K-board

【ネタバレ】『パスタ~恋ができるまで~』のキャスト&あらすじは?注目ポイント満載のラブコメディ!

イケメン&個性派揃い!『パスタ~恋ができるまで~』のキャスト

http://img.imbc.com/broad/tv/drama/pasta/images/cast_chef_tree.jpg

主演&メインキャスト

【コン・ヒョジン(ソ・ユギョン役)】

1980年4月4日生まれ。高校在学中にCM出演を果たした後、1999年の映画『少女たちの遺言』で女優デビューしました。主な出演は、ドラマ『乾パン先生とこんぺいとう』(2005年)、『主君の太陽』(2013年)、『大丈夫、愛だ』(2014年)、『プロデューサー』(2015年)、『椿咲く頃』(2019年)、映画『ラブフィクション』(2012年)、『スピード・スクワッド ひき逃げ専門捜査班』(2019年)、『最も普通の恋愛』(2019年)など。

【イ・ソンギュン(チェ・ヒョヌク役)】

1975年3月2日生まれ。2001年のミュージカル『ロッキーホラーショー』で俳優デビュー後、ドラマや映画などを中心に活躍しています。主な出演は、ドラマ『コーヒープリンス1号店』(2007年)、『マイ・スイート・ソウル』(2008年)、『ゴールデンタイム』(2012年)、『ミス・コリア』(2013年)、『今週、妻が浮気します』(2016年)、『マイ・ディア・ミスター〜私のおじさん〜』(2018年)、映画『最後まで行く』(2014年)、『PMC:ザ・バンカー』(2018年)、『パラサイト 半地下の家族』(2019年)など。

【アレックス(キム・サン役)】

1979年9月2日生まれ。2004年にデビューした韓国のラウンジ系プロジェクトグループ『CLAZZIQUAI PROJECT(クラジクワイ・プロジェクト)』に2001年頃から参加。ボーカルを担当し、日本での活動経歴も持つ他、俳優やタレントとしてもマルチな活動を見せています。主な出演は、『メディカル・トップチーム』(2013年)、『ホテルキング』(2014年)、『私だってお母さん』(2018年)など。

【イ・ハニ(オ・セヨン役)】

1983年3月2日生まれ。2006年にミスコリアで優勝後、翌年の『ミス・ユニバース世界大会』で第4位に。以降、モデルや女優として活躍しています。主な出演は、ドラマ『サメ ~愛の黙示録~』(2013年)、『逆賊-民の英雄ホン・ギルドン-』(2017年)、『熱血司祭』(2019年)、映画『タチャ~神の手~』(2014年)、『エクストリーム・ジョブ』(2019年)など。

イタリア料理店『ラ・スフェラ』の従業員&元従業員

【イ・ヒョンチョル(ナンバー2 “国内派”“スーシェフ”クム・ソゴ役)】

1971年2月19日生まれ。1995年、KBS公採タレント17期としてデビューし、俳優として数々の作品に出演しています。主な出演は、ドラマ『チャン・オクチョン』(2013年)、『黒の旋律』(2013年)、『女王の花』(2015年)、『最後から二番目の恋』(2016年)、『棘<トゲ>と蜜』(2017年)、映画『とかげの可愛い嘘』(2006年)、『ヨンガシ 変種増殖』(2012年)など。

【チョ・サンギ(ナンバー5 “国内派”焼き物担当 チョン・ホナム役)】

1975年2月18日生まれ。1996年の映画『ミジ王』でひゅうデビューを果たしました。主な出演は、ドラマ『乾パン先生とこんぺいとう』(2005年)、『イルジメ〜一枝梅』(2008年)、『チョン・ヤギョン』(2009年)、『ロイヤルファミリー』(2011年)、『ゴールデンタイム』(2012年)、 『ミス・コリア』(2013年)、映画『救世主』(2006年)、『救世主2』(2009年)、『パーフェクト・ボウル 運命を賭けたピン』(2016年)など。

【ペク・ポンギ(ナンバー7 “国内派”前菜担当 ミン・スンジェ役)】

1980年12月16日生まれ。2001年のドラマ『学校4』で俳優デビューしました。主な出演は、ドラマ『ラブホリック』(2005年)、『乾パン先生とこんぺいとう』(2005年)、『ドキドキ My Love』(2011年)、『ミス・コリア』(2013年)、映画『マルチュク青春通り』(2004年)、『ゴールデンスランバー』(2018年)など。

