANDNEW MUSIC
Play Mエンターテインメント
Fantagio
STARSHIPエンターテインメント
アンケートに答える

Official SNS公式SNS

PR Storyいま読みたい記事

Presentプレゼント

ご応募はこちら

Popular Tags人気のタグ

韓国ドラマ 韓流 俳優 ラブロマンス おすすめ 視聴率 女優 Netflix 2021 韓国映画

Pick Upピックアップ