朝ドラ「ブギウギ」の見逃し配信を全話無料で見れる配信サービスまとめ

朝ドラ「ブギウギ」2023年秋より放送していました!

朝ドラの「ブギウギ」の放送はNHK総合で月曜日~土曜日の朝8時~8時15分となっています。

朝ドラ「ブギウギ」のヒロインは花田鈴子役は趣里さんで、戦後を支えたスター歌手・笠置シヅ子さんがモデルです。

現在は、放送終了しています。

上記の気になる情報について、ご紹介いたします!

民放放送見逃し配信が無料で視聴できるTVerでは朝ドラ「ブギウギ」の配信は現在ありませんでした。

そのため朝ドラ「ブギウギ」を見るなら、見逃し配信が見放題で視聴できる、U-NEXTのNHKオンデマンドがおすすめです。

朝ドラ ブギウギ  配信

U-NEXTのNHKパックを利用すれば、見逃し配信を無料トライアルを利用して全話視聴可能です。

U-NEXTのNHKオンデマンドならNHKで放送された作品が多く見放題配信されていて、以下のリンクから登録するとNHKオンデマンドの支払いに利用できる1,000Pがもらえますよ。

\NHKのドラマを見るなら!/

朝ドラ「ブギウギ」の動画情報
放送日(初回) 2023年秋
放送局 NHK
話数 全126話
キャスト 趣里・澤井梨丘(花田鈴子)|柳葉敏郎(花田梅吉)|水川あさみ(花田ツヤ)|清水くるみ(白川幸子・リリー白川)|片山友希(桜庭辰美・桜庭和希)|伊原六花(秋山美月)|菊地凛子(茨田りつ子)|水上恒司(村山愛助)|藤間爽子(タイ子)|なだぎ武(易者)
制作会社 NHK大阪放送局
脚本 足立紳
主題歌 趣里・中納良恵(EGO-WRAPPIN’)・さかいゆう/ハッピー☆ブギ
 
u-next-nhk

★NHKオンデマンドで見逃し配信中★
★おすすめドラマ作品★


★U-NEXTで見逃し配信中★
★おすすめアニメ作品★


U-NEXT無料会員・NHKオンデマンド登録方法
U-NEXT公式サイトにアクセスし[今すぐ観る]をタップ
②会員登録に必要な情報・メールアドレスとパスワードを入力して、[次へ]をタップ
③支払い情報を選択、入力して[利用開始]をタップ
④アカウント追加
⑤NHKの番組を検索し、レンタル画面から[NHKまるごと見放題パック]を購入
⑥完了!
※NHKまるごと見放題パックは申込日から月末までの契約となっているので、月末の登録がおすすめです。
NHKオンデマンド 無料会員解約方法
U-NEXT公式サイトにアクセス
②ログイン(メールアドレスとパスワード必要)後、画面左上のボタンをタップ
③[アカウント・契約]から[契約内容の確認・解約]をタップ
④NHKまるごと見放題パックの[自動更新の解除]をタップ
⑤確認画面で[自動更新を解除]を選択して登録解除は完了!
※契約日時点で所持ポイントが990Ptを下回る場合は自動で解約されます。
※アプリ削除では解約できないため注意してください
朝ドラ「ブギウギ」★最新ニュース

『ブギウギ』の主題歌「ハッピー☆ブギ」配信リリース決定

俳優・趣里主演のNHK連続テレビ小説『ブギウギ』の主題歌「ハッピー☆ブギ」と劇中で趣里演じるヒロイン・福来スズ子が歌う「東京ブギウギ」が配信リリースされました。

朝ドラ「ブギウギ」2023年10月秋より放送スタート!

【総合テレビでの放送時間】
NHK総合テレビで朝ドラ「ブギウギ」は2023年10月秋より月曜~土曜日の午前8時~8時15分(15分)に放送されています。(土曜日は1週間の振り返りです)
またその日の午後0時45分~1時まで、NHK総合テレビで朝ドラ「ブギウギ」は再放送されています。
さらに日曜日午前11時~11時15分までと翌・月曜午前4時45分~5時までは土曜日に放送された1週間振り返りが再放送されています。
総集編前編は2023年12月29日金曜日8時から9時25分放送されました。

【BSプレミアム・BS4Kでの放送時間】
BSプレミアム・BS4Kで朝ドラ「ブギウギ」は2023年10月秋より月曜~土曜日午前7時30分~7時45分(15分)の放送がされています。
さらに土曜日、午前9時25分~10時40分までは、月曜日~土曜日放送分までの朝ドラ「ブギウギ」の一挙再放送が行われています。
総集編前編は2023年12月29日金曜日8時から9時25分放送されました。

目次

朝ドラ「ブギウギ」の見逃し・NHK地上波再放送日

NHK総合テレビで朝ドラ「ブギウギ」は2023年10月秋より月曜~土曜日の午前8時~8時15分(15分)に放送されています。

また土曜日の午後0時45分~1時まで、NHK総合テレビで朝ドラ「ブギウギ」は再放送されています。

さらに日曜日午前11時~11時15分までと翌・月曜午前4時45分~5時までは土曜日に放送された1週間振り返りを再放送します。

BSでは午前9時25分~10時40分まで月曜日~土曜日放送分までの朝ドラ「ブギウギ」を一挙再放送します。

「NHKプラス」でも1週間限定で配信予定はありますが、再放送も「NHKプラス」もそれ以上見逃してしまうと追うことができません。

ですがU-NEXT経由で登録できる「NHKオンデマンド」なら、BSや「NHKプラス」の再放送や見逃し配信よりも多くの話数が見逃し配信がされています。

「NHKオンデマンド」で見逃し配信が始まれば朝ドラ「ブギウギ」の番組をいつでも好きな時間に視聴できますよ。

U-NEXTの無料期間の通常配布ポイントは600Pですが、以下のリンクから登録すると「NHKオンデマンド」の支払いに利用できる1,000Pがもらえるので、無料トライアルを利用して見放題視聴が可能です。

\NHKのドラマを見るなら!/

朝ドラ「ブギウギ」のあらすじ

朝ドラ ブギウギ  あらすじ

大正時代の下町の銭湯の看板娘、花田鈴子は歌と踊りが大好きな女の子。歌劇団に入団し、成長し人気歌手になるが、戦争で制限される。恋人との結婚も叶わず、子供を出産するも一人で育てる。彼女の歌声は傷ついた日本に希望を与え、ブギの女王として大スターになっていく。

朝ドラ「ブギウギ」1話あらすじ

1話あらすじ 第1週「ワテ、歌うで!」 (1)
福来スズ子(趣里)は、戦後の混乱した時代に、人々を楽しませ、励まし、生きる活力を与えた歌手でした。彼女の歌声は、日本中をズキズキワクワクさせ、笑いと涙の入り混じった物語が始まるような感覚を与えました。彼女の歌は、人々の心を癒し、希望を与える力を持っていました。福来スズ子(趣里)の存在は、戦後の苦難を乗り越えるための心の支えとなり、多くの人々に勇気を与えました。彼女の歌声は、時代を超えて輝き続ける、永遠のエンターテイナーです。

朝ドラ「ブギウギ」2話あらすじ

2話あらすじ 第1週「ワテ、歌うで!」 (2)
鈴子は、アホのおっちゃんが銭湯代をタダにしてもらっている理由が「義理と人情」だとツヤから聞かされる。彼女は自分も義理を返したいと考えるが、どのように返せばいいのか悩んでいる。そこで、鈴子はアホのおっちゃんに感謝の気持ちを伝えるために、彼の好物のお菓子をプレゼントすることを思いつく。鈴子は心を込めてお菓子を作り、アホのおっちゃんに渡す。彼は驚きながらも喜んで受け取り、鈴子の思いに感動する。この出来事をきっかけに、鈴子は義理と人情の大切さを学び、他人に対する思いやりを持つようになった。

朝ドラ「ブギウギ」3話あらすじ

3話あらすじ 第1週「ワテ、歌うで!」 (3)
昭和元年、小学校卒業間近の鈴子は、お節介な性格が災いしてタイ子の好きな人がバレてしまう。自分のせいで友達の秘密が暴露されたことに悩む鈴子。将来についても迷い始める彼女は、自分の行動が他人に与える影響を考えるようになる。この出来事をきっかけに、鈴子は人の気持ちに寄り添い、お節介をすることの大切さを学び、将来は人々の助けになる仕事に就きたいと思うようになるのだった。

朝ドラ「ブギウギ」4話あらすじ

4話あらすじ 第1週「ワテ、歌うで!」 (4)
鈴子は将来の進路に悩んでいたが、自分が歌が好きだと気づく。彼女は花咲音楽学校に進学することを決め、試験当日を迎える。緊張と期待が入り混じる中、鈴子は自分の歌声を全力で披露する。試験官たちは彼女の情熱と才能に感動し、鈴子は合格の通知を受け取る。これからは自分の夢を追いかけるために努力し、成長していく決意を固めるのだった。

朝ドラ「ブギウギ」5話あらすじ

5話あらすじ 第1週「ワテ、歌うで!」 (5)
梅吉は鈴子をUSKの公演に連れて行き、彼女は大和礼子らの踊りに感動する。鈴子はUSKの試験を受けることを決意するが…

朝ドラ「ブギウギ」6話あらすじ

6話あらすじ 第2週「笑う門には福来る」 (6)
鈴子(澤井梨丘)は夢の舞台への第一歩として、梅丸少女歌劇団(USK)の研究生として入団する。彼女は厳しい新人教育係の橘アオイ(翼和希)と出会い、劇団生活の中で成長していく。彼女の憧れの大トップ・大和礼子(蒼井優)との出会いもあり、彼女の夢への道はますます輝きを放つ。

