K-board

BTS(防弾少年団)の大ヒット!~人気曲紹介~

世界中のアーミーを虜にしているBTS(防弾少年団)

NEW YORK, NY - MARCH 22: Jin, Suga, J-Hope, Rap Monster, Jimin, V and JungKook of the South Korean boy band 'BTS' visit Music Choice on March 22, 2017 in New York City. (Photo by Santiago Felipe/Getty Images)

2013年にデビューし、今では世界中にファンを持つ防弾少年団(BTS)。そんな大人気な防弾少年団というグループ名は、「10代・20代に向けられる社会的偏見や抑圧を防ぎ、自分たちの音楽を守り抜く」という意味がこめられており、彼らの音楽スタイルの根幹となるコンセプトともいえます。代表曲のそんな彼らの音楽スタイルや歌詞などに、人々は共感し、徐々に認知度が上がり世界中から注目を浴びるようになりました。2016年に発売されたアルバム『花様年華Young forever』と『WINGS』は、世界中に熱狂的なファンを生むきっかけにもなり、メロンミュージックアワードでは『花様年華Young forever』が「今年のアルバム大賞」、Mnet Asian Music Awards (MAMA) では「今年のアーティスト大賞」を取り、韓国内では人気度1位に急上昇!勢いは止まることなく、ここから世界的に活動するなど、海外へ向けて本格的にスタートをしました。最近では、ワールドツアー「LOVE YOURSELF: SPEAK YOURSELF」の開催を発表したばかりで、日本にも7月にライブを行います。もちろん日本にも、たくさんファンがいる防弾少年団ですが、皆さんは好きな曲やお気に入りの曲はありますか?今回は、まだまだ知らない方たちにも彼らの代表曲やおすすめの曲を詳しく紹介していきます!

10位:FIRE(ファイヤー)

FIREはノリのいい音楽とダンスがかっこよくて人気のある曲の一つです。「自分を信じて、曲げなくいい、自由に自分らしく生きろ」という内容に、とにかく世間(社会)の中で、グダグダ愚痴る前に、一生懸命自分らしくやりきったら?という意味が強く込められています。サビや後半の力強い躍動感のあるダンスがかっこよく目を離せませんね!

9位:I NEED YOU(アイニードユー)

一度聞くとラブソングに聴こえる曲ですが、MVが意味深だと話題になった「I NEED YOU」。いろいろな解説がありますが、歌詞の内容では、「君が必要だけど、もう戻れない」まるで彼女との思い出を連想させるような歌詞に、まだ未練があるような思い、だけどもう元には戻れない、悲しい曲になっています。

8位:RUN(ラン)

サビの部分の走ってジャケットを脱ぐシーンが話題になったMV。どこか、力強いダンスと視線に大人らしさを感じさせる防弾少年団です。思い通りに恋愛が行かない、男性の気持ちを表現した曲です。「君のもとへ走りだすのは、君しか愛せないから」というストレートな内容の恋愛ソングです。

7位:Spring Day(ポンナル)

「Spring Day」は、好きな人に対する歌詞と思いがちですが、実は友人(親友)に対して歌詞を綴った曲です。どんな人にでも別れの日を体験したことはあるのではないでしょうか。「また会えるのかな」、「次いつ再会できるのだろうか」と不安の思いを歌に表した曲になっています。

6位:DOPE(チョロ) 

RMの「早く来いよ、防弾は初めてだろ?」という言葉から始まる印象的なMV。メンバーそれぞれの衣装が違い、役にはまっているシーンがかっこいいともいえます。「DOPE」は、英語なのですが、スラング英語でかっこいい意味での「ヤバイ」、「イケてる」といった訳になります。防弾少年団の世界観の一つを表現した曲でもあり、「俺ら(同世代含めお前たち)ってヤバイんだよ(かっこいい)」と防弾少年団らしさのあるMVです。

5位:FAKE LOVE(フェイクラブ)

