K-board

ジョニー・トー監督作のリメイク『毒戦 BELIEVER』が描く男同士の友情の“謎”とは?

■香港映画の友情関係

(C)2012 Beijing Hairun Pictures Co., Ltd. All Rights Reserved.

『毒戦 BELIEVER』は、どうしてもジョニー・トー監督の香港版のオリジナル『ドラッグ・ウォー 毒戦』の延長にある作品と考えなければならない。なぜなら、トー監督が得意とする男同士の熱い友情というテーマ性が香港版には一切見当たらないからだ。これは香港映画ファンからすると一大事である。天下のジョニー・トーが男同時の友情を描かないなんて、あり得ないことだ。しかし事実それは描かれていない。一方でリメイク版の『毒戦』にはちゃんと男同士の友情の印がある。しかもラストシーンなんてそのためにわざわざ用意されたような展開だ。まずはこの男同士の友情問題から考えよう。

暗黒街(ノワール)に生きる男たちはどうしてあそこまで自分を犠牲にして仲間のために命がけになれるのか。それが「絆」というものなのだろうか。彼らは「やくざ」である。それなのに「英雄」として称えられる。理由はただひとつ。英雄の「本色」、つまりその「本質」がどうしたって観客の心を動かしてしまうからだ。「香港ノワール」映画の主人公(英雄)たちは、どんな劣悪な環境下にあっても、孤独を感じたり、仲間への不信を抱くことが決してない。仮に裏切りがあり、互いを憎しみ合い、殺し合いになったとしても、そのことによってかえって仲間同士での愛を強く確かめ合うことになる宿命的関係性。暑苦しい男同士の深い絆。これがたまらなくエモーショナルなのだ。

香港ノワールの代表作であるジョン・ウー監督の『男たちの挽歌』(1986)の原題が「英雄本色」。彼らは死を恐れない。だからこそ映画は最期に臨んで、その「挽歌」とするのだし、不器用ながら潔く散って行った与太者たちを「英雄」と称して、そこに人間の本質を見て取るのだ。香港ではそうした濃厚な関係性を結ぶ男同士を「朋友」(パンヤウ)と呼んでいる。それはただの友達ではない。お前の背中は俺が守る。礼は言うな。だが、俺の背中はお前に預けた。というような相手のためには命も惜しまないという絶対的な友情の絆で結ばれた関係性を物語っている。

『梨泰院クラス』の次に観たい!“人生の格言”が胸を熱くする傑作韓国ドラマ10選
次のページ : 「朋友」を描き続けるトー監督

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

投稿がありません。

この記事の画像  6枚

Writer info

加賀谷健

プロデュース業、時々映画ライター。BANGER!!!、リアルサウンド映画部、FILMAGA、他メ...

more

Recommend関連記事

この記事について報告する

Peechik掲示板へのコメント

もっと見る

Comment記事へのコメント

Popular人気記事&コンテンツ

Weekly Vote今週の対決

韓国ドラマ男優 人気総選挙

投票する

Pollアンケート

あなたの好きな恋愛ドラマは?

あなたの好きな恋愛ドラマは?
星から来たあなた
コーヒープリンス1号店
よくおごってくれる綺麗なお姉さん
太陽の末裔
美男ですね
マイ・プリンセス
青い海の伝説
ドクターズ~恋する気持ち
麗~花萌ゆる8人の皇子たち
ヒーラー〜最高の恋人〜
私の名前はキム・サムスン
運命のように君を愛してる
宮 −クン− 〜Love in Palace〜
キルミー・ヒールミー
相続者たち
ピノキオ
彼女はキレイだった
シークレット・ガーデン
トッケビ~君がくれた愛しい日々~
アンケートに答える

Official SNS公式SNS

PR Storyいま読みたい記事

Popular Tags人気のタグ

韓国ドラマ 韓流 おすすめ 俳優 ラブロマンス 2021 女優 時代劇 Netflix かっこいい

Pick Upピックアップ