朝ドラ「ブギウギ」7話あらすじ

7話あらすじ 第2週「笑う門には福来る」 (7)
梅丸少女歌劇団に入団してから1ヶ月が経ち、鈴子の同期は3人に減っていた。しかも、彼女たちの関係も少しギクシャクしているようだ。ある日の公演で、鈴子は忘れ物をしてしまった。焦りながらも、他のメンバーに頼んで助けてもらおうと思ったが、彼女たちは冷たくあしらわれてしまった。鈴子はショックを受けながらも、自分で解決する方法を見つける決意をする。彼女は団員たちとの関係を修復し、信頼を取り戻すために努力することを決めたのだった。

朝ドラ「ブギウギ」8話あらすじ

8話あらすじ 第2週「笑う門には福来る」 (8)
公演での忘れ物をきっかけに鈴子(澤井梨丘)たち3人は仲違いする。しかし、ある日、梅丸少女歌劇団は初の単独公演が決定。新人もデビューできるというが、そのチャンスはたった1人だけ。鈴子たちは互いにライバル心を燃やし、競い合うことになる。しかし、公演の準備を進める中で、彼女たちは互いの才能や努力を認め合い、協力することの大切さを学んでいく。最終的には、鈴子たちは団結し、公演を成功させることになる。この経験を通じて、彼女たちは仲間との絆を深め、成長していくのだった。

朝ドラ「ブギウギ」9話あらすじ

9話あらすじ 第2週「笑う門には福来る」 (9)
百日咳にかかった鈴子は、単独公演の出演が難しいと言われる。しかし、ツヤは鈴子のために桃を探すが、今は時期ではないことがわかる。それでもツヤは諦めず、鈴子のために他の方法を考えることを決意する。鈴子の夢を叶えるために、二人は困難に立ち向かいながらも絆を深めていく。彼女たちの努力と友情が試される物語が展開される。

朝ドラ「ブギウギ」10話あらすじ

10話あらすじ 第2週「笑う門には福来る」 (10)
鈴子(澤井梨丘)が稽古に復帰し、「福来スズ子」として同期3人と共にデビューが決まる。梅丸少女歌劇団は初の単独公演として本格レビューショー「四季の宴」を開演する。

朝ドラ「ブギウギ」11話あらすじ

11話あらすじ 第3週「桃色争議や!」(11)
デビュー6年目のスズ子は、脇役として地道にステージに立ち続けていた。しかし、後輩の秋山美月が人気を集める中、スズ子は自分の売りが何か悩んでいた。彼女は自分の個性や魅力を見つけるために、新たな挑戦を始めることを決意する。彼女は自分の内面を探求し、自信を持って自分を表現する方法を見つけ出す。そして、ステージでのパフォーマンスや演技において、独自の魅力を発揮することに成功する。スズ子は自分自身を信じ、努力を惜しまず、結果を出すことで、自分の存在感を示すことができるのだと気づくのであった。

朝ドラ「ブギウギ」12話あらすじ

12話あらすじ 第3週「桃色争議や!」 (12)
大和礼子(蒼井優)主演公演の稽古が始まり、劇団は厳しい状況に直面する。桜庭(片山友希)は稽古を休み、新人たちは辞めたいと言い出す。しかし、彼らは困難に立ち向かう覚悟を持ち、劇団の絆を取り戻すために再び稽古に取り組む。絶望の中で輝く希望の光が、彼らを前進させるのだ。

朝ドラ「ブギウギ」13話あらすじ

13話あらすじ 第3週「桃色争議や!」 (13)
大和礼子は、公演のメインとしてラインダンスを考案するが、桜庭和希は稽古を休んでいる。ある日、和希は劇団を辞めると言い出す。礼子は和希の気持ちを尊重し、話し合いをする。和希は自分の夢を追いたいという思いを伝え、礼子は彼女の決断を受け入れる。しかし、礼子は和希の才能を惜しんでおり、彼女が劇団を離れることを悲しんでいる。最終的に、和希は劇団を離れるが、礼子は彼女の成功を祈りながら、新たな公演の準備に取り組む。

朝ドラ「ブギウギ」14話あらすじ

14話あらすじ 第3週「桃色争議や!」 (14)
経済不況で梅丸少女歌劇団も賃金削減と人員削減が行われることになり、大和礼子は嘆願書を作り会社に提出する。劇団員たちも巻き込んだ桃色争議が勃発する。彼らは団結し、困難な状況に立ち向かう決意をする。大和礼子のリーダーシップと劇団員の絆が試される中、彼らは団体交渉を行い、労働条件の改善を求める。困難な道のりではあるが、彼らは一致団結し、団体の未来を守るために闘い続ける。

朝ドラ「ブギウギ」15話あらすじ

15話あらすじ 第3週「桃色争議や!」 (15)
大和礼子(蒼井優)はストライキを決意し、参加するかどうかは劇団員自身に委ねられた。しかし、スズ子(趣里)は迷っていた。彼女は団結の重要性を理解していたが、同時に劇団の未来を考えるという責任も感じていた。最終的に、スズ子は自分の心に正直になり、劇団のために行動することを決めた。彼女は他の劇団員と協力し、ストライキに参加することで、劇団の声を届ける決断をしたのだ。

朝ドラ「ブギウギ」16話あらすじ

16話あらすじ 第4週「ワテ、香川に行くで」 (16)
大和礼子(蒼井優)とスズ子(趣里)は山寺でストライキを始めた。新聞に報道されると、劇団員の親たちが山寺に駆けつけた。彼らは子供たちの要求を支持し、団結して劇団の未来を守るために行動する決意を示した。山寺は親たちの熱意に包まれ、劇団員たちは感動し、更なる闘争心を燃やした。この結束が劇団の存続に繋がり、大きな変革をもたらすこととなった。

朝ドラ「ブギウギ」17話あらすじ

17話あらすじ 第4週「ワテ、香川に行くで」 (17)
大和礼子は、自分が踊りを続けられたのは大熊社長のおかげだとスズ子に感謝の気持ちを伝える。しかし、その時大熊は重要な決断を迫られていた。彼は自分の将来を考え、新たな道に進むことを決意する。大和礼子は彼の決断を尊重し、自身も新たな挑戦をする覚悟を持つ。二人はお互いの成長を支え合いながら、それぞれの道を歩んでいくのだった。

朝ドラ「ブギウギ」18話あらすじ

18話あらすじ 第4週「ワテ、香川に行くで」 (18)
ストライキが成功し、要求が受け入れられたが、大和礼子と橘アオイは責任を取り、USKを辞めることになった。

朝ドラ「ブギウギ」19話あらすじ

19話あらすじ 第4週「ワテ、香川に行くで」 (19)
桃色争議から1年後、香川から手紙が届く。スズ子に法事への参加を頼む内容だったが、ツヤと梅吉は戸惑いを隠せなかった。過去の出来事がまだ癒えていない彼らは、スズ子の参加が新たな争議を引き起こすのではないかと心配していた。しかし、スズ子は自分の過ちを受け入れ、和解の一歩を踏み出す決意を固めていた。彼女の真摯な態度に触れ、ツヤと梅吉も少しずつ心を開いていくのだった。

朝ドラ「ブギウギ」20話あらすじ

20話あらすじ 第4週「ワテ、香川に行くで」 (20)
スズ子と六郎は、梅吉とツヤの故郷・香川を訪れる。法事のために次郎丸和一の家を訪れるが、そこで思わぬ出来事が待ち受けていた。和一の家には、彼の双子の兄弟・次郎丸和二(石倉光二)が現れ、六郎と瓜二つであることが判明する。混乱する一行だが、和一と和二の家族の絆を感じながら、法事に参加することとなる。

朝ドラ「ブギウギ」21話あらすじ

21話あらすじ 第5週「ほんまの家族や」 (21)
スズ子(趣里)は、自分が次郎丸家の子供で、亡くなった菊三郎と女中のキヌ(中越典子)の娘であることを知る。驚きと喜びで胸がいっぱいの彼女は、実母であるキヌが住む家へと向かう。心躍るスズ子は、長年の疑問が解ける瞬間を迎えることを楽しみにしている。家族の絆を感じながら、彼女は新たな旅立ちに胸を膨らませるのだった。

朝ドラ「ブギウギ」22話あらすじ

22話あらすじ 第5週「ほんまの家族や」 (22)
スズ子は自身の出生の秘密を知り、驚きと混乱に包まれる。彼女はキヌの家を去り、大西家では六郎らが彼女を心配して待っていた。

朝ドラ「ブギウギ」23話あらすじ

23話あらすじ 第5週「ほんまの家族や」 (23)
スズ子は香川から帰ってきて3年、劇団の中心として活躍していたが、何か物足りなさを感じていた。ある日、劇団の仲間である大和礼子(蒼井優)と股野(森永悠希)が久しぶりに訪れた。大和は感動的なプロポーズをし、さらには妊娠していることも明らかにした。2人は歌と踊りの教室を開いており、新たな未来に胸を膨らませていた。礼子はスズ子の才能を認め、新たな挑戦を提案する。スズ子は迷いながらも、礼子の言葉に心を動かされる。二人は劇団の未来を語り合い、新たな舞台を作り上げることを決意する。スズ子は再び情熱を取り戻し、劇団の新たな中心として輝き始める。