日本語訳にすると「偽りの愛」という題名の曲。2018年5月に韓国で発売されたアルバム『LOVE YOURSELF 轉 'Tear’』に収録されてる曲でもあり、韓国アーティストで初のビルボード200において1位を獲得した「FAKE LOVE」。「彼女(好きな人)のために、自分を殺して何でもやった」、「君のためなら痛みがあっても、何でもできた」彼女のために「自分の弱い部分を隠して、完璧な男」でありたかったけど、すれ違いばかりで、自分を失う気持ちから「彼女の笑顔は本当に自分に向けられているものなのか」と疑心暗鬼になる。つまりすべてが「偽りの愛」のなかにある「愛」だったとい悲しい内容になっています。

4位:血・汗・涙(ピ・タム・ヌンムル)

着々と人気をあげていった防弾少年団ですが、「血・汗・涙」で爆発的に韓国内で人気を得ました。2016年には、「Mnet Asian Music Awards(MAMA)」で、大賞を受賞した曲でもあります。この曲のコンセプトは少年達、誘惑に会うという内容になっており、初めて直面する誘惑に葛藤し、悩む、苦しむ部分が描かれています。MVは、美しい衣装に包まれた防弾少年団、美術館の中など、中世的な表現の世界観です。美しさ(恋)誘惑の中で、苦しむ歌詞の内容ですが、ダンスなどライブのシーンはメンバーの個性が際立っている曲ともいえます。

3位:MIC Drop(マイクドロップ)

重低音で始まるこの曲は、防弾少年団を批判する者たちに向けて綴った曲でもあり、彼らの今までの道のりを表している曲でもあります。「防弾少年団なんてダサい」、「どうせ売れない」と批判したHater達に「成功者」として、言い返す内容であり、かっこいいMVになっています。

2位:DNA(ディーエヌエー) サビのDNAダンスが話題に!

サビの部分では、メンバー全員が手を繋ぐシーンが印象的なMV。盛り上がる、明るい曲調で、運命の愛を表現した内容です。「運命」という意味を「DNA」と掛け合わせて「必然の愛」と表しています。宇宙観のMVにPOPな雰囲気が出て、カラフルな色合いが特徴的です。

1位:IDOL(アイドル)アーミーが選ぶ1番好きな曲!

「IDOL」は、伝統的な韓国を表す衣装や、どこか民族の祭りのような盛大に盛り上がる曲調、世界中のいろんな世界観が詰まったMVになっています。「指を差されても、僕は気にしない、君がどんな理由で僕を罵っても、自分が何者か知ってる、自分が何をしたいか知ってる、決して変わらない」という歌詞から、「自分は自分」という意思の強さが見えます。また、中毒性のある音楽なので、ずっと聴いていても飽きない曲です。

いかがでしたか?

まだまだ勢いは止まらない防弾少年団。これから、日本のツアーもありますし、活躍が楽しみでもありますね!韓国には留まらず、世界で活躍している防弾少年団は、次にどんな展開を見せてくれるのか期待が高まります。まだまだ、防弾少年団を知らない方は是非曲を聴いてみて下さいね!きっとハマること間違いなしです。

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

投稿がありません。

この記事の画像  2枚

Writer info

R

韓国美容やK-POPが大好きです♡ 韓国で今流行っているコスメを中心に最新情報をお届け...

more

Recommend関連記事

この記事について報告する

Comment記事へのコメント

Popular人気記事&コンテンツ

Weekly Vote今週の対決

投票する

Pollアンケート

あなたの好きな恋愛ドラマは?

あなたの好きな恋愛ドラマは?
星から来たあなた
コーヒープリンス1号店
よくおごってくれる綺麗なお姉さん
太陽の末裔
美男ですね
マイ・プリンセス
青い海の伝説
ドクターズ~恋する気持ち
麗~花萌ゆる8人の皇子たち
ヒーラー〜最高の恋人〜
私の名前はキム・サムスン
運命のように君を愛してる
宮 −クン− 〜Love in Palace〜
キルミー・ヒールミー
相続者たち
ピノキオ
彼女はキレイだった
シークレット・ガーデン
トッケビ~君がくれた愛しい日々~
アンケートに答える

Official SNS公式SNS

Presentプレゼント

ご応募はこちら

Popular Tags人気のタグ

韓国ドラマ MAMA(Mnet Asian Music Awards) 韓流 K-POP gugudan LOVELYZ おすすめ グルメ トレンド 冬休み

Pick Upピックアップ