K-board

「この瞬間は思い出に残る」コロナ禍をK-POPで繋いだ『 KCON:TACT HI 5 』ハイライト映像10月日韓同時放送

K-POPアーティストと世界中のK-POPファンの心を繋いだ「KCON:TACT HI 5」。今月18日から26日まで行われた「KCON:TACT」には計24組のアーティストが参加し、168地域で500万人以上の有·無料観客を動員。今まで開催してきた5回のシーズンの間、合計136組のアーティストが出演。世界的なパンデミックの中でも、グローバルK-POPファンとアーティスト間でのコミュニケーションを続け、「KCON:TACT」は代替不能な世界最大級のK-カルチャーフェスティバルとしての地位を確立したといえる。

今回の手のひらを合わせるハイタッチのように世界中のK-POPファンとの心を繋ぎ、場所と時間に関係なく一緒にコミュニケーションできる時間にするというコンセプトで開催された「KCON:TACT HI 5」は、KCONアリーナおよび世界7地域のソウル、ニューヨーク、シドニー、パリなどを結び、直接生中継するステージと、オンラインファンミーティング“MEET&GREET”、将来が期待されるアーティストを紹介する'“KCON World Premiere”'、K-カルチャーを世界中に紹介する“KCON STUDIO”など見どころ盛りだくさんでファンを楽しませた。

ⓒCJ ENM Co., Ltd, All Rights Reserved.

将来が期待されるアーティストを世界中の音楽ファンに知らせる「KCON World Premiere: The Triangle」では韓国型オーディション番組でデビューした日本のアーティストJO1、OWV、円神がパシフィコ横浜で約90分のステージを披露し、現場とオンラインファンを繋いだ。3組とも堂々としたパフォーマンスを繰り広げて会場を沸かせ、一転トーク場面では自然体の姿で愛嬌を見せるなど、会場の観客とオンラインの視聴者を大いに盛り上げた。

円神は、さわやかで円神らしい優しさが感じられる楽曲「Peace Summe」やグループ名でもある特別な楽曲「ENJIN」ほか全4曲を披露し、OWVは10月に発売するアルバムのタイトル曲「CHASER」の初披露や、フォーメーションダンスが魅力のナンバー「Roar」など全4曲を披露。

JO1は4作連続1位を記録した4枚目のシングル『STRANGER』のタイトル曲「REAL」や「Freedom」「Blooming Again」、ファンの愛称でもあるJAMからも人気の楽曲「Dreamig Night」を披露し会場を沸かせた。JO1は「グローバル·パンデミック禍でデビューして以来、一度もファンの皆さんに直接会えない大変な時間が続いたが、今回初めてファンの皆さんに会えて涙が出そうになりました。心の中で大きな歓声を送ってくださったファンの方々に、心から感謝します。次にまた会える日を待ちわびています」とコメント。ステージの合間には、「KCON STUDIO LIVE from JAPAN」では上記のアーティスト3組と、MCの古家正亨、藤原倫己が笑いの絶えない掛け合いを見せた見えるラジオ形式のコンテンツを発信し、盛り上げた。

ⓒCJ ENM Co., Ltd, All Rights Reserved.

パフォーマンスを披露したアーティストは、AB6IX、ATEEZ、Ciipher、GHOST9、HIGHLIGHT、INI、ITZY、JO1、KIM JAE HWAN(キム·ジェファン)、KWON EUN BI(クォン·ウンビ)、MAMAMOO、ONF、PARK JI HOON(パク·ジフン)、PURPLE KISS、RAIN(ピ)、Stray Kids、THE BOYZ、T1419、TO1、Weeekly、WEi、WOODZ(ABC順)とOWV、円神の計24組。ステージを楽しむことができるのはもちろん、オンライン対面ハイタッチ、アイコンタクト、パーソナルトーク、そしてフィナーレを飾ったエンディングソングまで多彩なスタイルでコミュニケーションをとれるように。新たに披露した“孤独な楽屋”では他のグループメンバー同士の相性を発見し、一味違った楽しみが用意された。また、Virtual 3DSoundでアーティストの音楽とボーカルにより集中した“ウムアクシル(音楽室)”とM2の代表コンテンツであり、世界中で人気を集めている“リレーダンス”とのコラボレーションなど、「KCON:TACT」ならではの差別化されたステージが注目を集めた。

「KCON:TACT HI 5」のステージに出演したATEEZは「8人完全体で舞台に立つことができて感慨深かったです。 毎回「KCON:TACT」に立つたびに、 いい気運をもらえます。オフラインのイベントでも早くファンの皆さんに会いたいです」と伝え、KWON EUN BI(クォン·ウンビ)は「一人で初めて立つ「KCON:TACT」にすごく緊張したけれど、サプライズで登場したユリとの電話と、ファンのサプライズイベントがとても感動的でした。この瞬間がこれからも思い出に残ると思います」と「KCON:TACT HI 5」でグローバルファンに会った感想を伝えた。

まだまだ見どころ盛りだくさんの「KCON:TACT HI 5」は、10月にMnetにてハイライト映像を放送予定。詳しい放送情報などは公式サイトでご確認を。

K-POP・ドラマ&バラエティの韓流エンタメ情報ならMnet(エムネット)

韓流エンタメ配信サービスMnet Smart(エムネットスマート)

【この夏はイケメン祭♡】ドラマオタが厳選!8月BS放送のおすすめ韓国ドラマ10選

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

投稿がありません。

この記事の画像  3枚

Writer info

K-boardニュース班

韓国映画、韓国ドラマの最新情報をお届けします!

more

Recommend関連記事

この記事について報告する

Peechik掲示板へのコメント

もっと見る

Comment記事へのコメント

Popular人気記事&コンテンツ

Weekly Vote今週の対決

韓国ドラマ男優 人気総選挙

投票する

Pollアンケート

あなたの好きな恋愛ドラマは?

あなたの好きな恋愛ドラマは?
星から来たあなた
コーヒープリンス1号店
よくおごってくれる綺麗なお姉さん
太陽の末裔
美男ですね
マイ・プリンセス
青い海の伝説
ドクターズ~恋する気持ち
麗~花萌ゆる8人の皇子たち
ヒーラー〜最高の恋人〜
私の名前はキム・サムスン
運命のように君を愛してる
宮 −クン− 〜Love in Palace〜
キルミー・ヒールミー
相続者たち
ピノキオ
彼女はキレイだった
シークレット・ガーデン
トッケビ~君がくれた愛しい日々~
アンケートに答える

Official SNS公式SNS

PR Storyいま読みたい記事

Popular Tags人気のタグ

韓国ドラマ 韓流 おすすめ ラブロマンス 俳優 女優 2021 時代劇 中国ドラマ かっこいい

Pick Upピックアップ