朝ドラ「ブギウギ」24話あらすじ

24話あらすじ 第5週「ほんまの家族や」 (24)
スズ子は、松永からの誘いで東京の梅丸楽劇団に参加することを考えていた。彼女はツヤにその話を切り出し、自分の夢を追いたいと伝えた。ツヤは初めは驚きつつも、スズ子の成長を応援することを約束した。スズ子は心躍らせながら、新たな舞台での挑戦に向けて準備を始めた。

朝ドラ「ブギウギ」25話あらすじ

25話あらすじ 第5週「ほんまの家族や」 (23)
大和礼子(蒼井優)が出産後に亡くなったという悲しい知らせを受け、お別れの会に参加したスズ子(趣里)。そこで彼女は、大和が梅丸少女歌劇団に入団してからずっと会っていなかった大和の両親と出会う。初めは緊張していたが、お互いに大和のことを思い出し、励まし合う。亡くなった大和の存在を通じて、彼女の両親との絆が深まり、新たな支えとなる。

朝ドラ「ブギウギ」26話あらすじ

26話あらすじ 第6週「バドジズってなんや?」 (26)
スズ子は東京への旅に期待と不安を抱えていた。彼女を待ちわびていた作曲家の羽鳥は、自分の曲を彼女に歌ってほしかった。

朝ドラ「ブギウギ」27話あらすじ

27話あらすじ 第6週「バドジズってなんや?」 (27)
スズ子(趣里)の梅丸楽劇団初日。予定では顔合わせのみだったが、作曲家の羽鳥善一(草彅剛)は、スズ子に即興で歌ってみるようにと要求する。スズ子は緊張しながらも、心の中から湧き上がる感情を込めて歌い始める。その歌声はまるで鳥のさえずりのように美しく、会場は一瞬にして静まり返る。羽鳥は感動のあまり涙を流し、スズ子の才能に確信を深めるのだった。

朝ドラ「ブギウギ」28話あらすじ

28話あらすじ 第6週「バドジズってなんや?」 (28)
羽鳥善一はスズ子のマンツーマンレッスンで彼女の歌に満足できず、何度も繰り返し歌わせる。彼が求める歌は、単に技術的な完璧さだけではなく、心からの感情や表現力を込めた歌声を求めている。彼はスズ子に自分自身の内なる感情や経験を歌に込めるように促し、彼女の歌声が深く響くように導いている。羽鳥は、スズ子の歌が単なる技術の応用ではなく、彼女自身の心からの表現であることを望んでいるのだ。彼は彼女の歌声が人々の心に響き、感動を与えることを願っているのだろう。

朝ドラ「ブギウギ」29話あらすじ

29話あらすじ 第6週「バドジズってなんや?」 (29)
スズ子(趣里)は羽鳥善一(草彅剛)とのレッスンを続けているが、羽鳥は彼女の歌に満足していなかった。スズ子は演出家の松永(新納慎也)に相談し、彼女の歌についてアドバイスを求める。松永はスズ子に自信を持つように励み、新たなアプローチを試してみることを提案する。スズ子は松永の助言を受け入れ、自分の歌唱力を高めるために努力を重ねる。

朝ドラ「ブギウギ」30話あらすじ

30話あらすじ 第6週「バドジズってなんや?」 (30)
スズ子(趣里)と羽鳥(草彅剛)の稽古はますます熱を帯びていた。しかし、スズ子は松永(新納慎也)に恋心を抱くようになる。そして、ついに旗揚げ公演初日がやってきた。幕が上がり、舞台は輝き始める。スズ子の演技は感動的で、観客は彼女の才能に魅了される。一方、スズ子の心は松永に向かっている。彼女の恋の行方は果たしてどうなるのか、続きが気になる。

朝ドラ「ブギウギ」31話あらすじ

31話あらすじ 第7週「義理と恋とワテ」 (31)
スズ子(趣里)と羽鳥(草彅剛)の稽古はますます熱を帯びていた。しかし、スズ子は松永(新納慎也)に恋心を抱くようになる。そして、ついに旗揚げ公演初日がやってきた。幕が上がり、舞台は輝き始める。スズ子の演技は感動的で、観客は彼女の才能に魅了される。一方、スズ子の心は松永に向かっている。彼女の恋の行方は果たしてどうなるのか、続きが気になる。

朝ドラ「ブギウギ」32話あらすじ

32話あらすじ 第7週「義理と恋とワテ」 (32)
松永はスズ子に日宝への移籍を提案するが、彼女は梅丸のライバルとしての忠誠心を持ち、断る。一方、秋山は中山からのプロポーズを受け、幸せな未来を想像する。それぞれの選択が彼らの人生に大きな影響を与えることになる。

朝ドラ「ブギウギ」33話あらすじ

33話あらすじ 第7週「義理と恋とワテ」 (33)
スズ子(趣里)は引き抜きの噂が梅丸にも伝わり、辛島部長(安井順平)に問い詰められる。しかし、スズ子は目を盗んで松永(新納慎也)に会いに行くことを決める。彼女は自分の選択を信じ、自分の将来を切り開くために勇気を持って行動するのだった。

朝ドラ「ブギウギ」34話あらすじ

43話あらすじ 第7週「義理と恋とワテ」 (34)
スズ子は羽鳥からの依頼に喜びながらも、自分の音楽性を大切に考える。一方、秋山は中山のプロポーズに戸惑いつつも、自分の気持ちを整理しようとする。二人はそれぞれの選択を迫られながらも、自分自身を大切にすることを決意する。

朝ドラ「ブギウギ」35話あらすじ

35話あらすじ 第7週「義理と恋とワテ」 (35)
スズ子は引き抜きの話を断り、梅丸での活動を続けることを決める。彼女は辛島に謝罪し、和解する。そして、待ちに待った本番の日がやってきた。「センチメンタル・ダイナ」の美しい音楽が会場に響き渡り、スズ子は心から喜びを感じる。彼女は自分の選択に確信を持ち、新たなステージで輝き続ける決意を固める。

朝ドラ「ブギウギ」36話あらすじ

36話あらすじ 第8週「ワテのお母ちゃん」 (36)
戦争勃発の兆しがあり、スズ子は周囲から目立たないようにと言われ戸惑っている。一方、大阪ではツヤが体調不良に悩まされている。

朝ドラ「ブギウギ」37話あらすじ

37話あらすじ 第8週「ワテのお母ちゃん」 (37)
六郎(黒崎煌代)は出征の日が近づき、緊張して頭を丸めた。一方、体調の悪いツヤ(水川あさみ)は専門医に診察を受けることになった。医師はツヤの症状を詳しく聞き、適切な治療法を提案した。ツヤは安心し、六郎の出征を心配しながらも、自身の体調を整えることに専念する決意をした。二人はお互いを支え合いながら、それぞれの道を進んでいくのだった。

朝ドラ「ブギウギ」38話あらすじ

38話あらすじ 第8週「ワテのお母ちゃん」 (38)
東京のスズ子は、入隊直前の六郎が訪ねてきた。六郎はスズ子に、ツヤの病状があまり良くないことを伝える。心配したスズ子は、すぐにツヤのもとへ向かう決意をする。彼女は友情と絆を大切にし、ツヤの健康を守るために行動するのだった。

朝ドラ「ブギウギ」39話あらすじ

39話あらすじ 第8週「ワテのお母ちゃん」 (39)
大阪に戻ってきたスズ子は、病床のツヤと再会する。その晩、アホのおっちゃんが見つけてきた美味しそうな桃をツヤに食べさせることにした。ツヤは病気で食欲がなかったが、桃の甘い香りに誘われて少しずつ口に運ぶ。すると、ツヤの顔に笑みが浮かび、元気な表情が戻ってきた。スズ子とアホのおっちゃんは、ツヤの笑顔を見て胸が温かくなった。桃の力で、彼らの絆はより深まり、明るい未来への希望が膨らんでいくのだった。

朝ドラ「ブギウギ」40話あらすじ

40話あらすじ 第8週「ワテのお母ちゃん」 (40)
ツヤの死と赤字により閉店を決めたはな湯に、三沢光子と名乗る女性が現れる。彼女ははな湯の再建を手伝いたいと申し出る。スズ子は初めは疑いながらも、彼女の情熱とアイデアに心を動かされる。二人は協力し、はな湯を再び賑わいの場にするために奮闘する。新たな風がはな湯に吹き始め、未来への希望が蘇るのだった。

朝ドラ「ブギウギ」41話あらすじ

41話あらすじ 第9週「カカシみたいなワテ」 (41)
戦争の影響で派手な演目が禁止され、スズ子は制約された状況で歌うことを強いられる。一方、梅吉は現実から逃れるために酒に溺れていく。二人の運命が戦争によって変わり、彼らはそれぞれの苦悩に立ち向かうことになる。

朝ドラ「ブギウギ」42話あらすじ

42話あらすじ 第9週「カカシみたいなワテ」 (42)
スズ子は警察からの注意を受けて、自分の歌い方について悩んでいる。一方、梅吉は常に泥酔しており、彼に何かアドバイスすることもできない状況にある。

朝ドラ「ブギウギ」43話あらすじ

43話あらすじ 第9週「カカシみたいなワテ」 (43)
スズ子(趣里)は、小林小夜(富田望生)に梅吉(柳葉敏郎)の世話を頼むことにした。しかし、楽団ではスズ子が大人しく歌っている間に、空席が目立つようになっていた。スズ子は心配し、小夜に頼んで梅吉の世話をしてもらうことで、楽団の空席問題を解決しようと考えた。

