K-board
人気

【台湾ドラマ入門にも!】台湾ドラマ『茶金 ゴールドリーフ』の魅力に迫る!

キャラクターそれぞれが伝える当時の台湾

© 2021 Taiwan Public Television Service Foundation

本作は、戦後の台湾を生き抜いた様々な立場のキャラクターがそれぞれに持つ生きづらさや制約を丁寧に描いています。本作に登場する第一の主人公・薏心は、名家に生まれながら、一人娘ゆえに他の友人のようによその家に嫁ぐわけではなく、婿を取ることをあらかじめ決められた人生を歩んできた女性です。冒頭で張家が勢揃いする儀礼の場でアヘン中毒で自由の利かない祖父、遅刻をしてきた父に代わって、家の代表として焼香をしようとしますが、当主に女性であることを理由に断られます。このことは当時の台湾の男尊女卑の思想を印象付けるのに一役買っていると思いますが、家の代表たる祖父や父もその座にあぐらをかいているのかと思いきやそうではありません。祖父や父はどちらも張家の分家に婿入りした婿養子の存在。彼らに求められたのは、家を維持させることであり、発展させることでも途絶えさせることでもありませんでした。野心を持ち事業を発展させることはもっての外。祖父がアヘン中毒であるのはそのことを本家に見せるパフォーマンスの一環でもあったことでしょう。

時代に翻弄された人々を描く

© 2021 Taiwan Public Television Service Foundation

また、彼らの茶ビジネスの行く末も一筋縄には行きません。台湾随一の茶商と呼ばれた“日光”ですが、作中、何度も廃業の危機に陥ります。その背景は戦後に台湾が日本より返還されたことや新貨幣制度など、彼ら自身にはどうすることもできない国単位の混乱がありました。窮地に陥った“日光”を薏心や福吉、そして“日光”の天才茶師山妹が幾度となく蘇らせる姿はまるで池井戸潤小説のごとき爽快感がありますが、乗り越えた先に再び理不尽な困難が待ち受けることを思うと胸が痛くなります。

極限のリアリティーにハマる!豪華俳優陣が挑む新感覚ノンストップ・サスペンス『支配種』
次のページ : 実在の人物をモデルに

こんな記事も読まれています

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

コメントがまだありません。推し俳優や推し作品について語りましょう!!

この記事の画像  6枚

Writer info

michiru

中華エンタメを追いかけています。

more

Recommend関連記事

この記事について報告する

Popular人気記事&コンテンツ

Weekly Vote今週の対決

投票する

Pollアンケート

あなたの好きな恋愛ドラマは?

あなたの好きな恋愛ドラマは?
星から来たあなた
コーヒープリンス1号店
よくおごってくれる綺麗なお姉さん
太陽の末裔
美男ですね
マイ・プリンセス
青い海の伝説
ドクターズ~恋する気持ち
麗~花萌ゆる8人の皇子たち
ヒーラー〜最高の恋人〜
私の名前はキム・サムスン
運命のように君を愛してる
宮 −クン− 〜Love in Palace〜
キルミー・ヒールミー
相続者たち
ピノキオ
彼女はキレイだった
シークレット・ガーデン
トッケビ~君がくれた愛しい日々~
アンケートに答える

Official SNS公式SNS

PR Storyいま読みたい記事

BS無料放送ならBS12 トゥエルビ

Popular Tags人気のタグ

韓国ドラマ 俳優 韓流 ラブロマンス 中国ドラマ Netflix 女優 おすすめ K-POP 時代劇

Pick Upピックアップ