K-board

【華流&韓流】中華圏で活躍するK-POPアイドルたちの出演ドラマ・映画7作

K-POPグループの中国人メンバーは本国で大人気

 韓国の俳優・女優の中国進出は珍しいことではなく、そもそも「韓流」という言葉も中華圏で誕生したもの。1997年にアン・ジェウク主演のドラマ『星に願いを』がヒットして以降、日本でブームとなった『冬のソナタ』も、中国では本放送中から大ヒットとなっていた。その後、チャン・ドンゴンやクォン・サンウといった元祖韓流スターが、香港映画やドラマなどに出演していった。
 近年は日本人メンバーの急増しているK-POPグループでも、中国進出を目指して中国人メンバーが入ることは以前から行なわれてきた。膨大な人口を抱える中国と、音楽産業が発達する日本は、グローバル展開を目指すK-POPにとって攻略必須な市場だったといえる。
 対して、過熱する韓流人気に危機感を抱いた中国は、自国のエンタメ産業保護のために、2000年代後半から規制を強化。韓国時代劇『朱蒙』や『大祚榮』が、中国の東北工程(中国東北部の高句麗や渤海を中国の地方政権とみなす方針)に反するとして放送禁止となるなど、親密だった中韓のエンタメ交流は急速に冷え込んだ。とくに2016年以降、韓国へのTHAADミサイル配備を受けて、中国では「限韓令」と呼ばれる韓流禁止措置がとられ、韓流スターの中国活動にも制限がかけられ、韓流スターが出演予定だった中国ドラマは、放送延期や撮影中止に追い込まれた。
 しかし、近年は再び韓国勢の中国進出が目立つようになってきた。その中心となっているのがK-POPアイドルグループの中国人メンバー。韓国での活動を終え、中国で活動をはじめたアイドル達が続々とドラマ・映画に進出。韓流ドラマの影響を受けた中国ドラマのクオリティーも上昇し、とくに時代劇では膨大な予算を投じた大作が製作されている。中国もエンタメ産業をグローバル展開するためには、K-POPアイドルの知名度の高さは必要不可欠なもので、両者の求めるものが合致した形だ。契約問題などを乗り越え、中国で活躍するK-POPアイドル達の姿を確認できる、注目ドラマ・映画をチェックしてみよう。

映画『サイバー・ミッション』

(あらすじ)引きこもりのオタク系プログラマー・ハオミンは、コンビニで知り合った女性スー・イーにひと目ぼれ。ところが突然香港警察に拘束されてしまう。スー・イーはかつてハオミンがハッキング大会で倒したゼブラの仲間で、ハオミンを仲間に引き入れるために接近していたのだ。警察からゼブラの組織への潜入捜査を命じられたハオミンは、銃を頭に突きつけられながら「60秒でハッキングしろ!」という課題をクリア。裏世界の大物であるモリタケシに気に入られ、ハオミンは世界最高峰のセキュリティを誇るインフラ管理システム「oasis」のハッキングに挑戦することとなる。

ハンギョン(元SUPER JUNIOR)

SHANGHAI, CHINA - JUNE 11: Han Geng arrives for the red carpet of the 19th Shanghai International Film Festival at Shanghai Grand Theatre on June 11, 2016 in Shanghai, China. (Photo by Zhong Zhi/Getty Images)

主人公のハオミンを演じるハンギョンは、SUPER JUNIORの初期メンバー。中国黒龍江省のホジェン族の出身で、元々グローバル展開を目指していたSUPER JUNIORの中国人メンバーとして加わった。SUPER JUNIOR-Mのリーダーとして中国でも活動を行ない、北京オリンピックではアイドルとして初めて聖火ランナーを務めるなど、中華圏での人気は絶大だった。しかし、その後SMエンターテインメントとの契約を解消し、訴訟の末に中国・香港での芸能活動が認められた。ハンギョンの脱退騒動は、その後も続く韓国の芸能事務所と中国出身アイドルの契約問題を提起するきっかけにもなり、同時に中国人メンバーがグループを離れ、中国進出していく流れも生み出した。2009年にドラマ『青春舞台』に出演後は主に映画で活躍。『大武生』や『So Young~過ぎ去りし青春に捧ぐ~』に出演後はハリウッド進出も目指し、14年には『トランスフォーマー/ロストエイジ』にもキャスティング。そして再び中国に凱旋し、本作で主演を務めることとなった。ちなみに裏世界の大物であるモリタケシを演じているのは山下智久! 日本でも俳優・歌手として実績のある山下だが、実は山下も中華圏では大人気で、ドラマ・映画に多数出演している。

次のページ : SUPER JUNIORの演技派も中国進出

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

投稿がありません。

この記事の画像  8枚

Writer info

kick

フリーライター。韓国エンタメと出会って20年。韓流雑誌の編集者を経て、現在は田舎暮...

more

Recommend関連記事

この記事について報告する

Peechik掲示板へのコメント

もっと見る

Comment記事へのコメント

Popular人気記事&コンテンツ

Weekly Vote今週の対決

投票する

Pollアンケート

好きな韓国芸能事務所は?

好きな韓国芸能事務所は?
JYPエンターテインメント
SMエンターテインメント
YGエンターテインメント
HYBE(旧Bighit Entertainment)
Pledisエンターテインメント
FNCエンターテインメント
CUBEエンターテインメント
KakaoM(旧LEONエンターテインメント)
Woollimエンターテインメント
Dream Tエンターテインメント
RBW
C-JeS エンタテイメント
WMエンターテインメント
Jellyfishエンターテインメント
TOP MEDIA
OUIエンターテインメント
DSPメディア
BRANDNEW MUSIC
Play Mエンターテインメント
Fantagio
STARSHIPエンターテインメント
アンケートに答える

Official SNS公式SNS

PR Storyいま読みたい記事

Popular Tags人気のタグ

韓国ドラマ 俳優 韓流 ラブロマンス おすすめ 中国ドラマ 女優 視聴率 2020 時代劇

Pick Upピックアップ