朝ドラ「ブギウギ」44話あらすじ

44話あらすじ 第9週「カカシみたいなワテ」 (44)
スズ子と梅吉は喧嘩して以来、互いに口をきかない状態が続いている。しかし、楽団の中でスズ子は特別な才能を持っていることがわかる。彼女は動かずとも美しい歌声で「蘇州夜曲」を歌うことができるのだ。スズ子は善一に願い出て、この曲を歌わせてほしいと伝える。善一は彼女の才能に感動し、スズ子と梅吉の関係修復のきっかけになるかもしれないと考える。彼は二人に再び話し合う機会を与えることを決意する。

朝ドラ「ブギウギ」45話あらすじ

45話あらすじ 第9週「カカシみたいなワテ」 (45)
楽劇団解散後、スズ子は暇を持て余していた。そんな時、大阪に戻ってこないかと誘われるが、悩んでいる彼女は羽鳥善一に相談する。羽鳥はスズ子の将来を考え、新たな可能性を見つけるようアドバイスする。スズ子は彼の言葉に勇気づけられ、大阪への転機を受け入れる決断をする。新たな舞台で輝くスズ子の姿を、羽鳥は心から応援するのだった。

朝ドラ「ブギウギ」46話あらすじ

46話あらすじ第10週「大空の弟」 (46)
スズ子(趣里)が率いる福来スズ子とその楽団がデビューするも、彼女の歌うジャズは敵性音楽として忌避され、公演の依頼は皆無だった。しかし、スズ子は諦めずに自らの音楽を信じ、地道に活動を続けることを決意する。彼女は自分たちの音楽を広めるために、路上での演奏や地元のイベントへの参加など、様々な方法を試みる。その情熱と才能が徐々に注目を集め、ついには大手レコード会社からのオファーが舞い込む。スズ子とその楽団は、困難を乗り越えて成功をつかみ取るのだった。

朝ドラ「ブギウギ」47話あらすじ

47話あらすじ第10週「大空の弟」 (47)
梅吉とスズ子は、六郎の戦死の知らせに衝撃を受ける。彼らは突然の出来事に対して受け入れることができず、悲しみに包まれる。六郎の喪失は彼らにとって大きな痛みであり、彼らは時間をかけてこの現実を受け入れる必要がある。

朝ドラ「ブギウギ」48話あらすじ

48話あらすじ第10週「大空の弟」 (48)
心配した羽鳥善一は、スズ子を自宅に誘う。彼には特別な理由があった。しかし、その時、梅吉が突然香川へ帰ると告げる。善一は驚きつつも、彼の決断を尊重する。それぞれが自分の道を歩む中で、新たな展開が待ち受けていることを感じながら、彼らの物語は進んでいく。

朝ドラ「ブギウギ」49話あらすじ

49話あらすじ第10週「大空の弟」 (49)
りつ子(菊地凛子)とスズ子(趣里)の合同コンサートは、彼女たちの共演が大評判で、会場は満席だった。スズ子は羽鳥善一(草彅剛)から贈られた「大空の弟」という曲を持ち、感慨深くステージに向かった。二人の歌声が交差し、会場は一体感に包まれた。このコンサートは、彼女たちの才能と絆を称える素晴らしいイベントとなった。

朝ドラ「ブギウギ」50話あらすじ

50話あらすじ第10週「大空の弟」 (50)
りつ子(菊地凛子)とスズ子(趣里)の合同コンサートは大成功し、多くの人々が感動した。帰り道、おでん屋台でスズ子と梅吉(柳葉敏郎)は親子水入らずでゆっくり話をする。梅吉はスズ子に感謝の気持ちを伝え、彼女の成長を認める。スズ子は梅吉に自分の夢や目標を語り、彼の励ましを受ける。二人はおでんを食べながら笑顔で語り合い、絆を深めていくのだった。

朝ドラ「ブギウギ」51話あらすじ

51話あらすじ第11週「ワテより十も下や」 (51)
愛知の劇場で地方巡業を続けるスズ子(趣里)たちに、大ファンの学生・水上恒司が興行主に連れられて楽屋を訪れる。緊張しながらも、スズ子は恒司の熱狂的なファンへの感謝の気持ちを伝える。恒司は感激し、スズ子のパフォーマンスに魅了される。その後、スズ子は恒司に励まされ、地方巡業の疲れを忘れる。二人はお互いに励まし合い、新たな友情が芽生えるのだった。

朝ドラ「ブギウギ」52話あらすじ

52話あらすじ第11週「ワテより十も下や」 (52)
スズ子は学生の水上恒司を食事に誘う。彼はスズ子の大ファンで、自分の名前を村山愛助と話す。翌日、スズ子と愛助は汽車の中で偶然乗り合わせる。

朝ドラ「ブギウギ」53話あらすじ

51話あらすじ第11週「ワテより十も下や」 (53)
神戸公演後、スズ子は久しぶりにはな湯とUSKを訪れる。東京に戻ると、愛助からたくさんの手紙が届いていた。手紙には彼の思いや日々の出来事が綴られ、スズ子は感動する。彼らの絆は距離を超えても続いていることを実感し、心が温かくなる。スズ子は手紙に返事を書き、愛助との絆を深めていくのだった。

朝ドラ「ブギウギ」54話あらすじ

54話あらすじ第11週「ワテより十も下や」 (54)
スズ子と小夜は愛助の家を訪れる。愛助はスズ子の魅力に夢中で、彼女のことを一方的に語り尽くす。帰り際にはまた会いたいと伝え、スズ子と小夜は微笑みながら家を後にする。

朝ドラ「ブギウギ」55話あらすじ

55話あらすじ第11週「ワテより十も下や」 (55)
愛助からの告白に戸惑うスズ子。彼女は自分の気持ちを整理するために少し時間を欲しいと伝える。そんな彼女を見かねた五木は、スズ子に対して愛助との交際を避けるように忠告する。彼はスズ子の幸せを考えての行動だった。スズ子は二人の言葉に揺れ動きながらも、自分の心に向き合い、最善の選択をする決意を固めるのだった。

朝ドラ「ブギウギ」56話あらすじ

56話あらすじ第12週「あなたのスズ子」 (56)
スズ子は、坂口と愛助の話を聞いて興味津々で部屋に押し入る。しかし、二人は押し問答の末、まずは二人だけで話すことになる。そこで、愛助は自身の今の思いを打ち明ける。彼は、自分の人生に迷いを感じており、将来の方向性に悩んでいることを告白する。スズ子は、愛助の悩みを理解し、彼に寄り添いながら、自分自身の経験やアドバイスを通じて励ましの言葉を贈る。二人は深い絆を感じながら、将来への希望を抱きながら話し合うのだった。

朝ドラ「ブギウギ」57話あらすじ

57話あらすじ第12週「あなたのスズ子」 (57)
スズ子は愛助の返事を待ちながら悩んでいたが、愛助は母・トミからの手紙を受けて心を決める。そして、楽団の事務所を訪ねることにする。

朝ドラ「ブギウギ」58話あらすじ

58話あらすじ第12週「あなたのスズ子」 (58)
スズ子と愛助が交際を始める一方、楽団の運営は困難な状況にある。そんな中、五木は密かに坂口と会い、話し合うことになる。

朝ドラ「ブギウギ」59話あらすじ

59話あらすじ第12週「あなたのスズ子」 (59)
長野での新たな生活を始めたスズ子(趣里)に、意外な訪問者が現れる。子供を連れた女性が訪ねてきて、その子供が五木(村上新悟)を「お父ちゃん」と呼ぶ衝撃的な事実を明らかにする。公演終了後、五木の姿は忽然と消えてしまい、謎が深まる。

朝ドラ「ブギウギ」60話あらすじ

60話あらすじ第12週「あなたのスズ子」 (60)
愛助(水上恒司)は、母親であるトミ(小雪)からスズ子(趣里)との交流を止めるようにと言われる。しかし、愛助はこれに反発し、トミは結局スズ子に会うことを許す。

朝ドラ「ブギウギ」61話あらすじ

61話あらすじ第13週「今がいっちゃん幸せや」 (61)
情熱的な愛助(水上恒司)だが、結核が再発してしまう。そんな彼のそばには常にスズ子(趣里)がいて、献身的に看病する。この二人の元に、坂口(黒田有)が訪れることで、新たな展開が待ち受けている。

朝ドラ「ブギウギ」62話あらすじ

62話あらすじ第13週「今がいっちゃん幸せや」 (62)
スズ子(趣里)の献身的な看病のおかげで、愛助(水上恒司)の病状は改善されつつある。しかし、その一方でスズ子自身は、長い間楽団での活動を休止せざるを得ない状況に置かれていた。

朝ドラ「ブギウギ」63話あらすじ

63話あらすじ第13週「今がいっちゃん幸せや」 (63)
山下(近藤芳正)が楽団の新マネージャーとして登場する。スズ子(趣里)は彼の下で日本各地を慰問し、東京へ戻ると愛助(水上恒司)の看病に専念する日々を送るようになる。

朝ドラ「ブギウギ」64話あらすじ

64話あらすじ第13週「今がいっちゃん幸せや」 (64)
戦時下の東京で、スズ子(演:趣里)は町の被害を目撃。彼女の家は無傷で、愛助(演:水上恒司)との再会を果たす。一方、慰問活動で愛助と離れ離れになることへの不安が彼女を襲う。

朝ドラ「ブギウギ」65話あらすじ

65話あらすじ第14週「戦争とうた」 (65)
草彅剛演じる羽鳥善一は上海で、趣里演じるスズ子は富山で、菊地凛子演じるりつ子は鹿児島で、それぞれ戦時中に活躍する。この時期、上海では昆夏美演じる李香蘭の歌声が広がっていた。

