K-board

【K-boardインタビュー】人気実力派俳優イ・ジェフン、10年前の主演作『BLEAK NIGHT 番人』が日本初上陸

 

『BLEAK NIGHT 番人』

 

 
 

 
 
7月14日より配信中
監督:ユン・ソンヒョン(『狩りの時間』)
出演:イ・ジェフン(『建築学概論』「シグナル」)、ソ・ジュニョン(「シリウス」「失業手当ロマンス」)、パク・ジョンミン(『狩りの時間』『サバハ』) ほか
原題:BLEAK NIGHT / 파수꾼/ 2010年 / 117分
 
 
受賞歴:
<2010>第15回 Busan International Film Festival(New Currents Award賞)
<2011>第12回 Busan Film Critics Assocition Awards(新⼈監督賞)
    第32回 The Blue Dragon Awards(新⼈男優賞、新⼈監督賞)
    第5回 Asia Pacific Screen Awards(脚本賞)
    第48回 DAEJONG FILM AWARD(新⼈男⼦俳優賞、新⼈監督賞)
    第35回 The Hong Kong International Film Festival(FIPRESCI賞)
 
 
概要:
ユン・ソンヒョン監督が韓国国立映画アカデミー(KAFA)在籍時に、5000万ウォン(俳優への出演料トータル518万ウォン)で製作され、興行収入2億ウォンを突破した(上映館数全国21館のみ)、独立映画としては10年以上経過した今でもシンドロームと⾔われている作品。
今や大人気のイ・ジェフンの出世作とも言える作品で、この映画をきっかけに、以降、彼は映画やドラマの主演を務め、トップ俳優に駆け上がった。

ストーリー:
少年が一人死んだ。
普段息子に無関心だった父親は突然の喪失に非常に混乱し、一歩遅れた罪悪感と無力さに息子・ギテの死を追いかけ始める。
机の引き出しで大事に保管されていた写真には、息子の友達であるドンユンとヒジュンが写っていた。
学校を訪ねると、一人は転校し、一人は葬儀場に来なかったという。
何かが変だ。
そんな中、やっとの思いで見つけたヒジュンは「ギテと一番親しかったのはドンユン」と言い、詳しい答えを避けた。
ドンユンを探すが退学以降の足取りは掴めない。
無邪気で純粋だったあの時代、未成熟な疎通の誤解がもたらした悲劇的破局。
独断的な友情がもたらした暴力とその傷の伝染は、我々を痛ましく衝撃的な結末に導く。
お互いが全てだったこの3人の友達の間で、果たして何が起こったのだろうか。(公式資料より)
 
 

日本初配信韓国映画特集|動画配信サービス|WATCHA(予告まとめ)

 
 

 
 

次のページ : イ・ジェフン インタビュー

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

投稿がありません。

この記事の画像  10枚

Writer info

清水久美子 Kumiko Shimizu

メーカーOL、洋楽誌アシスタント、パソコン誌編集を経てフリーライターに。様々な雑誌...

more

Recommend関連記事

この記事について報告する

Peechik掲示板へのコメント

もっと見る

Comment記事へのコメント

Popular人気記事&コンテンツ

Weekly Vote今週の対決

投票する

Pollアンケート

好きな韓国芸能事務所は?

好きな韓国芸能事務所は?
JYPエンターテインメント
SMエンターテインメント
YGエンターテインメント
HYBE(旧Bighit Entertainment)
Pledisエンターテインメント
FNCエンターテインメント
CUBEエンターテインメント
KakaoM(旧LEONエンターテインメント)
Woollimエンターテインメント
Dream Tエンターテインメント
RBW
C-JeS エンタテイメント
WMエンターテインメント
Jellyfishエンターテインメント
TOP MEDIA
OUIエンターテインメント
DSPメディア
BRANDNEW MUSIC
Play Mエンターテインメント
Fantagio
STARSHIPエンターテインメント
アンケートに答える

Official SNS公式SNS

PR Storyいま読みたい記事

Presentプレゼント

ご応募はこちら

Popular Tags人気のタグ

韓国ドラマ 韓流 俳優 韓国映画 ラブロマンス 防弾少年団 おすすめ 女優 中国ドラマ 視聴率

Pick Upピックアップ