K-board

映画『夜明けの詩』“記憶を買うバーテンダー”役の実力派俳優イ・ジュヨンを紐解く!

映画『夜明けの詩』“記憶を買うバーテンダー”役の実力派俳優イ・ジュヨンを紐解く!

演技派俳優集結の現代社会を癒すシンフォニー『夜明けの詩』

11月25日(金)より全国公開される『夜明けの詩』。舞台は、まだ冬が残るソウル。小説家のチャンソク(ヨン・ウジン)は、7年ぶりにイギリスからソウルに帰国する。喫茶店で時間を失くした女(イ・ジウン/IU)と出会う場面から、ストーリーが紡がれていく。そして、想い出を燃やす編集者、希望を探す写真家、記憶を買うバーテンダーといった、心に深い葛藤を抱えながらも人生を歩み続ける、4人との出会いを経て、チャンソク自らも心に閉ざしてきた記憶と向き合い始めた―。

(c) 2019 Vol Media co. ltd., All Rights Reserved

主演を務めるのは、Netflixドラマ「39歳」、映画『愛に奉仕せよ』といった話題作に出演し、柔らかい眼差しや深みのある演技力で、観客を魅了する“ロマンス職人”ヨン・ウジン。共演を果たすのは、第75回カンヌ国際映画祭コンペティション部門で2冠に輝いた、是枝裕和監督の最新作『べイビー・ブローカー』に出演し、6月にはプロモーションで6年ぶりに来日を果たしたイ・ジウン/IU。イ・ジウンは「マイ・ディア・ミスター~私のおじさん~」で主演を務め、その演技に惚れ込んだ是枝監督が『ベイビー・ブローカー』への出演を熱望した逸話を持つ。
さらに韓国の名バイプレイヤーとして名を馳せるキム・サンホ(『ビューティー・インサイド』)はじめ、イ・ジュヨン(『サムジンカンパニー1995』)、ユン・ヘリ(『ジョゼと虎と魚たち』)ら演技派俳優が集結。生と死、時間、記憶という深遠なテーマを、観る者たちの心に寄り添う癒しの物語に昇華させた。

“記憶を買うバーテンダー・チュウン”を演じた実力派俳優イ・ジュヨンに注目

(c) 2019 Vol Media co. ltd., All Rights Reserved

“ロマンス職人”ヨン・ウジンが演じた、本作の主人公である小説家のチャンソクは、時間を失くした女(イ・ジウン/IU)、想い出を燃やす編集者(ユン・ヘリ)、希望を探す写真家(キム・サンホ)、記憶を買うバーテンダー(イ・ジュヨン)といった人々との出会いを経験して、身につまされる経験談や対話を重ねていく。今の時代を生きるすべての人に寄り添う、ヒーリングストーリーとなっている本作だが、魅力を最大限に引き出しているのは、実力派俳優たちの演技力だと断言したい。

そのひとりが“記憶を買うバーテンダー・チュウン”を演じた、実力派俳優イ・ジュヨン。彼女が演じたチュウンは、ソウルのバーで働くバーテンダー。お客として訪れたチャンソクが、執筆用にメモ書きをしていると、チュウンは自分も詩を書くのが好きだと声をかける。交通事故で記憶を失くした彼女は、「記憶を買うのよ。面白い思い出ならお酒をおごる」と投げかけ、思い出話を聞き詩を作っているという。そんなチュウンに、チャンソクは自身の記憶を語り始める。

(c) 2019 Vol Media co. ltd., All Rights Reserved

イ・ジュヨンは、『毒戦BELIEVER』(18)、『サムジンカンパニー1995』(20)といった作品に出演。『毒戦 BELIEVER』で聾唖兄妹の妹役を演じ存在感を示し、Netflixで配信が決定した続編にも出演が決まっている、幅広い演技力に定評のある俳優だ。本国で開かれた制作会見に出席した際に、演じた役柄について紐解いてくれた。「私が演じたチュウンは、バーテンダーという役柄だったのでカクテルの作り方など、スキルを身につけないといけませんでした。しかし、私はお酒が飲めないので役作りに苦労しました。そんな中で監督と一緒に、監督の行きつけの隠れ家バーに行ったりと、役作りのヒントを得ました。」と明かし、キム・ジョングァン監督との微笑ましいエピソードを披露した。

(c) 2019 Vol Media co. ltd., All Rights Reserved

続けて主演であるヨン・ウジンの印象を問われると、「ヨン·ウジンさんは、とても柔らかい表現力がある方です。他の俳優の方々を刺激的だとすると、本当におおらかなオーラを放つ魅力的な人物です」と、人物像を解説する。続けて、「実は内面の部分もすごく気になっているのですが(笑)、ただ本当に優しさに溢れた方だったので、とても気持ちよく演じることができ、楽しく撮影ができました」と、座長としての振る舞いを賞賛していた。
売れっ子、新人問わず、役者のポテンシャルを、最大限に引き出した映画『夜明けの詩』。現代社会を癒すシンフォニーを、演技派俳優たちの演技力で体現していく。是非劇場の大スクリーンでご鑑賞いただきたい。

『夜明けの詩』
11 月 25 日(金)シネマート新宿ほか全国ロードショー
配給:シンカ
(c) 2019 Vol Media co. ltd., All Rights Reserved

【続編決定】韓国ドラマ待望の続編シリーズを紹介!

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

投稿がありません。

この記事の画像  5枚

Writer info

K-boardニュース班

韓国映画、韓国ドラマの最新情報をお届けします!

more

Recommend関連記事

この記事について報告する

Peechik掲示板へのコメント

もっと見る

Comment記事へのコメント

Popular人気記事&コンテンツ

Weekly Vote今週の対決

投票する

Pollアンケート

あなたの好きな恋愛ドラマは?

あなたの好きな恋愛ドラマは?
星から来たあなた
コーヒープリンス1号店
よくおごってくれる綺麗なお姉さん
太陽の末裔
美男ですね
マイ・プリンセス
青い海の伝説
ドクターズ~恋する気持ち
麗~花萌ゆる8人の皇子たち
ヒーラー〜最高の恋人〜
私の名前はキム・サムスン
運命のように君を愛してる
宮 −クン− 〜Love in Palace〜
キルミー・ヒールミー
相続者たち
ピノキオ
彼女はキレイだった
シークレット・ガーデン
トッケビ~君がくれた愛しい日々~
アンケートに答える

Official SNS公式SNS

PR Storyいま読みたい記事

BS無料放送ならBS12 トゥエルビ

Popular Tags人気のタグ

韓国ドラマ 韓流 ラブロマンス 俳優 女優 おすすめ かっこいい 中国ドラマ Netflix 時代劇

Pick Upピックアップ