朝ドラ「ブギウギ」66話あらすじ

66話あらすじ第14週「戦争とうた」 (66)
富山で慰問公演を行うスズ子と、特攻隊に歌声を届ける鹿児島のりつ子。戦時下、彼女たちは音楽を通して思いを伝え、戦争の中で歌う。

朝ドラ「ブギウギ」67話あらすじ

67話あらすじ第15週「ワテらはもう自由や」(67)
終戦を迎えた日、富山での公演中だったスズ子は、敗戦の知らせを受け取る。しかし、周囲の人々や愛助の安否は不明のまま。不安を抱えた彼女は、東京の自宅へ帰路につく。

朝ドラ「ブギウギ」68話あらすじ

68話あらすじ第15週「ワテらはもう自由や」 (68)
戦後3ヶ月が経ち、愛助の健康が回復し、大学への復学が決定する。この喜びを分かち合うため、スズ子は闇市へ買い物に出かける。

朝ドラ「ブギウギ」69話あらすじ

69話あらすじ第15週「ワテらはもう自由や」 (69)
劇場が再開し、スズ子は久々の公演に少しの不安を感じていた。同時に、りつ子も慰問先での経験が心に深い傷を残し、忘れることができないでいた。

朝ドラ「ブギウギ」70話あらすじ

70話あらすじ第15週「ワテらはもう自由や」 (70)
スズ子が「ラッパと娘」を踊り歌う姿に、満員の会場は熱狂する。その中には、上海から危険を冒して帰国した羽鳥善一の姿もあった。

朝ドラ「ブギウギ」71話あらすじ

71話あらすじ第15週「ワテらはもう自由や」 (71)
スズ子への公演依頼が急増し、彼女は休む間もなくステージでの歌唱を続けていた。しかし、楽団員の実情を知った彼女は、重大な決断を下すことになる。

朝ドラ「ブギウギ」72話あらすじ

72話あらすじ第16週「ワテはワテだす」 (72)
タナケン(生瀬勝久)という喜劇界のスターが、共演者としてスズ子(趣里)を選び、彼女に接触を試みる。最初は躊躇するスズ子だが、最終的にはタナケンとの面会を決意する。

朝ドラ「ブギウギ」73話あらすじ

73話あらすじ第16週「ワテはワテだす」 (73)
趣里演じるスズ子は、富田望生が演じる小夜がアメリカ兵と一緒にいるのを目撃する。一方で、生瀬勝久扮するタナケンとの共演に心が動かない彼女は、初日の稽古に臨む。

朝ドラ「ブギウギ」74話あらすじ

74話あらすじ第16週「ワテはワテだす」 (74)
稽古場では、スズ子(趣里)が相談相手のタナケン(生瀬勝久)からのアドバイスを受けられずに苦悩していた。その最中、涙を流す小夜(富田望生)がスズ子のもとに突然現れる。

朝ドラ「ブギウギ」75話あらすじ

75話あらすじ第16週「ワテはワテだす」 (75)
愛助(水上恒司)は恋人のサムと共に小夜(富田望生)を連れ戻す。その話を聞いたスズ子(趣里)は何かを感じ取る。一方で、舞台の稽古に向かうスズ子は、心にある大きな決意を新たにしていた。

朝ドラ「ブギウギ」76話あらすじ

76話あらすじ第16週「ワテはワテだす」 (76)
大盛況の舞台裏。主役のスズ子(演:趣里)と相棒タナケン(演:生瀬勝久)が注目を集めている中、トミ(演:小雪)からの重要なメッセージが秘書を通じて二人に届けられる。

朝ドラ「ブギウギ」77話あらすじ

77話第17週「ほんまに離れとうない」 (77)
スズ子(演:趣里)と愛助(水上恒司扮)は結婚を前提に、スズ子が歌手活動を辞めるよう求められる。その一方で、坂口(黒田有が演じる)はトミ(小雪)を説得するために大阪へと旅立つ。

朝ドラ「ブギウギ」78話あらすじ

78話第17週「ほんまに離れとうない」 (78)
愛助(演:水上恒司)との将来を考える中で、スズ子(趣里)は歌手としての道と結婚の選択に悩む。そんな折、羽鳥善一(草彅剛)が突如彼女の自宅を訪れる。

朝ドラ「ブギウギ」79話あらすじ

79話第17週「ほんまに離れとうない」 (79)
病床に臥せる愛助(水上恒司)のもとにスズ子(趣里)が看病につく。その翌日、突然トミ(小雪)が愛助を大阪へ連れ戻そうと病室に飛び込んでくる。愛助の病状とその後の展開に注目が集まる。

朝ドラ「ブギウギ」80話あらすじ

80話第17週「ほんまに離れとうない」 (80)
愛助(水上恒司)とスズ子(趣里)が共に旅行を楽しみながら、将来の夢を共有する。しかし、愛助が大阪へ帰った後、スズ子が仕事への復帰を目指す中、彼女の妊娠が明らかになり、二人の運命が新たな転機を迎える。

朝ドラ「ブギウギ」81話あらすじ

81話第17週「ほんまに離れとうない」 (81)
山下(近藤芳正)がトミ(小雪)に対し、愛助(水上恒司)とスズ子(趣里)の結婚を認めるよう強く迫る。同時に、スズ子は将来の仕事について羽鳥(草彅剛)と相談し、重要な決断に直面する。

朝ドラ「ブギウギ」82話あらすじ

82話第18週「あんたと一緒に生きるで」 (82)
趣里演じる妊娠中のスズ子は、ジャズカルメンのリハーサルに取り組む。一方、水上恒司が演じる愛助は、小雪扮するトミに結婚の承認を求めるものの、事態は思わしく進まず、二人は初日の舞台を迎えるまでに別々の道を歩むことになる。

朝ドラ「ブギウギ」83話あらすじ

83話第18週「あんたと一緒に生きるで」 (83)
趣里演じるスズ子が主演するジャズカルメンは高い評価を受けるが、水上恒司扮する愛助は病気のために東京への旅行を諦めざるを得ない。千秋楽の日、菊地凛子が演じるりつ子がスズ子の楽屋を訪れる展開となる。

朝ドラ「ブギウギ」84話あらすじ

84話第18週「あんたと一緒に生きるで」 (84)
出産が迫る中、趣里扮するスズ子と水上恒司演じる愛助は10日間も会うことができず、スズ子は愛助の安否を案じる。心配に駆られた彼女は、近藤芳正が演じる山下に愛助のことを詰問する。

朝ドラ「ブギウギ」85話あらすじ

85話第18週「あんたと一緒に生きるで」 (85)
水上恒司演じる愛助の健康状態は依然として芳しくなく、彼と趣里扮するスズ子は会うことができずにいた。その中でスズ子に陣痛が訪れる。同時に、黒田有が演じる坂口には大阪から緊急の知らせが届く

朝ドラ「ブギウギ」86話あらすじ

86話第18週「あんたと一緒に生きるで」 (86)
出産から2日が経ったスズ子(演:趣里)は、山下(演:近藤芳正)たちの様子が普段と異なることに気づく。彼女が何が起こったのか尋ねると、山下は水上恒司演じる愛助が亡くなったことを伝える。

朝ドラ「ブギウギ」87話あらすじ

87話第19週「東京ブギウギ」 (87)
スズ子は、生後3ヶ月の愛子を育てながら忙しい毎日を送っていた。そんな折、トミが大阪から重要な話を持って彼女のもとを訪れた。

朝ドラ「ブギウギ」88話あらすじ

88話第19週「東京ブギウギ」 (88)
趣里演じるスズ子が、草彅剛の羽鳥善一に楽曲制作を依頼。その頃、市川実和子扮する麻里は、スズ子の育児への負担を気遣う。突然、スズ子の娘・愛子が高熱に見舞われる事件が発生する。

朝ドラ「ブギウギ」89話あらすじ

89話第19週「東京ブギウギ」 (89)
香川から梅吉(演:柳葉敏郎)が趣里演じるスズ子とその娘愛子を訪ねて来る。同時に、新曲制作で苦戦していた草彅剛扮する羽鳥は、列車に乗っている最中に突然ひらめき、メロディが浮かんでくる。

朝ドラ「ブギウギ」90話あらすじ

90話第19週「東京ブギウギ」 (90)
草彅剛が演じる羽鳥の「東京ブギウギ」が素晴らしい作品に仕上がる。近藤芳正の山下が、この曲を米兵の前でレコーディングすることを提案する。趣里のスズ子は、米兵に取り囲まれながら、録音に挑むことになる!

