K-board

【あの人は今】韓国ドラマ『女人天下』出演キャストの“その後”は?!

https://programs.sbs.co.kr/drama/women/about/53876

カン・スヨン (チョン・ナンジョン 役)

https://img2.sbs.co.kr/img/sbs_cms/CH/2017/07/06/CH25211165_w300_h300.png

プロフィール

生年月日:1966年8月18日
出身地:韓国・ソウル
1971年に子役としてデビュー。1980年代以降も映画やドラマで活躍し、韓国国内では“ワールドスター”と称されるように。1980年代には、ヴェネツィア国際映画祭、ナント三大陸映画祭、モスクワ国際映画祭で主演女優賞を受賞。
主な出演:ドラマ『ムン・ヒ~復讐に魅せられた女~』(2007年)、映画『競馬場へ行く道』(1991年)、『ディナーの後に』(1997年)、『輪廻 リ・インカーネーション』(2003年)、『韓半島 -HANBANDO-』(2006年)、『月の光をくみ上げる』(2011年) など

『女人天下』出演後~現在の活動

『女人天下』でヒロインのチョン・ナンジョン役を務めたカン・スヨン。同作の出演時には、SBS演技大賞の大賞を受賞した他、韓国ドラマ史上初となる“ランニング・ギャランティ形式”(視聴率によって出演料が支払われるシステム)での契約を結ぶなどの話題にも注目が集まりました。その後は、数本の映画に出演している他、ドラマ『ムン・ヒ』で主演を務め、2011年の映画『月の光をくみ上げる』出演時には、4年振りのスクリーン復帰が実現。近年は表舞台から遠のいていましたが、ヨン・サンホ監督が手掛ける最新作のSF映画『ジョンイ』で10年振りの復帰を果たすことが話題に上がっています。

チョン・インファ (文定(ムンジョン)王后 ユン氏 役)

https://img2.sbs.co.kr/img/sbs_cms/CH/2017/07/06/CH69651312_w300_h300.png

プロフィール

生年月日:1965年10月27日
出身地:韓国・慶尚北道聞慶市
1984年に広告モデルデビュー。1985年のドラマ『草原に昇る星』で女優デビュー後、数多くのドラマに出演。
主な出演:ドラマ『情のために』(1997年~1998年)、『結婚7年』(1998年)、『曇った日に書いた手紙』(1998年)、『王と私』(2007年)、『憎くてももう一度』(2009年)、『製パン王キム・タック』(2010年)、『神々の晩餐』(2012年)、『百年の遺産 ~ククスがむすぶ愛~』(2013年)、『伝説の魔女~愛を届けるベーカリー』(2014年)、『いとしのクム・サウォル』(2015年)、『オー!サムグァンビラ』(2020年) など

『女人天下』出演後~現在の活動

『女人天下』の文定王后役で、カン・スヨンと共にSBS演技大賞の大賞を受賞したチョン・インファ。2002年の百想芸術大賞でも最優秀演技賞を受賞した彼女は、2000年代以降も人気ドラマを中心に女優業を続けています。『製パン王 キム・タック』ではチュウォン演じるマジュンの母親ソ・インスク役、『いとしのクム・サウォル』ではヒロインのサウォルの実母シン・ドゥゲ役、『オー!サムグァンビラ』ではヒロインのビッチェウンの母親イ・スンジョン役を熱演。

イ・ドクファ (ユン・ウォンヒョン 役)

https://img2.sbs.co.kr/img/sbs_cms/CH/2017/07/06/CH67031988_w300_h300.png

プロフィール

生年月日:1952年5月8日
出身地:韓国・ソウル
1973年、第13期TBC公募タレントとして採用され芸能界デビュー。映画出演を機にブレイク後、1980年代には本格的にテレビドラマに進出。
主な出演:ドラマ『韓明澮 ~朝鮮王朝を導いた天才策士~』(1994年)、『魔法の城』(1999年)、『オールイン 運命の愛』(2003年)、『第5共和国』(2005年)、『千秋太后』(2009年)、『野王~愛と欲望の果て~』(2013年)、『花たちの戦い~宮廷残酷史~』(2013年)『輝くか、狂うか』(2015年)、『客主~商売の神~』(2015年~2016年)、『あやしいパートナー』(2017年)、『最高の一発~時空を越えて~』(2017年)、『優しい魔女』(2018年)、映画『ムクゲの花が咲きました』(1995年)、映画『ラジオスター』(2006年) など

『女人天下』出演後~現在の活動

俳優の父親のもとに生まれ、自身の娘イ・ジヒョンも女優・タレントとして活動する芸能一家として知られるイ・ドクファ。2000年代以降も様々なドラマや映画に出演しています。近年のヒットドラマでは特に、メインキャストの父親や上司などの重要人物を演じることも多く、よく見る顔として印象付いている方も多いのでは?!

スヘ / チャン・ハンナ (少女時代のチョン・ナンジョン 役)

http://img2.sbs.co.kr/img/seditor/VD/2019/01/16/VD19858810_w640.jpg

プロフィール

生年月日:1988年8月8日
出身地:韓国・ソウル
ドラマ『マンガン』(1996年)で子役としてデビュー。
主な出演:ドラマ『情のために』(1997年~1998年)、『大王の道』(1998年)、『光宗大王-帝国の朝-』(2002年)、『告白』(2002年)、『#パンオリム 四捨五入 3』(2006年)、映画『モダンボーイ』(2008年)、『怪しい顧客たち』(2011年) など

『女人天下』出演後~現在の活動

『女人天下』出演当時はスヘ、またはチャン・ハンナという名前で子役として活動し、KBS演技大賞の子役賞、青少年賞の受賞歴もある彼女。2011年頃まで女優業やタレント業を続けた後、表舞台からは離れています。その後、中国留学や英語通訳の習得、アメリカ留学などを経て、本名のチャン・スヘという名義で図書の翻訳を担当する一方、舞台芸術のプロデューサーとしても活動。また、本を読み聞かせの活動を展開するNPO団体の代表を務めるなど、芸能界とは異なる世界で活躍を続けています。

【歴代級名作】韓国のゴールデングローブ「百想芸術大賞」で近年受賞した名作韓国ドラマ
次のページ : 王家の人々を演じたあの人の“その後”!

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

投稿がありません。

この記事の画像  16枚

Writer info

Shizuka

Webライター、翻訳家(日・韓・英)として活動しています。 観光、グルメ、K-POP、映...

more

Recommend関連記事

この記事について報告する

Peechik掲示板へのコメント

もっと見る

Comment記事へのコメント

Popular人気記事&コンテンツ

Weekly Vote今週の対決

投票する

Pollアンケート

好きな韓国芸能事務所は?

好きな韓国芸能事務所は?
JYPエンターテインメント
SMエンターテインメント
YGエンターテインメント
HYBE(旧Bighit Entertainment)
Pledisエンターテインメント
FNCエンターテインメント
CUBEエンターテインメント
KakaoM(旧LEONエンターテインメント)
Woollimエンターテインメント
Dream Tエンターテインメント
RBW
C-JeS エンタテイメント
WMエンターテインメント
Jellyfishエンターテインメント
TOP MEDIA
OUIエンターテインメント
DSPメディア
BRANDNEW MUSIC
Play Mエンターテインメント
Fantagio
STARSHIPエンターテインメント
アンケートに答える

Official SNS公式SNS

PR Storyいま読みたい記事

Popular Tags人気のタグ

韓国ドラマ 韓流 ラブロマンス おすすめ 俳優 女優 2021 視聴率 かっこいい 中国ドラマ

Pick Upピックアップ