K-board

中国ドラマ「康煕王朝」あらすじ&キャスト紹介|壮大なスケールで描く名君の生涯

中国史上最大の大ヒットを記録したドラマ「康煕王朝」

ドラマ「康煕王朝」は、中国で放送されると最高視聴率51.3%という、驚異的な大ヒットとなりました。中国最大の制作費をかけ、豪華俳優陣が集結した本ドラマは、中国全土でロケをおこない、壮大なスケールで描かれています。

渦巻く党派抗争や、官僚の不正に苦悩しながらも、堂々と胸を張り前を向いて進んでいく康煕帝の生き様は、若い世代を中心に多くの視聴者に勇気を与えました。

描かれるのは歴史上でも屈指の名君と呼ばれる清王朝・康煕帝。
わずか8歳で大清帝国の皇帝に即位し、中国に平和と繁栄をもたらした康煕帝の波乱万丈な生涯を感じ取ることができます。

あらすじ

清を治めていた順治帝は、ある日皇子たちを集め、誰が最も優れているのかを決めるために試験をおこなうと告げます。その中には、後に康煕帝となる玄燁の姿もありました。

幼い頃から賢く目立っていた玄燁は、試験中に「かつて清が滅ぼした漢人たちに学べ」という父の言葉に対して、ある疑問を投げかけます。

①康煕帝役:チェン・ダオミン(陳道明)

康煕帝の役柄

清の第4代皇帝。中国史上最高の名君と呼ばれ、皇帝に即位した後、さまざまな出来事を通して思慮深く成長していきます。

周りと協力しながら、減税や文化事業などを積極的におこない国内を安定させ、清王朝の基礎を固めることに成功しました。

チェン・ダオミンの代表作

《映画》「HERO」(2002年)「エア・ストライク」(2018年)
《ドラマ》「中国式離婚」(2004年)「復讐の春秋 -臥薪嘗胆-」(2007年)

②孝荘太皇太后役:スーチン・ガオワー(斯琴高娃)

孝荘太皇太后の役柄

康煕帝の祖母で、順治帝の母親。清の2代皇帝ホンタイジ側妃の一人。

スーチン・ガオワーの代表作

《映画》「息子の告発」(1995年)「おばさんのポストモダン生活」(2006年)
《ドラマ》「龍珠納蘭明珠伝 ラストプリンセス」(2017年)「東宮~永遠の記憶に眠る愛~」(2019年)

③納蘭明珠役:ガオ・ランツン(高蘭村)

納蘭明珠の役柄

康煕帝に仕え信頼を受けた清朝の大臣。大きな力を持ち、派閥を作りましたが役人たちから賄賂を取り、汚職を追及されます。

ガオ・ランツンの代表作

《ドラマ》「大明奇才」(2007年)「家族栄誉」(2007年)「黄金背后」(2013年)

次のページ : 「康熙王朝」のみどころは、なんといっても圧巻のスケール感!

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

投稿がありません。

この記事の画像  1枚

Writer info

dasstyworks

ソン・ガンホか、マ・ドンソクか。 迷うところ…… Oo (-〜-*)

more

Recommend関連記事

この記事について報告する

Peechik掲示板へのコメント

もっと見る

Comment記事へのコメント

Popular人気記事&コンテンツ

Weekly Vote今週の対決

投票する

Pollアンケート

好きな韓国芸能事務所は?

好きな韓国芸能事務所は?
JYPエンターテインメント
SMエンターテインメント
YGエンターテインメント
HYBE(旧Bighit Entertainment)
Pledisエンターテインメント
FNCエンターテインメント
CUBEエンターテインメント
KakaoM(旧LEONエンターテインメント)
Woollimエンターテインメント
Dream Tエンターテインメント
RBW
C-JeS エンタテイメント
WMエンターテインメント
Jellyfishエンターテインメント
TOP MEDIA
OUIエンターテインメント
DSPメディア
BRANDNEW MUSIC
Play Mエンターテインメント
Fantagio
STARSHIPエンターテインメント
アンケートに答える

Official SNS公式SNS

PR Storyいま読みたい記事

Presentプレゼント

ご応募はこちら

Popular Tags人気のタグ

韓国ドラマ 韓流 俳優 ラブロマンス おすすめ 視聴率 女優 Netflix 2021 韓国映画

Pick Upピックアップ