朝ドラ「ブギウギ」91話あらすじ

91話第19週「東京ブギウギ」 (91)
愛子の介護が原因で、羽鳥とスズ子の練習はしばしばストップ。この状況に頭を悩ます中、意外な人物が登場。ショーの日が来て、「東京ブギウギ」のリズムに乗り、ブギの女王が輝く瞬間が訪れる。

朝ドラ「ブギウギ」92話あらすじ

92話第20週「ワテかて必死や」 (92)
趣里演じるスズ子が「東京ブギウギ」で「ブギの女王」に輝く物語。しかし、みのすけが演じる芸能記者鮫島に取材されたことから、予期せぬ騒動に巻き込まれる展開が待っている。

朝ドラ「ブギウギ」93話あらすじ

93話第20週「ワテかて必死や」 (93)
田中麗奈扮する夜の女たちの首領、おミネが現れ、趣里が演じるスズ子に対し、芸能雑誌の記事に不満を述べる。この誤解を晴らすべく、スズ子は有楽町のガード下におミネと会うために赴く。

朝ドラ「ブギウギ」94話あらすじ

94話第20週「ワテかて必死や」 (94)
趣里演じるスズ子が田中麗奈のおミネと心を開いて語り合った後、ある日、街角で困っていた靴磨きの少年を救出し、彼を自宅へ送り届けることに。驚くことに、その家には藤間爽子が演じるタイ子が待っていた。

朝ドラ「ブギウギ」95話あらすじ

95話第20週「ワテかて必死や」 (95)
蒼昴が演じる達彦からタイ子(藤間爽子)の過去を聞いたスズ子(趣里)は、彼女を支えたい一心で、田中麗奈扮するおミネに特別な助言を求める。

朝ドラ「ブギウギ」96話あらすじ

96話第20週「ワテかて必死や」 (95)
スズ子とタイ子が会話している間、羽鳥は作曲で苦労していた。しかし、スズ子の言葉からインスピレーションを受け、新曲「ジャングル・ブギー」を創り出し、その曲で見事なパフォーマンスを披露する。

朝ドラ「ブギウギ」97話あらすじ

97話第21週「あなたが笑えば、私も笑う」 (97)
タイ子(藤間爽子)が健康を取り戻し、重要な決意をスズ子(趣里)に告げる。その一方で、スズ子はタナケン(生瀬勝久)主演の映画で共演し、撮影現場へ愛子を同伴する展開が待ち受ける。

朝ドラ「ブギウギ」98話あらすじ

98話第21週「あなたが笑えば、私も笑う」 (98)
愛子の問題についてタナケン(生瀬勝久)から非難されたスズ子(趣里)。別の場面では、鮫島(みのすけ)がりつ子(菊地凛子)の前に現れ、スズ子に対する否定的な記事執筆を提案する。

朝ドラ「ブギウギ」99話あらすじ

99話第21週「あなたが笑えば、私も笑う」 (99)
スズ子(趣里)がりつ子(菊地凛子)との対話で、ブギの流行は長くは続かないと聞かされる。同時に、タナケン(生瀬勝久)と共演する映画の撮影はクライマックスに差し掛かる。

朝ドラ「ブギウギ」100話あらすじ

100話第21週「あなたが笑えば、私も笑う」 (100)
趣里演じるスズ子が草彅剛の羽鳥善一にブギ風の新曲を依頼。その後、ある晩、菊地凛子扮する茨田りつ子が彼女の住まいに意外な訪問を果たす。

朝ドラ「ブギウギ」101話あらすじ

101話第21週「あなたが笑えば、私も笑う」 (101)
菊地凛子演じるりつ子の推薦で、木野花の大野晶子が家政婦として雇われることに。趣里のスズ子は、小野美音が演じる愛子を初めて家に残し、仕事へ向かう決意をする。

朝ドラ「ブギウギ」102話あらすじ

102話第22週「あ〜しんど♪」 (102)
大野がニンジン嫌いの愛子に特別なレシピを伝授する一方で、スズ子はりつ子から大野家の歴史を耳にする。二つの物語が交錯し、家族と食の大切さを探る。

朝ドラ「ブギウギ」103話あらすじ

103話第22週「あ〜しんど♪」 (103)
スズ子がタナケンの見舞いに訪れるものの、後に羽鳥に新曲について相談すると、「ブギはもう古い」と告げられる。新しいインスピレーションを求める彼女の物語。

朝ドラ「ブギウギ」104話あらすじ

104話第22週「あ〜しんど♪」 (104)
トミの訃報に接した山下は、遺影の前で深い決意を固める。その頃、スズ子は羽鳥から意外な新曲を受け取り、新たな道が開け始める。

朝ドラ「ブギウギ」105話あらすじ

105話第22週「あ〜しんど♪」 (105)
スズ子(趣里)とタケシ(三浦りょう太)は、「買物ブギ」という新しい曲を受け取るために、羽鳥(草彅剛)のもとへ行く。この訪問は山下(近藤芳正)がタケシを選んで同行させた結果である。

朝ドラ「ブギウギ」106話あらすじ

106話第22週「あ〜しんど♪」 (106)
不安を抱えるスズ子(趣里)は、遅れてきたタケシ(三浦りょう太)に舞台への集中を促す。ショーが進む中、「買物ブギ」という新曲で会場は大盛り上がりを見せる。

朝ドラ「ブギウギ」107話あらすじ

107話第23週「マミーのマミーや」 (107)
羽鳥(演:草彅剛)がアメリカでの公演を提案する。スズ子(演:趣里)は海外の観客の前で自分を試したいと考える一方で、愛子(演:小野美音)を同伴できない事実に悩む。

朝ドラ「ブギウギ」108話あらすじ

108話第23週「マミーのマミーや」 (108)
スズ子(演:趣里)はアメリカへの旅を決意するも、愛子(演:小野美音)は置き去りにされることに不満を抱く。出発当日、スズ子は心が痛む中、家を離れる。

朝ドラ「ブギウギ」109話あらすじ

109話第23週「マミーのマミーや」 (109)
趣里演じるスズ子が米国滞在からの帰国後、一年が経過。その時、梅吉(演:柳葉敏郎)ががんで重態にあるとの知らせが届く。スズ子は小野美音が演じる愛子と共に、香川県へ急行する。

朝ドラ「ブギウギ」110話あらすじ

110話第23週「マミーのマミーや」 (110)
趣里扮するスズ子が、柳葉敏郎演じる梅吉の状態を香川で確認。医師からその夜が正念場であると告げられた後、スズ子は眠る梅吉のもとで、過去の思い出に浸りながら彼に語りかける。

朝ドラ「ブギウギ」111話あらすじ

111話第23週「マミーのマミーや」 (111)
柳葉敏郎が演じる梅吉の葬式にて、趣里演じるスズ子はある初老の女性と視線を交わす。その女性は、スズ子の実母であるキヌ(中越典子演)だった。この偶然の再会から、二人は対話の機会を持つことになる。

朝ドラ「ブギウギ」112話あらすじ

112話第24週「ものごっついええ子や」 (112)
善一(草彅剛)の2000曲目の祝賀会で、スズ子(趣里)とりつ子(菊地凛子)にエンターテイメントを頼まれる。だが、りつ子は本番直前まで参加を悩んでいる。

朝ドラ「ブギウギ」113話あらすじ

113話第24週「ものごっついええ子や」 (113)
趣里演じるスズ子が、このかの演じる愛子の8歳の誕生日パーティを計画するが、愛子は友達がおらず孤独。スズ子は愛子の状況を市川実和子の麻里に打ち明け、助けを求める。

朝ドラ「ブギウギ」114話あらすじ

114話第24週「ものごっついええ子や」 (114)
愛子の行方不明が報告された後、スズ子は彼女を必死に捜索するが見つからない。そこで、事件として警察に通報し、刑事高橋が捜査を開始する状況になる。

朝ドラ「ブギウギ」115話あらすじ

115話第24週「ものごっついええ子や」 (115)
再度、男からの電話を受けたスズ子。彼の要求に従い、タケシは3万円を携えて日帝劇場のロビーへと午後3時に向かうことになる。

朝ドラ「ブギウギ」116話あらすじ

116話第24週「ものごっついええ子や」 (116)
愛子が無事帰宅し、誘拐犯が逮捕された後、彼女は学校を3日間休む。この事態を受けて、スズ子は愛子の心のケアを考え、刑事の高橋に特別な依頼をすることになる。

朝ドラ「ブギウギ」117話あらすじ

117話第25週「ズキズキするわ」 (117)
ブギブームの勢いが衰える時期に、スズ子(趣里)が大晦日の音楽番組への出演依頼を承諾する。だが、彼女のパフォーマンスの直前には、新進気鋭の歌手、水城アユミ(吉柳咲良)がステージに立つことになっていた。

朝ドラ「ブギウギ」118話あらすじ

118話第25週「ズキズキするわ」 (118)
年末の大舞台で、ベテランのスズ子(演:趣里)が、新進気鋭の歌手・水城アユミ(演:吉柳咲良)と歌の勝負を展開する。驚くべきことに、アユミからスズ子へ特別な頼みごとが寄せられた。

朝ドラ「ブギウギ」119話あらすじ

119話第25週「ズキズキするわ」 (119)
若手歌手の水城アユミ(演:吉柳咲良)から、「ラッパと娘」の歌唱を依頼されたスズ子(演:趣里)は、どう答えるべきか決めかねていた。解決策を求め、スズ子は羽鳥善一(演:草彅剛)のもとへ助言を請うことにする。

朝ドラ「ブギウギ」120話あらすじ

120話第25週「ズキズキするわ」 (120)
学校のかけっこで敗れた愛子(演:このか)が学校へ行くことを拒否し始める。その母・スズ子(演:趣里)は、愛子に自身で解決策を見つけるよう助言し、その後自らは羽鳥(演:草彅剛)の元へと足を運ぶ。

朝ドラ「ブギウギ」121話あらすじ

121話第25週「ズキズキするわ」 (121)
昭和31年の大晦日、第7回オールスター男女歌合戦が開催される日、水城アユミ(吉柳咲良)は「ラッパと娘」、福来スズ子(趣里)は「ヘイヘイブギー」を披露することに。この日、新進気鋭の歌手とベテラン歌手の間で繰り広げられる歌の競演が始まった。

朝ドラ「ブギウギ」122話あらすじ

122話第26週「世紀のうた 心のうた」 (122)
年末の歌合戦での素晴らしいパフォーマンスにより、スズ子(趣里)の評判は絶頂に達する。しかし、彼女は心に重大な決断を秘めており、その決意を胸に、羽鳥善一(草彅剛)のもとを訪れることにする。

