K-board

台湾アカデミー賞5冠の不思議な時差ロマンス『1秒先の彼女』が6月25日公開!

◇ストーリー
郵便局で働くシャオチーは、仕事も恋もパッとしないアラサー女子。何をするにもワンテンポ早い彼女は、写真撮影では必ず目をつむってしまい、映画を観て笑うタイミングも人より早い。

ある日、ハンサムなダンス講師とバレンタインにデートの約束をするも、目覚めるとなぜか翌日に。バレンタインが消えてしまった...!?

消えた1日の行方を探しはじめるシャオチー。見覚えのない自分の写真、「038」と書かれた私書箱の鍵、失踪した父親の思い出…謎は一層深まるばかり。

どうやら、毎日郵便局にやってくる、人よりワンテンポ遅いバスの運転手・グアタイも手がかりを握っているらしい。そして、そんな彼にはある大きな「秘密」があったー。

失くした「1日」を探す旅でシャオチーが受け取った、思いがけない「大切なもの」とは…!?
(公式サイトより)

台湾映画といえば、エドワード・ヤン、ホウ・シャオシェンなど社会派の監督が注目されがちですが、本作を手掛けたチェン・ユーシュン監督はポップで独創的な作風が持ち味。

青春ファンタジーの『熱帯魚』(95)では誘拐された受験生と、お人好しの犯人一家の交流をユーモアたっぷりに描き、恋の予感がテーマの『ラブ ゴーゴー』(97)では超個性的なキャラたちの3つの恋模様をカラフルな色彩に溢れた映像で描き、第34回金馬奨最優秀助演女優賞、最優秀助演男優賞に輝きました。そんな快挙の後、映画制作から離れていた監督が16年ぶりに復帰したのが本作です。

◇アラサー崖っぷちヒロインがチャーミング

冒頭から、ヒロインの「私のバレンタインデーはどこにいった?」という台詞のインパクトとミステリー要素の掴みに、「???」となりながらも引き付けられます。

次のページ :

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

投稿がありません。

この記事の画像  7枚

Writer info

村上淳子 Atsuko Murakami

海外ドラマ評論家/映画ジャーナリスト  「ニュースよりドラマを観るほうがその国が...

more

Recommend関連記事

この記事について報告する

Peechik掲示板へのコメント

もっと見る

Comment記事へのコメント

Popular人気記事&コンテンツ

Weekly Vote今週の対決

投票する

Pollアンケート

好きな韓国芸能事務所は?

好きな韓国芸能事務所は?
JYPエンターテインメント
SMエンターテインメント
YGエンターテインメント
HYBE(旧Bighit Entertainment)
Pledisエンターテインメント
FNCエンターテインメント
CUBEエンターテインメント
KakaoM(旧LEONエンターテインメント)
Woollimエンターテインメント
Dream Tエンターテインメント
RBW
C-JeS エンタテイメント
WMエンターテインメント
Jellyfishエンターテインメント
TOP MEDIA
OUIエンターテインメント
DSPメディア
BRANDNEW MUSIC
Play Mエンターテインメント
Fantagio
STARSHIPエンターテインメント
アンケートに答える

Official SNS公式SNS

PR Storyいま読みたい記事

Presentプレゼント

ご応募はこちら

Popular Tags人気のタグ

韓国ドラマ 韓流 俳優 ラブロマンス おすすめ 女優 韓国映画 Netflix 視聴率 2021

Pick Upピックアップ