K-board

【ユンホ(東方神起)】ストーリーが秀逸なK-POPミュージックビデオ10選【RAIN(ピ)&JYP】

チョ・ソンモ-To Heaven

韓流ドラマファンには『応答せよ1997』で流れていたのを思い出す人もいるだろう。1998年にリリースされた「To Heaven」は“バラードの王子”と呼ばれたチョ・ソンモのデビュー曲。当時はビジュアル重視のK-POPアイドルが大流行した第一期にあたるが、チョ・ソンモは自身の顔は一切出さず、本物の俳優を使った映画のようなMVを製作。天国にいる彼女にあてたメッセージという曲の内容にあわせた切ないストーリーで、主演を務めるのは元祖韓流スターのイ・ビョンホン。さらにキム・ハヌルやホ・ジュノなど映画で活躍するスターが多数出演し、映像の完成度の高さと切ない歌声の相乗効果で大ヒットを記録。1集アルバムは150万枚という歴代最高のセールスとなった。以後、韓国の音楽業界ではドラマタイズMVが大流行。莫大な予算をかけてスターを起用し、北海道など海外でのロケも頻繁に行われたが、同時に「ラストシーンで誰かが死ぬ」というのがお約束になった。チョ・ソンモは「顔のない歌手」とも呼ばれたが、ベトナム戦争を再現した2002年の「アシナヨ」に出演。2005年の「Mr. Flower」には日本から大沢たかおが出演している。

イ・スヨン-GRACE

上のチョ・ソンモが“バラードの王子”と呼ばれたのと同じく“バラードの女王”と呼ばれたのが女性シンガーのイ・スヨン。1999年に「I Believe」でデビューし「そして、愛してる」や「ラララ」などヒット曲を連発。北海道で撮影されたMVなどもあるが、どれも涙なくしては観られない傑作ぞろい。そんな中で注目したいのが2006年リリースの7集タイトル曲「GRACE」。実は2004年に一度日本デビューしているが、男性俳優人気がメインの第一次韓流ブームの中で結果を残せずに撤退。帰国して再出発して発表された楽曲だが、『麗〈レイ〉〜花萌ゆる8人の皇子たち』など、時代劇から現代劇まで幅広く活躍する韓流イケメンスターのイ・ジュンギが出演している。道着姿が凛々しいイ・ジュンギだが、実は大学の熱気球同好会の資金集めのデモンストレーションで剣技を披露しているという設定。そんな彼を追って入部した高所恐怖症のヒロインと、ライバルとの三角関係が描かれる。失恋を匂わせるエンディングだが、実はMVには2パターンあり、さらに後続曲の「秘密」で謎が明らかになる。心情的にはハッピーエンドで終わって欲しいが、どちらも余韻を残す終わり方が韓国的。いずれにせよ、イ・スヨンのMVで「誰も死なない」というのが奇跡に近い。

次のページ : 大ヒットを記録したドラマタイズMVの傑作

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

投稿がありません。

この記事の画像  1枚

Writer info

kick

フリーライター。韓国エンタメと出会って20年。韓流雑誌の編集者を経て、現在は田舎暮...

more

Recommend関連記事

この記事について報告する

Peechik掲示板へのコメント

もっと見る

Comment記事へのコメント

Popular人気記事&コンテンツ

Weekly Vote今週の対決

投票する

Pollアンケート

好きな韓国芸能事務所は?

好きな韓国芸能事務所は?
JYPエンターテインメント
SMエンターテインメント
YGエンターテインメント
HYBE(旧Bighit Entertainment)
Pledisエンターテインメント
FNCエンターテインメント
CUBEエンターテインメント
KakaoM(旧LEONエンターテインメント)
Woollimエンターテインメント
Dream Tエンターテインメント
RBW
C-JeS エンタテイメント
WMエンターテインメント
Jellyfishエンターテインメント
TOP MEDIA
OUIエンターテインメント
DSPメディア
BRANDNEW MUSIC
Play Mエンターテインメント
Fantagio
STARSHIPエンターテインメント
アンケートに答える

Official SNS公式SNS

PR Storyいま読みたい記事

Popular Tags人気のタグ

韓国ドラマ 俳優 韓流 おすすめ ラブロマンス 中国ドラマ 女優 韓国映画 視聴率 2021

Pick Upピックアップ