K-board

【あの人は今?】韓国ドラマ「母よ姉よ」出演キャストたちのその後を紹介

韓国ドラマ「母よ姉よ」とは?

韓国ドラマ史上歴代視聴率1位という最高視聴率65.8%を記録したドラマ「初恋」のチョ・ヘソが脚本を担当したドラマ「母よ姉よ」。二卵生双生児が辿る数奇な運命を通して代理母問題や男尊女卑などをテーマに描き、話題を集めました。

主演を務めたコ・スを始め、キム・スヨンやアン・ジェウクなど現在も主役級俳優として第一線で活躍するキャストたちの若かりし日の演技も魅力です。

韓国ドラマ「母よ姉よ」メインキャストたち

①チャン・ギョンビン役:コ・ス

チャン・ハスクの一人息子で、生母と双子の妹とは離れて暮らしていた青年ギョンビンを演じたコ・スは、1978年10月生まれの42歳(2021年9月時点)。

1999年に放送されたシットコム「ジャンプ」で俳優デビューした彼は、「母よ姉よ」で主演を務め、MBC演技大賞新人賞を受賞しました。

その後も「純粋の時代」や「クリスマスに雪は降るの?」を始め数多くの作品で主演を務め、主役級俳優として活躍してきました。

また日本でも2016年に放送されたドラマ「オクニョ 運命の女」が話題になり、注目を集めることに。

プライベートでは2012年に一般女性と結婚しており、3児の父親でもあります。

2020年には「ミッシング:彼らがいた」、「マネーゲーム」と2作品で主演を務め、現在も大活躍中のコ・ス。今後も、ますますの活躍が期待されます。

②ナ・スンリ役:キム・ソヨン

チャン・ハスクの末娘で、ギョンビンとは同じ代理母から生まれた二卵生双生児スンリを演じたキム・ソヨンは、1980年11月生まれの40歳(2021年9月時点)。

1994年にSBSのドラマ「恐竜先生」でデビューした彼女は、2009年に放送されたイ・ビョンホン主演ドラマ「アイリス」で北朝鮮工作員を演じ、KBS演技大賞人気賞を受賞しました。

またプライベートでは、2016年に放送されたドラマ「ハッピー・レストラン〜家和萬事成〜」で共演した俳優のイ・サンウと結婚。韓国芸能界を代表するオシドリ夫婦として知られています。

最近では2020年に放送され、話題を集めた韓国ドラマ「ペントハウス」での演技が評価され、百想芸術大賞TV部門の女性最優秀演技賞を受賞。現在も最前線で活躍しています。

次のページ : 次はコン・スチョル役を演じたアン・ジェウク!

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

投稿がありません。

この記事の画像  1枚

Writer info

dasstyworks

ソン・ガンホか、マ・ドンソクか。 迷うところ…… Oo (-〜-*)

more

Recommend関連記事

この記事について報告する

Peechik掲示板へのコメント

もっと見る

Comment記事へのコメント

Popular人気記事&コンテンツ

Weekly Vote今週の対決

投票する

Pollアンケート

好きな韓国芸能事務所は?

好きな韓国芸能事務所は?
JYPエンターテインメント
SMエンターテインメント
YGエンターテインメント
HYBE(旧Bighit Entertainment)
Pledisエンターテインメント
FNCエンターテインメント
CUBEエンターテインメント
KakaoM(旧LEONエンターテインメント)
Woollimエンターテインメント
Dream Tエンターテインメント
RBW
C-JeS エンタテイメント
WMエンターテインメント
Jellyfishエンターテインメント
TOP MEDIA
OUIエンターテインメント
DSPメディア
BRANDNEW MUSIC
Play Mエンターテインメント
Fantagio
STARSHIPエンターテインメント
アンケートに答える

Official SNS公式SNS

PR Storyいま読みたい記事

Popular Tags人気のタグ

韓国ドラマ 韓流 俳優 ラブロマンス おすすめ 2020 かっこいい 2021 防弾少年団 女優

Pick Upピックアップ