K-board

ATEEZのメンバープロフィール&経歴まとめ!彼らのココに注目!

世界中のファンを魅了する8人組ボーイズグループ“ATEEZ”

“K-POP第4世代”としてブレイク!

K-POP界の注目株として名を馳せる8人組ボーイズグループ“ATEEZ(エイティーズ)”。日本をはじめとするアジア各国、さらにアメリカやヨーロッパなど、世界での人気を集めています。2021年は特に、楽曲リリースやステージパフォーマンス、イベント出演の情報はもちろん、ドラマ・番組出演やオンライン配信、さらにはアイスクリーム店とのコラボレーションなど、豊富な話題が国内外で次々と登場!世界のファンの心を掴み、今後のさらなる飛躍に期待が寄せられています。

グループ名の意味は?

グループの8人全員が1998年以降に生まれたメンバーで構成されているATEEZ。グループ名には、“A TEEnage Z”=“10代のAtoZ(10代のすべてのもの)”という意味が含まれています。公式ファンクラブ(ファンダム)は“ATINY(エイティニ)”。“ATEEZとファンは出会うべき運命”という意味を込めて、ATEEZ + DESTINY(=運命)の造語から成り立っている名前です。

グループ結成~デビューまで

ATEEZのグループ結成は、2018年5月に所属事務所“KQエンターテイメント”の公式YouTubeチャンネルで、練習生グループ“KQ Fellaz”のパフォーマンス映像が公開されたことから始まります。カリフォルニア州ロサンゼルスでの研修模様や楽曲の公開後に正式メンバー8人が決定。2018年7月~9月に全8話のリアリティーショー“Code Name is ATEEZ”が放送された後、2018年10月24日、ミニアルバム“TREASURE EP.1 : All To Zero”をリリースしてデビューすると、同日にはメディアショーケースも開催されました。

世界中でツアーが成功?!

デビュー翌年の2019年から、世界各国でのツアーを成功させてきているATEEZ。アメリカやヨーロッパ、オーストラリアなどの各地域で大きな実績が積まれており、特に北米やヨーロッパでは、初のツアー開催にも関わらず全席完売という異例の結果も。また、バンコクやジャカルタなどのアジア圏でも、各地で開催されるK-POP大型イベントなどに出演しています。

日本での活動は?

日本でのイベント出演などの活動も、2019年から本格化。同年12月4日には、日本でもアルバムをリリースしてデビューを果たしました。2021年7月までに、合計2作品のフルアルバムと、ミニアルバム、シングルをそれぞれ1作品ずつリリース。2020年には、MUSIC ON! TVのレギュラー番組『韓ON! BOX!!』のMCを担当。その他、日本の音楽番組への出演や、雑誌での登場も度々、話題に上がっている他、2021年夏には元祖ロールアイス専⾨店“ロールアイスクリームファクトリー”でコラボメニューが販売されています。

次のページ : ATEEZのメンバープロフィール!

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

投稿がありません。

この記事の画像  1枚

Writer info

Shizuka

Webライター、翻訳家(日・韓・英)として活動しています。 観光、グルメ、K-POP、映...

more

Recommend関連記事

この記事について報告する

Peechik掲示板へのコメント

もっと見る

Comment記事へのコメント

Popular人気記事&コンテンツ

Weekly Vote今週の対決

投票する

Pollアンケート

好きな韓国芸能事務所は?

好きな韓国芸能事務所は?
JYPエンターテインメント
SMエンターテインメント
YGエンターテインメント
HYBE(旧Bighit Entertainment)
Pledisエンターテインメント
FNCエンターテインメント
CUBEエンターテインメント
KakaoM(旧LEONエンターテインメント)
Woollimエンターテインメント
Dream Tエンターテインメント
RBW
C-JeS エンタテイメント
WMエンターテインメント
Jellyfishエンターテインメント
TOP MEDIA
OUIエンターテインメント
DSPメディア
BRANDNEW MUSIC
Play Mエンターテインメント
Fantagio
STARSHIPエンターテインメント
アンケートに答える

Official SNS公式SNS

PR Storyいま読みたい記事

Presentプレゼント

ご応募はこちら

Popular Tags人気のタグ

韓国ドラマ 韓流 俳優 ラブロマンス おすすめ 女優 韓国映画 Netflix 視聴率 2021

Pick Upピックアップ