K-board

いま、韓流ブームは【本】もアツい!まず手に取りたい、韓国芸能人も魅了したオススメ4作品

3. 「すべての瞬間が君だった きらきら輝いていた僕たちの時間」

『キム秘書はいったい、なぜ?』に登場。

https://www.amazon.co.jp/%E3%81%99%E3%81%B9%E3%81%A6%E3%81%AE%E7%9E%AC%E9%96%93%E3%81%8C%E5%90%9B%E3%81%A0%E3%81%A3%E3%81%9F-%E3%81%8D%E3%82%89%E3%81%8D%E3%82%89%E8%BC%9D%E3%81%84%E3%81%A6%E3%81%84%E3%81%9F%E5%83%95%E3%81%9F%E3%81%A1%E3%81%AE%E6%99%82%E9%96%93-%E3%83%8F%E3%83%BB%E3%83%86%E3%83%AF%E3%83%B3/dp/4838730993/ref=pd_sbs_14_3/358-7287801-1604613?_encoding=UTF8&pd_rd_i=4838730993&pd_rd_r=7de699d6-41bf-4085-bd08-4b96e94eaa16&pd_rd_w=iPOxZ&pd_rd_wg=Tq8TL&pf_rd_p=7642417c-6494-4d06-a2b0-fcb0e0b3c563&pf_rd_r=VFKARHFQYZC75VC4CBSN&psc=1&refRID=VFKARHFQYZC75VC4CBSN

『すべての瞬間が君だった きらきら輝いていた僕たちの時間』はこんな本

著者である「僕」目線で描かれた、「君」に贈る愛のメッセージがぎゅっと詰まったロマンチック・エッセイ。
どのページを開いても、心にしみる温かいメッセージがあふれていて、大切な人に贈りたい言葉が溢れています。
著者はハ・テワンさん。

https://m.media-amazon.com/images/S/aplus-media/vc/aa98f03a-34f7-453c-9240-5766f87d9637.__CR0,0,970,600_PT0_SX970_V1___.png

https://m.media-amazon.com/images/S/aplus-media/vc/aa98f03a-34f7-453c-9240-5766f87d9637.__CR0,0,970,600_PT0_SX970_V1___.png

https://m.media-amazon.com/images/S/aplus-media/vc/a84b1d3a-2d7c-4043-a081-8d5dbba3a889.__CR0,0,970,600_PT0_SX970_V1___.png

SHINee オンユ愛読と言われている作品

韓国ではミュージカル化もされたベストセラーエッセイ集で、パク・ソジュンとパク・ミニョンが出演した『キム秘書はいったい、なぜ?』の中にも登場しています。

SHINeeのメンバー、オンユの愛読書ともいわれています。

2020年 土曜朝&日曜朝の キッズ向けテレビ番組 まとめ
次のページ : なんとなく気持ちが沈み、自己嫌悪に陥ってしまう人に読んでほしい

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

投稿がありません。

この記事の画像  10枚

Writer info

いいちこ

冬ソナから始まり、韓国ドラマの面白さ、韓国俳優のかっこよさにいまだ夢中の30代です...

more

Recommend関連記事

この記事について報告する

Peechik掲示板へのコメント

もっと見る

Comment記事へのコメント

Popular人気記事&コンテンツ

Weekly Vote今週の対決

投票する

Pollアンケート

あなたの好きな恋愛ドラマは?

あなたの好きな恋愛ドラマは?
星から来たあなた
コーヒープリンス1号店
よくおごってくれる綺麗なお姉さん
太陽の末裔
美男ですね
マイ・プリンセス
青い海の伝説
ドクターズ~恋する気持ち
麗~花萌ゆる8人の皇子たち
ヒーラー〜最高の恋人〜
私の名前はキム・サムスン
運命のように君を愛してる
宮 −クン− 〜Love in Palace〜
キルミー・ヒールミー
相続者たち
ピノキオ
彼女はキレイだった
シークレット・ガーデン
トッケビ~君がくれた愛しい日々~
アンケートに答える

Official SNS公式SNS

PR Storyいま読みたい記事

Presentプレゼント

ご応募はこちら

Popular Tags人気のタグ

韓国ドラマ 俳優 時代劇 かっこいい 韓流 おすすめ ラブロマンス 韓国映画 視聴率 ランキング

Pick Upピックアップ