【ホ・テヒ(ナンバー8 “国内派”冷料理担当 ハン・サンシク役)】

1980年4月7日生まれ。2001年に本名“ホ・スンジェ”名義でコメディアンとしてデビュー。2005年のドラマ『新入社員』への出演から俳優に転身しました。主な出演は、ドラマ『シークレット・ガーデン』(2010年)、『ロマンスが必要』(2011年)、『ロマンスが必要2』(2012年)、『ミス・コリア』(2013年)、『テバク』(2016年)、『春が来るのかな、春』(2019年)など。

【チェ・ジニョク (ナンバー3 “イタリア派”パスタ担当:ソヌ・ドク役)】

1985年2月9日生まれ。2006年にKBSの『サバイバルスターオーディション』で大賞を獲得し、ドラマ『ひとまず走れ』で本名の“キム・テホ”として俳優デビュー。『パスタ~恋が出来るまで~』の出演後に、活動名を改名しました。主な出演は、ドラマ『ロマンスが必要』(2011年)、『九家の書〜千年に一度の恋〜』(2013年)、『愛の迷宮-トンネル』(2017年)、『皇后の品格』(2018年)、映画『神の一手』(2014年)、『恋するヴァンパイア』(2015年、日本映画)など。

【ノ・ミヌ (ナンバー4 “イタリア派”パスタ担当:フィリップ役)】

1986年5月29日生まれ。祖父が日本人、母は演歌歌手。2004年、X JAPANのYOSHIKIプロデュースによりデビューしたロックバンド『The TRAX』で“Rose”という名義でドラム、ギターを担当。2006年の脱退後は俳優に転身。モデル・タレントとしても活動する他、2009年には『24/7』、2013年にはロックバンド『ICON』を結成しました。主な出演は、ドラマ『僕の彼女は九尾狐』(2010年)、『愛の有効期間』(2013年、中国ドラマ)、『最高の結婚』(2014年)、『検法男女 シーズン2』(2019年)、映画『Story Of Wine』(2008年)、『霜花店』(2008年)、『ミョンリャン』(2014年)など。

【ヒョヌ(ナンバー6 “イタリア派”パスタ&リゾット担当 イ・ジフン役)】

1985年1月18日生まれ。2008年の映画 『霜花店』で俳優デビュー後、ノ・ミヌらと共に音楽グループ『24/7』で2009年から2017年頃まで活動していました。主な出演は、『根の深い木』(2011年)、『テバク』(2016年)、『月桂樹洋服店の紳士たち』(2016年)、『素晴らしき、私の人生』(2017年)、『魔女の愛』(2018年)、映画『殺人漫画』(2013年)など。

【チェ・ジェファン(ナンバー10 “イタリア派”厨房補助 チョン・ウンス役)】

1983年7月15日生まれ。2004年の映画『マルチュク青春通り』で俳優デビューし、多くのドラマ・映画などの作品に登場しています。主な出演は、ドラマ『カインとアベル』(2009年)、『ペク・ドンス』(2011年)、『ミス・コリア』(2013年)、『ホグの愛』(2015年)、『キム課長とソ理事』(2017年)、映画『赤ちゃんと僕』(2008年)、『国家代表』(2009年)など。

【ハ・ジェスク(元ナンバー2 “退出派”イ・ヒジュ役)】

1979年1月7日生まれ。2000年のミュージカルで舞台女優としてデビュー後、2006年頃からドラマや映画にも出演しています。主な出演は、『福寿草』(2012年)、『空港に行く道』(2016年)、『江南ロマン・ストリート』(2017年)、『パフューム』(2019年)、『絶対彼氏。』(2019年)、映画『国家代表2』(2016年)、『色男ホ・セク』(2019年)など。

【チョン・ダヘ(ホナムの恋人 “退出派”パク・ミヒ役)】

1985年6月18日生まれ。2001年のドラマ『ピアノ』で女優としてデビューしました。主な出演は、ドラマ『ブッとび!ヨンエさんシーズン1』(2007年、~“シーズン15”まで出演)、『品位のある彼女』(2017年)、『ここに来て抱きしめて』(2018年)、映画『オオカミの誘惑』(2004年)、『その女その男の内部事情』(2012年)など。

【ソン・ソンユン(ミヒの妹 “退出派”パク・チャニ約)】

1984年8月24日生まれ。2005年にCMモデルとしてデビュー後、女優としてドラマや映画などを中心に活躍しています。主な出演は、ドラマ『ブッとび!ヨンエさんシーズン6』(2009年)、『マイ・プリンセス』(2011年)、『花郎』(2016年)、『私の愛、あなたの秘密』(2018年)、『真心が届く』(2019年)など。