朝ドラ「ブギウギ」123話あらすじ

123話第26週「世紀のうた 心のうた」 (123)
趣里演じるスズ子が、自らの歌手引退を菊地凛子扮する茨田りつ子に告げる一幕がある。これを受け、草彅剛が演じる羽鳥善一は、スズ子の決断を再考させる方法がないか、りつ子に助言を求める場面が展開される。

朝ドラ「ブギウギ」124話あらすじ

124話第26週「世紀のうた 心のうた」 (124)
趣里が演じるスズ子は、草彅剛演じる羽鳥との重要な対話を果たせずに、自身の引退会見の日を迎える。この会見は大きな注目を集め、多数のメディアが集結。その中には、みのすけ扮する鮫島も見られた。

朝ドラ「ブギウギ」125話あらすじ

125話第26週「世紀のうた 心のうた」 (125)
趣里演じるスズ子と草彅剛演じる羽鳥善一は、引退会見を終えてもなお、心を通わせる機会を持てずにいた。しかし、遂に彼らは、共に数多くの名曲を創り上げてきた経緯を背景に、お互いの深い感情を素直に語り合う時を迎える。

朝ドラ「ブギウギ」最終回126話あらすじ

126話第26週「世紀のうた 心のうた」 (126)
趣里が演じる福来スズ子、勇気あふれる歌声で多くを鼓舞した歌手が、彼女のキャリアに幕を下ろす最終公演を迎える。客席は照明が消え、一瞬の静寂が訪れる。その静けさの中、草彅剛扮する羽鳥善一のピアノの旋律がゆっくりと空間を満たし始める。

\NHKのドラマを見るなら!/

朝ドラ「ブギウギ」の主演ヒロイン

朝ドラ ブギウギ  主演ヒロイン

朝ドラ「ブギウギ」のヒロインは花田鈴子役は趣里さんで、少女時代は澤井梨丘さんが演じます。

趣里さんは2000人を超える応募者の中からオーディションで主役に選出されており、澤井梨丘さんはドラマ初出演です。

朝ドラ「ブギウギ」のモデル

朝ドラ「ブギウギ」主人公花田鈴子のモデルとなったのは昭和歌手の笠置シヅ子さんです。

彼女は戦前から戦後にかけて活躍し、特に戦後は「ブギの女王」と称されました。

当時、静かな歌唱スタイルが主流だった中、彼女は躍動感あるリズムと派手なダンスを取り入れ、邦楽界に革新をもたらしています。

彼女の楽曲は今なお多くのアーティストによってカバーされ、日本のポップスに重要な影響を与え続けています。

西武園ゆうえんち夕日の丘商店街にて住人達と撮影したブギウギな映像、笠置シヅ子「東京ブギウギ」のミュージック・ビデオを公開!

現代もなお、愛され続ける「東京ブギウギ」は、昭和の活気、その時代の魅力が満載です!

朝ドラ「ブギウギ」のキャスト一覧

朝ドラ ブギウギ  キャスト一覧

朝ドラ「ブギウギ」のキャスト一覧は以下の通りです。

登場人物
(キャスト)
登場人物の特徴
朝ドラ ブギウギ
花田鈴子
(趣里)

銭湯の看板娘として大阪の下町で育った鈴子。幼少から歌と踊りが大好きで、道頓堀の梅丸少女歌劇団(USK)に入団。才能を開花させ、戦後は歌手として躍進する。
朝ドラ ブギウギ
羽鳥善一
(草彅剛)
生まれも育ちも大阪の作曲家。モデルは服部良一氏。ジャズを得意とし、「東京ブギウギ」「青い山脈」「別れのブルース」など数々の名曲を生み出す。鈴子が上京すると、その才能に魅了され彼女を一流の歌手へと導く。
朝ドラ ブギウギ
茨田りつ子
(菊地凛子)
モデルは青森出身の歌手で“ブルースの女王”と称された淡谷のり子さん。鈴子はラジオでのり子の『別れのブルース』を聴き、その歌声に感動し、彼女に憧れた。やがてふたりは生涯の良きライバルとなり、時に競り合い、時に助け合いながら芸能界を歩んでいく。
朝ドラ ブギウギ
花田梅吉
(柳葉敏郎)
生まれ故郷は香川で、大阪の下町・福島で銭湯を切り盛りし、個性豊かな常連客たちに親しまれる場を提供している。映画と芝居、美味しいもの、そしてお酒が大好きな、どこかでんでん太郎風の道楽者。情に厚く、鈴子の夢を心から応援する存在。
朝ドラ ブギウギ
花田ツヤ
(水川あさみ)
香川で生まれ育ち、いつも番台で勤勉に働き、銭湯の経営を支える要である。確かな実力を持ち、義理堅く人情深い。子供たちの幸せを最優先に考える、優しい母親である。
朝ドラ ブギウギ
花田六郎
(黒崎煌代)
鈴子より3歳下の弟。のんびり屋で、ちょっと抜けているところがある青年。拾ってきた亀を大事にしており、いつも一緒に過ごしている。
朝ドラ ブギウギ
大和礼子
(蒼井優)
大阪の梅丸少女歌劇団(USK)第1期生で、劇団をリードするトップスター。物語のヒロイン・鈴子の憧れの先輩であり、鈴子は礼子から踊りや歌への情熱を受け継いでいく。
朝ドラ ブギウギ
橘アオイ
(翼和希)
道頓堀に新しく誕生した梅丸少女歌劇団(USK)の第1期生で、男役の頂点に立つスター。力強く迫力ある踊りが持ち味。鈴子たち新メンバーの教育を担当し、厳格な指導を行っていく。
朝ドラ ブギウギ
白川幸子
(清水くるみ)
娘役としてUSKに同期入団した彼女は、仲の良い三人組の中心的存在。裕福な家庭で育ち、バレエの経験を持ち、技術面では鈴子たちより一歩先んじている。楽天的で器用な性格で、巧みな立ち回りができる才媛だ。
朝ドラ ブギウギ
桜庭辰美
(片山友希)
USKに鈴子と同期入団した男役。親しみやすく、明るい性格で、仲間内ではムードメーカー的存在。努力家で誠実な性格。家計を助けるために家業を手伝いながら、練習にも励んでいる。同じポジションの後輩、秋山に競り負けることで悩みを抱えている。

\NHKのドラマを見るなら!/

朝ドラ「ブギウギ」の配信を無料で見れるサブスクサービス一覧

朝ドラ「ブギウギ」の見逃し配信が視聴できる動画配信(サブスク)サービスを調査し、表にまとめました。

無料期間のあるサブスクサービスで見放題配信されていれば、見逃し配信が視聴できます。

また、無料期間中に付与されるポイントを利用してお得に視聴ができるケースもありますよ。

サービス 配信状況 サブスク料金
無料期間
公式サイト
u-next nhk アプリ
U-NEXT
(NHKオンデマンド)
見逃し配信あり 2,189円
31日間無料
>公式サイト
dmmtv アプリ
DMM TV
配信なし 550円
30日間無料
>公式サイト
tsutaya アプリ
TSUTAYA
DISCAS
配信なし 2,052円
30日間無料
>公式サイト
abema アプリ
ABEMA
プレミアム
配信なし 960円
14日間無料
>公式サイト
amazonプライムビデオ アプリ
Amazon
プライム
配信なし 600円
30日間無料
>公式サイト
lemino アプリ
Lemino
配信なし 990円
31日間無料
>公式サイト
d-anime アプリ
dアニメストア
配信なし 550円
初月無料
>公式サイト
telasa アプリ
TELASA
配信なし 618円
14日間無料
>公式サイト
geo アプリ
ゲオ
宅配レンタル
配信なし 2,046円
30日間無料
>公式サイト
hulu アプリ
Hulu
配信なし 1,026円
なし
>公式サイト
fod アプリ
FOD
配信なし 976円
なし
>公式サイト
netflix アプリ
Netflix
配信なし 790円〜
なし
>公式サイト
disney+ アプリ
Disney+
配信なし 990円
なし
>公式サイト
niconico アプリ
ニコニコ動画
配信なし 0円
なし
>公式サイト
youtube アプリ
Youtube
配信なし 0円〜
なし
>公式サイト
tver アプリ
TVer
配信なし 0円
なし
>公式サイト

※配信表の状況は2024年3月時点のものになります。

朝ドラ「ブギウギ」はNHKオンデマンドで見逃し配信されています!

朝ドラ「ブギウギ」を1話から最終回まで見逃し配信予定で、NHKオンデマンドなら、配信されている朝ドラ「ブギウギ」を無料トライアルを利用して視聴できますよ。

U-NEXTの無料期間の通常配布ポイントは600Pですが、本ページのリンクから登録するとNHKオンデマンドの支払いに利用できる1,000Pがもらえます。

NHKオンデマンドなら朝ドラ「ブギウギ」の配信されている動画を全話見放題で視聴することができます。

さらに

  • U-NEXTの31日間の無料期間も利用可能
  • 無料登録でもらえる1000PでNHKオンデマンドに登録可能
  • 無料期間中に解約できる

などのメリットがありますよ。

それでは、朝ドラ「ブギウギ」を配信している動画配信サービスについて詳しく見ていきましょう。

U-NEXTのNHKオンデマンドパックでお得に視聴!


