K-board
急上昇

『青春18×2 君へと続く道』企画者チャン・チェン。一期一会をモットーにした代表作を振り返る!

『青春18×2 君へと続く道』企画者チャン・チェン。一期一会をモットーにした代表作を振り返る!

映画化を企画した立役者チャン・チェン

(C)2024「青春18×2」Film Partners

 人生でつまずいた主人公が里帰りする。特に目的があるわけではない。ただその場所を始点にもう一度歩き出すため。といっても、その新しい第一歩は、力強く踏み出されるものでもない。ただなんとなくの一歩。さらにまた一歩。という具合に地元をぷらぷら歩いていると、向こうから一台のバイクがやってくる。ジミー(シュー・グァンハン)の横を通り過ぎる。『青春18×2 君へと続く道』冒頭近くのこの場面を見て、あぁなんて映画的な瞬間なんだろうと思った。

 日本映画にはない台湾映画の良さ、エッセンスが漂ってくるのは、きっと立役者がいるからだろう。台湾出身のジミー・ライによる紀行エッセイを原作とする本作の映画化を企画したのは、チャン・チェンなのだ。その固有名詞を聞いただけで、映画ファンなら背筋がピンとなる。いや、でももしかすると世代によってはあまりピンとこないかもしれない。それなら例えば、今をときめくハリウッドの至宝ティモシー・シャラメ主演の『DUNE/デューン 砂の惑星』(2020年、以下、『DUNE』)はどうか。

 同作でシャラメ演じるポールの主治医を演じているのが、チャン・チェンその人。1991年のスクリーンデビューからまさかシャラメの超大作で重要な役どころを担うなんて。キャスティングにどこまで口を出しているのかわからないが、ドゥニ・ヴィルヌーブ監督はきっとチェンのファンなんだろうと思う。フランシス・フォード・コッポラ監督が『ゴッドファーザー』(1972年)でアル・パチーノのボディーガード役としてフランコ・チッティを配役していたように、脇役は趣味の領域でもあるからだ。なら、『青春18×2 君へと続く道』の藤井道人監督はどうかというと、企画者でありエグゼクティブ・プロデューサーでもあるチェンとともにした現場はやっぱり夢のような体験だったよう。その体験が台湾映画的な雰囲気が流れる画面上の現実としてちゃんと経験できるのだから、映画というのは長い時を経て不思議な縁でつながっているものだ。

【見逃し厳禁!】低視聴率なのに高評価?隠れた名作韓国ドラマ7選
次のページ : 色気3人組が徒党を組んだ作品

こんな記事も読まれています

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

コメントがまだありません。推し俳優や推し作品について語りましょう!!

この記事の画像  2枚

Writer info

加賀谷健

コラムニスト・音楽企画プロデューサー。クラシック音楽を専門とするプロダクションで...

more

Recommend関連記事

この記事について報告する

Popular人気記事&コンテンツ

Weekly Vote今週の対決

投票する

Pollアンケート

あなたの好きな恋愛ドラマは?

あなたの好きな恋愛ドラマは?
星から来たあなた
コーヒープリンス1号店
よくおごってくれる綺麗なお姉さん
太陽の末裔
美男ですね
マイ・プリンセス
青い海の伝説
ドクターズ~恋する気持ち
麗~花萌ゆる8人の皇子たち
ヒーラー〜最高の恋人〜
私の名前はキム・サムスン
運命のように君を愛してる
宮 −クン− 〜Love in Palace〜
キルミー・ヒールミー
相続者たち
ピノキオ
彼女はキレイだった
シークレット・ガーデン
トッケビ~君がくれた愛しい日々~
アンケートに答える

Official SNS公式SNS

PR Storyいま読みたい記事

BS無料放送ならBS12 トゥエルビ

Popular Tags人気のタグ

韓国ドラマ ラブロマンス K-POP 韓流 俳優 女優 おすすめ 中国ドラマ 時代劇 視聴率

Pick Upピックアップ