K-board

2020年も大注目の“fromis_9”♡Mnet番組出身メンバーのプロフィール&日本での話題も!

豪華スターの出演も話題に!『アイドル学校』ってどんな番組?

“PRODUCE”シリーズとの違いは?

2017年7月~9月の間、全11回にわたってMnetで放送された『アイドル学校』。日本でも同時配信された他、2017年8月からは日本語字幕版も放送されました。『PRODUCE48』の前身番組である『PRODUCE101』に続くプロジェクトと位置付けられていますが、PRODUCEシリーズでは期間限定グループが結成されたのに対し、アイドル学校では活動期間を設けず、本格的な活動が継続されることが前提となっています。さらに、アイドル学校では、豪華な出演者に加え、番組収録のセット、参加者たちが暮らす宿舎などにも、インパクト大!企画と共に費用面でも、規模の大きさが特徴的でした。

参加者は総勢41名!

アイドル学校では、41名もの参加者から、9人の合格者が選出。参加メンバーには、大手芸能事務所の元練習生をはじめ、実際に活動していたアイドルグループの元メンバーや子役出身者などが勢ぞろいしました。参加条件として“どこの事務所にも所属していないこと”が挙げられたため、多くの参加希望者が所属先から離れて応募したのだとか。“学校”というタイトル通り、アイドルに必要な教育を受け、ダンスや歌の実力によってチーム分けされたり、課題曲のパフォーマンス評価のために考査が行われたりしながら、卒業=デビューを目指す闘いが繰り広げられました。

先生はアノK-POPスター!

ガールズグループとしてデビューするためのオーディションプロジェクトでありながら、“学校教育”の要素が詰まったアイドル学校では、大先輩となるK-POPスターや大御所の関係者が先生としてキャスティング。担任の先生は『SUPER JUNIOR』のメンバーであるキム・ヒチョル、音楽の先生は、1997年にデビューした韓国アイドル第1世代『S.E.S.』出身のパダと、SMエンターテインメント専属ボーカルトレーナーのチャン・ジニョン、ダンスの先生には、2005年にデビューした『天上智喜The Grace』出身のステファニーと、『SHINHWA(神話)』や『GFRIEND』などの振付を手掛けるパク・ジュニ、体育の先生は、事務トレーナーとして韓国で活躍するユン・テシク、校長先生は、数多くのヒットドラマに出演してきたベテラン俳優イ・スンジェが務めました。

TWICEやKARAとも関連?!

アイドル学校に関連するK-POPスターの存在は他にも!総括プロデューサーには、『TWICE』の音楽プロデューサーを手掛けるブラック・アイド・ピルスンが抜擢され、番組で“校歌”とも呼ばれるテーマ曲『예쁘니까 (キレイだから) 』を制作。また番組内で登場した宿舎は、日韓で大活躍したガールズグループ『KARA』の元メンバーであるハン・スンヨンがオーナーとされています。

【恋愛細胞を刺激!】キスシーンが最高にキュンとする!おすすめの最旬韓国ドラマ10選
次のページ : 『fromis_9』メンバーのプロフィール!

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

投稿がありません。

この記事の画像  1枚

Writer info

Shizuka

Webライター、翻訳家(日・韓・英)として活動しています。 観光、グルメ、K-POP、映...

more

Recommend関連記事

この記事について報告する

Peechik掲示板へのコメント

もっと見る

Comment記事へのコメント

Popular人気記事&コンテンツ

Weekly Vote今週の対決

投票する

Pollアンケート

好きな韓国芸能事務所は?

好きな韓国芸能事務所は?
JYPエンターテインメント
SMエンターテインメント
YGエンターテインメント
HYBE(旧Bighit Entertainment)
Pledisエンターテインメント
FNCエンターテインメント
CUBEエンターテインメント
KakaoM(旧LEONエンターテインメント)
Woollimエンターテインメント
Dream Tエンターテインメント
RBW
C-JeS エンタテイメント
WMエンターテインメント
Jellyfishエンターテインメント
TOP MEDIA
OUIエンターテインメント
DSPメディア
BRANDNEW MUSIC
Play Mエンターテインメント
Fantagio
STARSHIPエンターテインメント
アンケートに答える

Official SNS公式SNS

PR Storyいま読みたい記事

Popular Tags人気のタグ

韓国ドラマ 韓流 ラブロマンス おすすめ 俳優 女優 かっこいい 2021 視聴率 時代劇

Pick Upピックアップ