【イ・ソンミン(『ラ・スフェラ』の元雇われ社長 ホール見習い ソル・ジュンソク役)】

1968年12月4日生まれ。大学卒業後に演劇俳優として活動をスタートさせ、2006年より映画にも出演するようになりました。主な出演は、ドラマ『マイ・プリンセス』(2011年)、『ゴールデンタイム』(2012年)、『ミス・コリア』(2013年)、『ミセン~未生~』(2014年)、『ホグの愛』(2015年)、映画『ロボット、音』(2016年)、『スピード・スクワッド ひき逃げ専門捜査班』(2019年)など。

【チェ・ミンソン(ユギョンの友人 ホール係 ネモ役)】

1987年1月1日生まれ。2009年のドラマ『あの方がいらっしゃる』で俳優としてデビュー。現在は、“チェ・ミン”という名義で活動しています。主な出演は、ドラマ『わが愛しの蝶々夫人』(2012年)、『パパはスーパースター!?』(2015年)、『ヨンパリ』(2015年)、『雪蓮花』(2015年)、『イケメン ライダーズ』(2015年)、『シンデレラと4人の騎士』(2016年)など。

その他の周辺人物

【キム・ガン(サンの姉 ピョン・ジョンス役)】

1974年4月15日生まれ。1993年にモデルデビュー。国内外でモデル活動のキャリアを重ね、現在は女優として活躍しています。主な出演は、ドラマ『ラスト・スキャンダル』(2008年)、『彼女たちの完璧な1日』(2013年)、『伝説の魔女』(2014年)、『最高の恋人』(2015年)、『復讐のカルテット』(2017年)、映画『ホワイト』(2011年)など。

【チャン・ヨン(ユギョンの父 ソ・ジョング役)】

1945年4月8日生まれ。1971年、TBC公開採用タレント11期としてデビューし、俳優として活躍しています。主な出演は、ドラマ『チェオクの剣』(2003年)、『カインとアベル』(2009年)、『結婚してください』(2010年)、『ゴールデンタイム』(2012年)、『わが愛しの蝶々夫人』(2012年)、『ミス・コリア』(2013年)、『パーフェクトカップル』(2016年)、『私の愛、あなたの秘密』(2018年)など。

【キム・ドンヒ(ユギョンの弟 ソ・ユシク役)】

1979年6月6日生まれ。姉は女優キム・ヘス、兄は俳優のキム・ドンヒョンであることが知られています。2006年からCMやMVへの出演を中心に活動しており、2009年のドラマ『善徳女王』で俳優デビューを果たしました。その他の主な出演は、『階伯-ケベク-』(2011年)など。

【ユン・ヨンヒョン(『ラ・スフェラ』食材納入業者の可楽市場「兄弟商会」主人 グァンテ役)】

1969年5月3日生まれ。1994年、MBC公開採用タレント23期としてデビューし、俳優として活躍しています。主な出演は、『朱蒙』(2006年)、『奇皇后』(2013年)、『離婚弁護士は恋愛中』(2015年)、『ミセスコップ』(2015年)、『オクニョ 運命の女』(2016年)、『恋する泥棒』(2017年)、『皇后の品格』(2018年)など。

次のページ : 気になるドラマのあらすじ!

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

投稿がありません。

この記事の画像  4枚

Writer info

Shizuka

Webライター、翻訳家(日・韓・英)として活動しています。 観光、グルメ、K-POP、映...

more

Recommend関連記事

この記事について報告する

Peechik掲示板へのコメント

もっと見る

Comment記事へのコメント

Popular人気記事&コンテンツ

Weekly Vote今週の対決

投票する

Pollアンケート

好きな韓国芸能事務所は?

好きな韓国芸能事務所は?
JYPエンターテインメント
SMエンターテインメント
YGエンターテインメント
HYBE(旧Bighit Entertainment)
Pledisエンターテインメント
FNCエンターテインメント
CUBEエンターテインメント
KakaoM(旧LEONエンターテインメント)
Woollimエンターテインメント
Dream Tエンターテインメント
RBW
C-JeS エンタテイメント
WMエンターテインメント
Jellyfishエンターテインメント
TOP MEDIA
OUIエンターテインメント
DSPメディア
BRANDNEW MUSIC
Play Mエンターテインメント
Fantagio
STARSHIPエンターテインメント
アンケートに答える

Official SNS公式SNS

PR Storyいま読みたい記事

Presentプレゼント

ご応募はこちら

Popular Tags人気のタグ

韓国ドラマ 韓流 俳優 ラブロマンス おすすめ 韓国映画 防弾少年団 中国ドラマ 女優 Netflix

Pick Upピックアップ