K-board

【一人っ子政策が主人公にもたらしたものとは…】『シスター 夏のわかれ道』社会現象的大ヒット作

新鋭の女性作家2人が中国社会の“今”に切り込む

 
急激な人口増加を抑えるために、1979~2014年まで続いた中国の一人っ子政策。
例外を認められることはあっても、主に都市部では「一人しか子どもを生んではならない」とされる政策で、違反すると重い罰金や厳しい罰則が科されていました。
例外というのは、両親が共に一人っ子である場合や、第一子が非遺伝性の身体障がいを持つ場合などだったそうです。

そして、現代でも家庭内の序列は男子が尊重されるという中国では、当時、第一子が女子だった場合は、一人っ子政策をすり抜けてでも、もう一人、男子をもうけたいと望む家庭は少なくなかったのだとか。

『シスター 夏のわかれ道』のイン・ルオシン監督と、ヨウ・シャオイン脚本家は、共に1986年生まれで、同時代を生きてきた新鋭の女性作家2人が、揺れ動く“今”の中国社会に鋭く切り込み、本作を作り上げました。
 
 

監督ポートレイト_殷若昕 Ruoxin Yin(Director)

© 2021 Shanghai Lian Ray Pictures Co.,Ltd. All Rights Reserved

イン・ルオシン監督

 
 
本作の主人公、アン・ランは、まさに一人っ子政策に翻弄されている女性です。
望まれずに生まれた彼女は、男子を切望する親から、例外規定だと認められるように障がいがあるふりをするよう強要されますが、納得できず、早くに親元を離れて自立します。
学費も生活費も自分で稼ぎ、死ぬ思いで勉強し、医師を目指すアン・ラン。
ところが、ずっと疎遠だった両親が事故で亡くなり、会ったこともなかった幼い弟と対面したアン・ランは、弟を育てなさいと親戚一同から押し付けられるのです。
 
 

© 2021 Shanghai Lian Ray Pictures Co.,Ltd. All Rights Reserved

 
 

© 2021 Shanghai Lian Ray Pictures Co.,Ltd. All Rights Reserved

 
 
アン・ランの人生が不憫で不憫で、見ているだけで悔しさがこみ上げてきます。
待望の長男として愛情をたっぷり注がれてきた弟のズーハンと比べて、女子に生まれたというだけで、これほどまでに差別されるものなのか……。

看護師として仕事に邁進しながら猛勉強し、ようやく大学院に進学して医師への道を歩もうという矢先、突然、弟を育てろと言われたアン・ランは、人生設計を狂わせられるわけにはいかないと、弟を養子に出すことにするのですが、伯母のアン・ロンロンからは水をぶっかけられ罵倒されるのです。

でも、そんな伯母にも、弟のために自分の人生を諦めた過去がありました。
 
 

Yumiの数秘術!韓国イケメン♡相性診断
次のページ : 中国全土で論争を巻き起こし大ヒット映画に

こんな記事も読まれています

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

コメントがまだありません。推し俳優や推し作品について語りましょう!!

この記事の画像  15枚

Writer info

清水久美子 Kumiko Shimizu

メーカーOL、洋楽誌アシスタント、パソコン誌編集を経てフリーライターに。様々な雑誌...

more

Recommend関連記事

この記事について報告する

Popular人気記事&コンテンツ

Weekly Vote今週の対決

投票する

Pollアンケート

あなたの好きな恋愛ドラマは?

あなたの好きな恋愛ドラマは?
星から来たあなた
コーヒープリンス1号店
よくおごってくれる綺麗なお姉さん
太陽の末裔
美男ですね
マイ・プリンセス
青い海の伝説
ドクターズ~恋する気持ち
麗~花萌ゆる8人の皇子たち
ヒーラー〜最高の恋人〜
私の名前はキム・サムスン
運命のように君を愛してる
宮 −クン− 〜Love in Palace〜
キルミー・ヒールミー
相続者たち
ピノキオ
彼女はキレイだった
シークレット・ガーデン
トッケビ~君がくれた愛しい日々~
アンケートに答える

Official SNS公式SNS

PR Storyいま読みたい記事

BS無料放送ならBS12 トゥエルビ

Popular Tags人気のタグ

ラブロマンス 韓国ドラマ 韓流 俳優 おすすめ 中国ドラマ K-POP Netflix 女優 韓国映画

Pick Upピックアップ