ブギウギ u-next nhk

月額料金 2,189円(U-NEXT)
990円(NHKオンデマンド)
無料期間 31日間(U-NEXT)
購入日から月末まで(NHKオンデマンド)
初回特典 1,000ポイント付与
アプリの有無 アプリあり
ダウンロード 可能(U-NEXT)
不可(NHKオンデマンド対象作品)
同時視聴端末数 4台

「NHKオンデマンド」はNHK朝ドラの見逃し配信を視聴できるサブスクサービスです。

「NHKオンデマンド」では朝ドラ「ブギウギ」が見逃し配信されており過去のエピソードも配信予定となっています。

「NHKオンデマンド」なら朝ドラ「ブギウギ」番組をいつでも好きな時間に視聴できます。1週間以上前の見逃した放送でもまとめて一気に見ることも可能!

U-NEXTにはアプリもあるのでスマートフォンやタブレットから視聴することもでき、2022年度後期の朝ドラである「舞いあがれ!」なども視聴が可能です。

「NHKオンデマンド」は、NHKの番組の見逃し配信や過去作品約1万本を楽しむことができるサービスで、U-NEXTからの契約が可能となっており月額990円で利用できます。

U-NEXTの無料期間の通常配布ポイントは600Pですが、以下のリンクから登録するとNHKオンデマンドの支払いに利用できる1,000Pがもらえます。

U-NEXTに無料会員登録後、ポイントを利用してNHKオンデマンドにも登録して完了です。

\NHKのドラマを見るなら!/

「NHKオンデマンド」の見放題パックは、申し込み日から月末までが契約期間なので注意してください。

Amazonプライム・ビデオで見逃し配信は視聴可能?

ブギウギ amazon

月額料金 600円(無料期間終了後に課金開始)
無料期間 30日間
初回特典 なし
アプリの有無 アプリあり
ダウンロード 可能

Amazonプライムビデオは通販サイトのAmazonが提供しているサブスク動画配信サービスで、無料期間が30日間あります。

調査した結果、2024年2月時点ではAmazonプライムビデオで朝ドラ「ブギウギ」の見逃し配信はされておらず、無料視聴はできません。

また、今後の見逃し配信予定も確認できませんでした。

ですが、朝ドラ「ブギウギ」に出演している趣里の出演作品である

・サワコ 〜それは、果てなき復讐
・勝手にふるえてろ
・ただいま、ジャクリーン

は見放題配信されています。

Amazonプライムビデオは、月額600円の「Amazonプライム」に加入することで利用可能な動画配信サービスです。

朝ドラ「ブギウギ」の見逃し配信はまだ確認できませんでしたが、国内ドラマ、アニメや音楽や電子書籍など、多数のサービスが利用できます。

Amazonプライムなら30日間の無料期間があるので、朝ドラ「ブギウギ」の見逃し配信がされれば、他の見放題作品とあわせて無料視聴できるかもしれませんよ。

\幅広い作品見放題/

TVerで最新話の見逃し配信は視聴可能?

ブギウギ tver

月額料金 0円
無料期間 なし
初回特典 なし
アプリの有無 アプリあり
ダウンロード 不可

TVerは民放テレビ局が提供しているテレビ番組の見逃し配信サービスです。

配信されるコンテンツはすべて無料で視聴が可能です。

調査した結果、2024年2月時点ではTVerで朝ドラ「ブギウギ」の見逃し配信は予定されておらず、無料視聴はできません。

朝ドラ「ブギウギ」の見逃し配信は確認できませんでしたが、NHKは一部作品をTVerで配信していることから今後見られるようになるかもしれません。

もし朝ドラ「ブギウギ」が見逃し配信されれば1週間限定ですがTVerでも無料視聴できますよ。

\見逃し配信完全無料/

朝ドラ「ブギウギ」の配信でよくある質問と回答

ここからは、朝ドラ「ブギウギ」についてのよくある質問を紹介していきます。

それでは詳しく見ていきましょう。

朝ドラ「ブギウギ」の主題歌は?

朝ドラ「ブギウギ」の主題歌は以下の1曲が決定しています。

曲名/タイトル 歌手
主題歌 ハッピー☆ブギ 趣里・中納良恵(EGO-WRAPPIN’)・さかいゆう

ドラマの音楽担当の服部隆之さんが作詞作曲し、ヒロインの趣里さんを含めた3人が歌唱する曲となっていますよ。

朝ドラ「ブギウギ」の配信はNHKプラスで見れる?

「NHKプラス」は、NHKの番組のリアルタイム配信と見逃し配信がメインのサービスで、1週間以上前に放送された番組は基本的には視聴できませんが、NHK契約世帯なら月額料金は無料となっています。

朝ドラ「ブギウギ」は「NHKプラス」で放送から1週間、見逃し配信されています。

ですが「NHKプラス」だと1週間限定配信となっているので、それ以上見逃してしまうと追いかけることができません。

「NHKオンデマンド」は、NHKの番組の見逃し配信や過去作品約1万本を楽しむことができるサービスで、U-NEXTからの契約が可能となっており月額990円で利用できます。

「NHKプラス」と違って1週間限定ではなく、過去の放送も配信されています!

「NHKオンデマンド」では朝ドラ「ブギウギ」が見逃し配信されており過去のエピソードも視聴できます。

「NHKオンデマンド」なら朝ドラ「ブギウギ」の番組をいつでも好きな時間に視聴できます。1週間以上前の見逃した放送でも、まとめて一気に見ることも可能!

U-NEXTの無料期間の通常配布ポイントは600Pですが、以下のリンクから登録すると「NHKオンデマンド」の支払いに利用できる1,000Pがもらえます。

\NHKのドラマを見るなら!/

「NHKオンデマンド」の見放題パックは、申し込み日から月末までが契約期間なので月初めの登録がおすすめです。

朝ドラ「ブギウギ」の次の朝ドラ作品は?

朝ドラ「ブギウギ」は2023年後期の朝ドラとなっていますが、次枠である2024年度前期に始まる朝ドラは「虎に翼」というタイトルであることが公表されています。

主演ヒロイン猪爪寅子役には伊藤沙莉さんが決定しています。

主人公のモデルである三淵嘉子さんは、日本で初めての女性弁護士であり、その後裁判官としても活躍しており、彼女の半生が描かれます。

朝ドラ「ブギウギ」の夜の放送はある?

結論からお伝えすると、夜の放送はありません。

放送時間は、NHK総合テレビで朝ドラ「ブギウギ」は2023年10月秋より月曜~土曜日の午前8時~8時15分(15分)に放送されています。

また土曜日の午後0時45分~1時まで、NHK総合テレビで朝ドラ「ブギウギ」は再放送されています。

さらに日曜日午前11時~11時15分までと翌・月曜午前4時45分~5時までは土曜日に放送された1週間振り返りを再放送します。

BSでは午前9時25分~10時40分まで月曜日~土曜日放送分までの朝ドラ「ブギウギ」を一挙再放送します。

朝ドラ「ブギウギ」の配信情報まとめ

ここまで、朝ドラ「ブギウギ」についての様々な情報を見てきました。

朝ドラ「ブギウギ」の配信状況について改めて確認していきましょう。

サービス 配信状況 サブスク料金
無料期間
公式サイト
u-next nhk アプリ
U-NEXT
(NHKオンデマンド)
見逃し配信あり 2,189円
31日間無料
>公式サイト
dmmtv アプリ
DMM TV
配信なし 550円
30日間無料
>公式サイト
tsutaya アプリ
TSUTAYA
DISCAS
配信なし 2,052円
30日間無料
>公式サイト
abema アプリ
ABEMA
プレミアム
配信なし 960円
14日間無料
>公式サイト
amazonプライムビデオ アプリ
Amazon
プライム
配信なし 600円
30日間無料
>公式サイト
lemino アプリ
Lemino
配信なし 990円
31日間無料
>公式サイト
d-anime アプリ
dアニメストア
配信なし 550円
初月無料
>公式サイト
telasa アプリ
TELASA
配信なし 618円
14日間無料
>公式サイト
geo アプリ
ゲオ
宅配レンタル
配信なし 2,046円
30日間無料
>公式サイト
hulu アプリ
Hulu
配信なし 1,026円
なし
>公式サイト
fod アプリ
FOD
配信なし 976円
なし
>公式サイト
netflix アプリ
Netflix
配信なし 790円〜
なし
>公式サイト
disney+ アプリ
Disney+
配信なし 990円
なし
>公式サイト
niconico アプリ
ニコニコ動画
配信なし 0円
なし
>公式サイト
youtube アプリ
Youtube
配信なし 0円〜
なし
>公式サイト
tver アプリ
TVer
配信なし 0円
なし
>公式サイト

※配信表の状況は2024年3月時点のものになります。

配信状況が「見逃し配信あり」となっていて無料期間のある動画配信サービスなら朝ドラ「ブギウギ」を無料トライアルを利用して見放題で視聴することができます。

朝ドラ「ブギウギ」はNHKオンデマンドで見逃し配信されています!

朝ドラ「ブギウギ」の見逃し配信を視聴したいなら、NHKオンデマンドを無料トライアルを利用して見放題視聴ができるU-NEXTがおすすめです。

さらに、無料トライアル終了前に解約することも可能なので、無料期間終了までに解約すれば料金がかからずに配信されている動画の視聴ができますよ。

\NHKのドラマを見るなら!/

NHKオンデマンドの見放題パックは、申し込み日から月末までが契約期間なので月初めの登録がおすすめです。

この記事を書いた人

K-boardは、韓国のエンタメ情報や美容、グルメ、文化、ファッション、旅行情報などを掲載している韓国好きのココロを満たす情報サイトです。

運営:ワールド・ハイビジョン・チャンネル株式会社

目次